Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Payrin's

2018年07月号掲載

Payrin's

メンバー:桜木 もち子 佐藤 瑠佳 遠坂 まどか プロデューサー:脇元 敬等

インタビュアー:宮﨑 大樹

東京を中心に活動する3人組アイドル・グループ、Payrin's。彼女たちが待望の1stアルバム『それでも僕らの呼吸は止まない』をリリースする。傷つきながらも逆境に立ち向かい、希望を見いだすための武器として手に入れた本作には、人気ボカロPを起用して制作された"神曲"が揃った。Payrin'sの代名詞とも言える四つ打ちギター・ロックや、桜木もち子が作詞を手掛けた楽曲、オルタナティヴ・ロック色の強い新機軸のナンバーなどが収録された本作について、前作同様メンバー全員とプロデューサーの脇元敬等も交えて話を訊いた。

-まずは1stアルバムのリリース、おめでとうございます。ロック・アイドルの中でも一線を画す楽曲が揃ったいいアルバムですね。

もち子:このアルバムでは「さよなら、夢と虚構の狭間にて」という曲で作詞をさせていただきました。いきなりですけど、このタイトルってヤバくないですか(笑)?

-内面的にダークな部分を感じますよね。

もち子:中二病って言っていいですよ(笑)。私、みんなから中二病だと思われているんですけど、それに拍車がかかるようなタイトルになっちゃって。でも実は、このタイトルを考えたのは私じゃないんですよ。そこは言っておきたいです(笑)。

瑠佳:3人体制のお披露目イベント(2017年4月3日に開催した"COSMICBOX vol.44")と同じ渋谷eggmanさんでやらせていただいたんですけど、お披露目のときは正直全然だめだったよね。ふたり(もち子、まどか)ともミスしまくってて。でも、3人体制の1周年のときは個人的にいいライヴができました。お客さんもたくさん観に来てくれて、お祝いもしてくれて、続けてきて良かったってみんな思いましたね。

まどか:良かったよね。

-前作『dim』(2017年リリースの1stシングル)から約半年ぶりのリリースとなりますが、本作の制作までの活動を振り返ってみて、まどかさんはいかがですか。

まどか:バンド・セットでのライヴがありましたね。これからのツアーでもありますけど、どうしていきたいかな......。

もち子:今は振り返って(笑)。

まどか:あ、振り返るのか(笑)。私たちの曲は全部生音で録っている楽曲もあったりして、だからライヴも生でやることに利点があるなと思いました。

-バンド・セットと相性のいい曲が多いですよね。それぞれの曲でボカロPを起用されていますけど、どういったコンセプトで制作されたのでしょうか?

脇元:1年半くらい制作活動をしていくうちに"楽曲がボカロっぽいよね"と何人かに言われていて、さらに今年に入ってボカロPの方々との出会いも多くて、起用していったらハマっていった感じです。その中で表題曲を手掛けたキタニタツヤとの出会いがあって、書き下ろしてもらったという感じですね。今やメインのコンポーザーになってもらってます(笑)。僕自身、作品全体としてコンセプトを持つというよりは"1曲1曲がかっこ良ければいい"というスタンスで制作していて、1曲1曲にコンセプトがあるうえで、6曲を通して聴いたときに意味があればいいかなって思ってます。

-レコーディングは順調に進みましたか?

もち子:結構短かったよね。

瑠佳:1~2週間くらいで全部録り終えました。

-レコーディングでの印象的なエピソードなどありますか。

もち子:私、直前で喉を壊したんですよね。特典会を筆談でやるくらい声が全然出なくて。でもアドレナリンみたいなのが出て、レコーディングはできたんですよ。突如治って歌えるようになって、"すごい"ってなりました。私の歌うところ、キーが高いところが多かったんですけど、なんか歌えて嬉しかったですね。

瑠佳:なんか歌えた(笑)。

もち子:だけどレコーディングが終わったらホッとしたのかまた喉を壊しましたね。気持ちで声が出ていたんだなーと。

瑠佳:私はキタニタツヤさんの作る楽曲がアイドルになる前からずっと好きだったんですけど、ボカロPとして活動しているのを知らなくて。その人がレコーディングにいるんですよね(笑)。キタニタツヤさんとプロデューサーが怖い顔して真剣にずっと聴いているのが本当に苦痛だったんですよ。

もち子:つらいよね(笑)。

瑠佳:すごくつらい(笑)。レコーディングの1週間がずっとつらかったから、ちゃんと録り終えたときの幸せがすごかったです。

まどか:私は"早くCDになってほしいな"という気持ちでレコーディングをしていましたね。特に喉を壊すこともなく。

瑠佳:健康体ね(笑)。

まどか:健康でした(笑)。