Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ニガミ17才

2018年06月号掲載

ニガミ17才

ニガミ17才

Official Site

メンバー:岩下 優介(Vo) 平沢 あくび(Syn)

インタビュアー:TAISHI IWAMI

-岩下さんの中で、嘘つきバービー時代と比べて、表現における変化はありますか?

岩下:嘘つき(バービー)のころと比べて、いろんな音楽をたくさん聴くようになりました。今は音楽が好きで仕方がない。

-嘘つきバービーのころは、音楽が好きじゃなかったんですか?

岩下:当時と比べたら、今の方が8倍は好きです。

-8倍(笑)。

岩下:あくびやさっき話した毎週のように家に来てくれた友達がいろんな音楽を聴かせてくれて、観るとか聴くということが、人生で初めてくらいのレベルでどんどん楽しくなっいったんです。

-嘘つきバービーは、リファレンスに何かしらの音楽はなかったんですか?

岩下:ほとんどなかったです。衝動の表現というか。それが、今はたくさんあります。流行りの日本の音楽とかチェックしますし。家に帰ってスペシャ(スペースシャワーTV)を観るとか。

-その中でも、いろいろあるじゃないですか。ロック、ヒップホップ、R&B、エレクトロニック、J-POP、アイドル......。

岩下:何もかもカッコ良く映るんです。ゲスの極み乙女。とか、"カッコいい"って素直に思いますし。

平沢:サカナクションも知らなかったよね。で、聴かせてみると"いい!"って。ほんと、いろんな音楽を受け入れて喜んでたもんね。

岩下:前のバンドの反省もあって、いろんなものを受け入れたいなっていう気持ちもありつつ、大人になって手に入れたキッズ感覚ですよ。ここにきて開けた気分。

平沢:でも、結局岩さんから出てきた音楽はそれらのどれとも全然違うんですけど。

-そうして固まってきた音楽性を言葉にすると、どうなりますか?

岩下:"お洒落且つ変態"ですね。

-わかるようなわからないような......。

岩下:スタジオで曲を作るときに、"これお洒落か? でもちゃんと変態か?"みたいによく言ってます。

平沢:偏るとダメなんで、ちょうどいいところでキメたいんです。タツルボーイがお洒落で、岩さんが変態ってとこでもバランスは取れてるのかなって思います。

岩下:そうか? お洒落も持ってくるよ(笑)。

-お洒落に首突っ込みたいんですね(笑)。

岩下:お洒落って難しいですよね。そこが音を出し合って感覚的に共有できるようになってきました。まぁ、これからまたどんどん変わっていくんでしょうけど。

-7thコードの効いたファンキーでスムースな音楽に身体を揺らす感じがお洒落とか、好きなバンドのTシャツを着て首にタオル撒いて、みたいなスタイルもひとつのポリシーだから、そのままファッション雑誌の真似をしている人よりはよっぽどお洒落とか、いろいろあるじゃないですか。そういうことで言うと、価値観はどこにありますか?

岩下:あくまで、自分たちが向く方向のひとつとして"おしゃれ"か"おしゃれじゃない"を考えるというのが重要。"おしゃれをやりますよー"っていう"富士山モチーフで絵を描きますー"とかそういった感じ。

-では、"変態"とはどういうことですか?

岩下:これもキャッチコピーみたいな、わかりやすくしてる感じです。僕が根底に持ってる変態性というか、自分では普通なんですけど、変態に見られがちじゃないですか。

-はい(笑)。

平沢:"変態って思われるんだろうな"っていう意味での変態ですね。私は変というよりは、面白いと思ってるんです。でも、私がそんな岩さんとみなさんを繋げる役目だとするなら、外からの目線も必要だと思っていて。だから言葉にすると変態になるし、そこがより伝わるように意見も言います。

岩下:わかりやすくしようとはしてますね。だからあくびに相談することもありますし、いろいろ言われることもあります。"岩さん、その曲はちょっとやりすぎやわ"とか。彼女は素人から始めたんですけど、だからこそ参考になるんですよ。

平沢:"Aメロが長い"と"Cメロが欲しい"みたいな構成的なことも、"もっと聴きやすく"とか"踊れるような"とかっていう感覚的なことも言うようにしてます。みなさんは年上ですし、すぐに"そういうのは飽きた"とか"ベタすぎる"とか、言われるのはわかりつつも、言ってみて否定された方がいいし(笑)。

岩下:大事なんですよ。このバンドにとってベタなことを提示する人がいるというのは。