Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Milkey Milton

2018年07月号掲載

Milkey Milton

メンバー:mana(Vo) ume(Gt) chika.(Key)

インタビュアー:秦 理絵

2013年に専門学校で出会ったメンバーによって結成した3人組ガールズ・バンド、Milkey Miltonが初の全国流通盤『STARLIGHT』をリリースする。結成当初は、"女子会系ガールズバンド"をキャッチコピーにしていた時期もあった彼女たちだが、今作では明確な意志をもって"ピアノ・ロック"へと舵を切った。より自分たちの感性にフィットする音楽を求めて、変化を恐れずに作り上げた全5曲。力強いロック・サウンドと繊細なピアノに乗せた、切ない歌がとても印象的だ。メンバーの脱退を経て、それでも諦めずに漲るガールズ・パワーで自分たちらしさを探り当てた3人に、バンドの現在地について訊いた。

-"女子会系ガールズバンド"っていうキャッチコピーでやってるんですか?

chika.:一応、そうだったんですけど......最近ちょっと変えていこうとしてるんです。"ピアノ・ロック"っていうものを打ち出していこうと思って。

mana:今回のアルバムからガラッと曲の雰囲気を変えたんですよ。

chika.:その前に出したミニ・アルバム(2016年会場限定リリースの『RAINBOW』)は、女子会っぽいというか。ポップで軽めな女の子っていう感じだったんですけど。

-どうして"ピアノ・ロック"に変えていきたいと思うようになったんですか?

mana:自然と作りたいと思う曲がそっちに移行してきたんですよね。メンバーそれぞれが曲を作るんですけど、わりとみんなが出してくる曲の色が変わってきて。正直、無理矢理ポップでかわいらしい曲を作るのがしんどくなってきたんです。

ume:メンバーとも"ポップよりロックが好きだよね"っていう話をして、ちゃんと自分たちが好きなものを強く打ち出さないと、伝わらないよねってなりました。

-今回のミニ・アルバムには入ってないけど、昨年末にシングルでリリースした「しろとくろ」(2017年会場限定リリースのシングル表題曲)もかなりロックな曲ではありましたよね。

chika.:そうなんです。「しろとくろ」がポイントで変わってきたんですよ。

mana:あの曲は、私が作ったんですけど、自分たちとしては挑戦だったんです。ああいう曲をシングルのA面に入れるのが初めてだったけど、自分たちでもしっくりきたし、お客さんからもマイナスな反応はなくて。むしろ"いいじゃん"っていう。

-なるほど。少し話が遡って、バンドの結成についてうかがいたいんですけど。3人とも音楽の専門学校に通っていたんですよね。

chika.:そうです。私はガールズ・バンドを組みたくて、専門に入ったんです。で、男の子がいるバンドでも活動してたんですけど、やっぱりガールズ・バンドがいいなと思ってたときに、umeとセッションで一緒になることがあったんですよ。私がキーボード・コースで、umeはギター・コースと分かれてたんですけど。話してみたら、好きなバンドが一緒で、"バンドを組まない?"って私から誘ったんです。ベースとドラムにも声を掛けたら受けてくれて。でも、ヴォーカルだけ決まらなくて悩んでたんですよね。そしたら、学校内でソロの小っちゃいライヴがあったんですよ。見せ場というか。そのときにmanaが歌ってるのを観て"ヴォーカルはこの子に頼もう"と思って連絡をしました。そしたら、すぐに"やりたい"って言ってくれて。

mana:(chika.との)最初の出会いがヤバかったんです(笑)。

-というのは?

mana:ふたりとも同じ栃木出身なんですけど、最初、ふたりとも栃木から学校に通ってたんですよ。まぁ、田舎者なので......私、電車の中でおにぎりを食べてたんです。

chika.:湘南新宿ラインで渋谷方面の線だから、"この子すごいな"と思ってて。

mana:私が電車に乗るときには、あんまり人も乗ってないから、いつも人が乗ってくる前に電車で朝ごはんを食べてたんですよ(笑)。

chika.:そういう出会いだったたから......。

mana:バンドに誘われたときに、気まずいなと思いましたね(笑)。

-(笑)chika.さんと、umeさんが共通で好きだったバンドは誰だったんですか?

chika.:いきものがかりですね。"キャッチーで泣けるよね。ああいうバンドを組みたいよね"みたいな話をしてたんです。