Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LAID BACK OCEAN

2018年06月号掲載

LAID BACK OCEAN

LAID BACK OCEAN

Official Site

メンバー:YAFUMI(Vo) KAZUKI(Gt) KYOHEI(Ba) SEIJI(Dr) SYUTO(Pf)

インタビュアー:杉江 由紀

-歌詞を伝えていくことを何よりも大事にしている、という旨の発言は先ほどKYOHEIさんからも出ておりました。そのようなメンバーに囲まれていることは、詞を書きそれを歌っているYAFUMIさんからすると、とてもやりやすい環境にあるのでしょうね。

YAFUMI:幸せなことですよ。そして、このインタビューの中でも再三キーワードとして出てきている"RE:SOUZOU PROJECT"を、このアルバムを制作する前にやれたことも、すごく良かったなと思います。状況的には、あのころはメジャー・デビューの話がいったんは決定してその発表もライヴでしたものの、いろんな事情からその件が立ち消えになってしまって。"こうなった今、自分たちに何ができるだろう?"となったときに始めたのが、あの"RE:SOUZOU PROJECT"でしたからね。

-たくさんの実験的な制作やライヴを経て、あの時期にLAID BACK OCEANはより逞しいバンドへと成長していったのではないでしょうか。

YAFUMI:あの時期にいろんなことを試してみて得たものや、感じたこと。そのすべてを今回の『NEW MOON』には注ぎ込みました。

-なお、この"NEW MOON"というアルバム・タイトルについても解説をいただけると嬉しいです。

 

YAFUMI:このアルバム・タイトルについて考えるうえでは、ある意味で1曲目の「TOILET REVOLUTION」が少しヒントになると思いますよ。

-「TOILET REVOLUTION」といえば、こちらは曲としては紛れもなくカッコいいと感じるのですけれど......なぜこのタイトルになったのかも実に不思議です。8年越しの1stフル・アルバムの冒頭で、いきなりトイレについて歌い出すのは反則ですよ(笑)。

YAFUMI:いや、むしろそこが大事なんですよ。当初は5種類くらいタイトルは用意していたんですけど、メンバーにも意見を募ったら"これがいい!"ってみんなも言うんです。"こいつらも大概だな"と思いながら、僕は自信を持ってこのタイトルを付けました。それと同時に、この歌い出しの"革命の日にトイレは汚れる"という1行目も、まさに8年越しの1stフル・アルバムに最も相応しい言葉を選んだ結果ですね。

SEIJI:これって、THE BLUE HEARTSの"ドブネズミみたいに美しくなりたい"(「リンダ リンダ」)に近い方向性の歌詞なのかな? 違う?

YAFUMI:んーと......近くはないけど、遠くもないかな。そこを"NEW MOON"というアルバム・タイトルと併せて考えると、きっと答えは出てきますよ。

SEIJI:なかなか捻れてるなぁ(笑)。

YAFUMI:要はね、目の前のそこにあるものだけが決してすべてではないっていうことなんだよね。

-なるほど。NEW MOON=新月はたしかに真っ黒で目には見えません。

YAFUMI:新月の夜には何もないように見えるんですよ。何もないのに、新しい。そんな感じ。そして、"革命の日にトイレは汚れる"んですよ。

-その先の解釈は、今作を聴いてくださる方々の持つそれぞれの感覚に委ねた方がどうやら良さそうですね。いずれにしても、このアルバムが音的にも歌詞の面でも、LAID BACK OCEANからのメッセージと意志が詰まりに詰まったものになっているのは、歴然とした事実ですし。

YAFUMI:あー、詰まりに詰まったか。トイレだけにね(笑)。いや、違うな。歌詞の中では、後半のところで俺は"トイレの水は流れ 何でもかんでも流れ"って書いたし。ちゃんと流れとるっちゅーねん!

-失礼いたしました(笑)。ともあれ、受け手側の我々としては、この1stフル・アルバム『NEW MOON』を経てここからのLAID BACK OCEANが、そのうち三日月となりやがては満月となっていくことを願っております。

YAFUMI:そうだね、そうなっていくのかもしれない。まずは、このアルバムを出したあとにはツアー(7月にかけて開催する"LAID BACK OCEAN NEW MOON Tour 2018 Act.1")もあるし、そこでどんなライヴを展開していけるかも楽しみだな。7月16日には、またLAID BACK OCEAN恒例の海の日限定ライヴ"海のヒィィィィィィィ2018"もあるしね。そうそう。僕の中では、いつも熱量モードとエキセントリック・モードが時期によって切り替わっているんですけど、今度のツアーでそのどっちに転がっていくのかは自分でもまだわからないんですよ。みんなも、どっちで攻めてくるのか期待していてください(笑)。