Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SPARK!!SOUND!!SHOW!!×My Hair is Bad

2018年06月号掲載

SPARK!!SOUND!!SHOW!!×My Hair is Bad

My Hair is Bad

Official Site

SPARK!!SOUND!!SHOW!!:タナカユーキ(Vo/Gt) チヨ(Ba/Cho)
My Hair is Bad:椎木 知仁(Gt/Vo)
インタビュアー:秦 理絵 Photo by fukumaru

-今まで、どうして自分の中で思ってることを歌詞にできなかったんですか?

タナカ:恥ずかしかったんです。"そんなん思ってるんや"って、心の中を見られる感じが。でも、年々、露出魔化してきたんですよ。(椎木に)そういうところ、あるんちゃう?

椎木:あぁ、ありますね(笑)。

タナカ:俺、どれだけ椎木はドMなんだろうと思ってて。人に言ったらあかんことを言って、"うわ、何それ、キモ~"って引かれるのが快感じゃない?

椎木:そうなんですよ。みんなに観てもらって気持ちいい感覚は間違いなくありますよね。特に昔は、どれだけ脱げるんだろうと思ってました。最近、ちょっとずつ着てきてますけど。でも、それって不思議じゃないですか? ステージの上でしか言わないんですよ。飲んでても誰かに言うわけないことを、ステージの上で言っちゃったりしますよね。

タナカ:俺はTwitterでも言われへん。でも、ステージ上では、"あらやだ、こんなことを思ってんねや"って思われることにゾクゾクしてるんです。クソ変態ですよ(笑)。

椎木:いいですね(笑)。(スサシのライヴは)去年観たのが最後だったんですけど、その話を聞いて、また観たいです。

タナカ:あそこからもっと変態の方にいってる(笑)。

チヨ:このあいだ、昔から観てくれてる音楽関係の先輩に久しぶりにライヴを観てもらったら、"1周回って今が一番尖ってるなぁ"って言われてたんです。

-それは歌詞が剥き出しになったことで?

チヨ:そうですね。僕ら的にも、タナカユーキっていう自分に自信がついたように見えるんですよね。太い芯ができて、どっしり構えてて。

タナカ:それも新しく入ったタクマが、俺がやりたいことをやるのがバンドとしてベストだよ、みたいな価値観を共有してくれたからなんですよ。それまでは4人が納得する、民主的なやり方がベストでしょっていう思考だったので。

チヨ:今はユーキがやりたいことを、メンバーが100パーセント気持ち良く、"じゃあ、やろう"って言いながら、同じところを目指してるんですよね。

-椎木さん、アルバムの中で気になった曲はありましたか?

椎木:この曲がっていうのとは違うんですけど、後半から違うアルバムっぽくなるのが印象的でしたね。

タナカ:その後半の色が変わるのが、さっき言った、アルバムのカラーと違うから削った曲に近いんですよね。ええ曲群っていうか(笑)。

椎木:そのへんの曲は、やっぱりメロディ・メーカーですよね。タナカユーキが歌うと、全部タナカユーキになるというか。いろいろなメロディを持ってるなと思いました。あと、"ポップらしい。"は仮タイトルかと思ったら、本チャンなんですね。

タナカ:あ、そうそう。

-この曲は、"みんなが思うポップな音楽ってこれでしょ?"みたいなことを、ちょっと斜に構えて作ったんですか?

タナカ:まぁ、そんな感じですね。大人とかが、"もっとサビで、耳に残るフレーズがあった方がいいよ"とか、"サビにくる言葉をタイトルにした方がいいよ"っていう、いらんアドバイスをくれるから。"はい、オッケー、全部やるよ"っていう曲です。

チヨ:"これやったら文句ないでしょ"みたいな皮肉ですよね。

タナカ:だから、"YEAH!!"っていう歌詞を入れてみたりしたんです。椎木も、そういうスタンスだろ?

椎木:いやぁ......どうだろう。

チヨ:さっきから椎木に対して、"お前もそうだ"って言わせようとしてる(笑)。

-(笑)スサシが音楽を作るときって、人がやらない曲をやるんだっていう反骨精神が大きいんですか?

タナカ:いや、こういう曲を誰かやっててくれよって思うんだけど、それがおらんから、俺らが自分でやるしかないやん、みたいな感じですかね。俺の理想としては、誰かが俺の好きな曲をやってて、それを俺がビールを飲みながら、客席でクソアガるっていうのがベストなんですけど。単純にやってほしい曲がなかったからやってる感じなんです。

-なるほど。それがひとつスサシの音楽の原動力なんですね。

チヨ:そういう意味では、今回は胸を張っていいアルバムを作れたなと思うし、純粋に自分たちも楽しいんですよ。

タナカ:だから早くライヴをやりたいです。ライヴをいっぱいやることで、百戦錬磨感が出てくるし、絶対にバンドが良くなると思ってる派なので。

椎木:タナカさんって、ライヴよりも音源を作り込みたい派なのかと思ってました。

タナカ:いや、今まで単純にライヴをやりまくれることがなかったんだよね。

チヨ:メンバーが固まらなかったからね。

タナカ:人のライヴには呼ばれるけど、自分らでツアーもやれてなかったんですよ。だから今は、とにかくライヴをやりたいんです。

-今のスサシは、メンバーも固まって、初めてフル・アルバムを作って、ここからライヴを増やしながら、バンドを軌道に乗せていきたいっていうタイミングなんですね。

タナカ:そうですね。やっと本チャンです。

チヨ:今はメンバーも仲がいいので、バンドが最高ですね。