Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ONIGAWARA

2018年07月号掲載

ONIGAWARA

メンバー:斉藤 伸也(Vo/GAYA/Prog) 竹内 サティフォ(Vo/Gt/Prog)

インタビュアー:沖 さやこ

-なぜその結果が"抱きしめたい"という言葉だったのでしょう?

斉藤:サビのリズムが"伯方の塩"のCMソングに似てると思ったんですよ。でも"伯方の塩"を繰り返して歌うわけにもいかないから、日本語6文字でこのリズムに合う言葉の大喜利みたいなものを考えて。その結果"抱きしめたい"が一番無難でいいかなと。この言葉が入ることでポップ・ソングになるなと思ったし。

竹内:そうだよね。"抱きしめたい"はJ-POPの王道。

斉藤:やっぱり代表的な「抱きしめたい」はMr.Childrenだと思うんですよ。これだけBPMが高くてギンギンしてる「抱きしめたい」はあんまりないから......。2018年、ここで俺たちが「抱きしめたい」史を塗り替える(笑)!

-(笑)そんな背景を持つ「抱きしめたい」を歌うときの心情とは?

竹内:いやー、もう勢いですよ(笑)。元気でアッパーでポップな曲だし、言葉のインパクトだけはなんとか出したいなと思いました。力強く、元気良く!

斉藤:俺も"とにかくかっこつけて歌ってくれ。とにかくかっこ良く!"と言いました。

竹内:曲の世界観に合うようなかっこいい感じにね(笑)。

斉藤:この曲に世界観とかあるかなぁ(笑)!?

-「抱きしめたい」のMVが爆破の理由がなんとなくわかってきました(笑)。

斉藤:勢いでやりたいことをやる、って感じですね(笑)。リスナーさんからは"(映像のインパクトがありすぎて)曲が入ってこない"や"意味がわからない"という意見があって。

竹内:意味がわからないっていうか、意味はないからね(笑)。爆破は斉藤の兼ねてからの願いでしたし、リスナーさんにもたくさん笑っていただけて良かったです。でも監督から"メッセージ性のない曲のMVを撮る身にもなってくれ"と言われて、"ごめん!"って(笑)。

-(笑)楽曲にメッセージ性はないけれど、言いたいことはたくさんあるグループですよね。

斉藤:メッセージ性はないけれど主張だけはある......それって結構ウザいですよね(笑)。とにかく俺たちを見てくれ! 俺たちの思うかっこいい音楽を聴いてくれ! って。

竹内:言いたいことはたくさんありますね。「抱きしめたい」からの「MEGA☆DEATH」という並びは......本当にどうしようもねぇふたり組だな! って感じがしますけど(笑)。

斉藤:すごいカタルシスだけどね(笑)。結構行き当たりばったりで曲作りをしたりアルバム・タイトルを決めたりしたので、俺たちの素が出た曲が多いです。自分たちのやりたいことが雑味なく出てくる。だからこそ俺たちのやり方で、いい音楽、かっこいい音楽を作りたい! という、本質的な作品だと思います。

竹内:......僕らは自分たちがかっこいいと思う音楽を作っているけれど、若い子にはどんなふうに映ってるのかな? と思うことはあるんですよ。メロディに関しても、僕らに根づいてるのは90年代のJ-POPだから。

斉藤:90年代の、メロディの構成や流れに物語を持たせている感じね。我々はそこの人(笑)。

竹内:『GAWARA!』で言うと「僕、君、彼女」みたいな、ひと回し目で盛り上がりは作らず、ふた回し目で盛り上がる......いいメロを最初で見せない感じね(笑)。こういう「GATTEN承知之助~We can do it!!~」や「ダバダバ」(ともに『ヒットチャートをねらえ!』収録曲)で見せた方向性も、ONIGAWARAのひとつの武器だなと思うんです。そういう意味では「抱きしめたい」と「MEGA☆DEATH」は僕らの中でも今っぽいのかも。