Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SPARK!!SOUND!!SHOW!!×My Hair is Bad

2018年06月号掲載

SPARK!!SOUND!!SHOW!!×My Hair is Bad

My Hair is Bad

Official Site

SPARK!!SOUND!!SHOW!!:タナカユーキ(Vo/Gt) チヨ(Ba/Cho)
My Hair is Bad:椎木 知仁(Gt/Vo)
インタビュアー:秦 理絵 Photo by fukumaru

-スサシの曲作りは、ユーキさんが中心ですか?

タナカ:そうですね。僕の脳内で鳴ってる音をみんなでシェアしてるんです。

チヨ:最近は新しく入ったタクマも編曲のスキルがあるので、ユーキ君とタクマが一緒にデモを作ってますね。それを俺とイチロー(Dr/Cho)が聴いて、そこからバンってやるって感じです。それまでは、ユーキ君の脳内のやつを口で言ってたんですよ。ひどいときは、"ドラムをドパッドパッドパッて叩いて"って言われて作ったりしたよね。

タナカ:口でドラムを言いながら、ギターを弾いてたな(笑)。

チヨ:今回のアルバムで言うと、「BRUSH UP」とか「ダンザーラ」は昔からある曲を再録してるので、当時の作り方ですね。超アナログな。

タナカ:マイヘアもそう? ハイテクなことをやってるイメージがないんだけど。

椎木:僕らは今作ってる曲ぐらいから"GarageBand"(※音楽制作ソフトウェア)を使って、デモを作れるようになったんですよね。それまでは"日曜日なんだよね、この曲は"みたいな説明をしてました。

チヨ:こいつ(タナカ)もそうなんですよ。

タナカ:そう言ったときの、みんなの困り顔すごいよな。

椎木:"また始まったよ"感がありますよね(笑)。

-(笑)歌詞に関しては、テンションの振り幅が激しいですよね。例えば、「ドカーン」とか「OEO」みたいな、パーティー・ソングみたいな歌詞の曲もあれば......。

タナカ:めっちゃ外側か、めっちゃ内側かしか、スサシにはないですよね。意味100か、意味ゼロかみたいな(笑)。

-「南無」なんかも意味ゼロですよね。

チヨ:この曲は肩の力を抜いて書いたって言ってたよな。

タナカ:"南無法蓮華経"っていう言葉がキャッチーだなと思ったんですよね。子供のころに、誰かが遊びで言ってたのを思い出して。でも、ミュージック・ビデオを作るときに歌詞を投げたら、この曲は、"神様なんて信じないで、自分のマンパワーでやりたいみたいなものが詰まってるから、それを映像化したい"って言われて。あ、そういうふうに聴こえるのかなって気づいたんですよ。最近ライヴでは"神様殺しちゃえ"みたいなことを言い出したんですよ。

チヨ:"神様じゃなくて、己次第だ!"とか、かっこつけて言ってた(笑)。

タナカ:あとから自分が乗っかってるんです(笑)。

チヨ:逆に「アワーミュージック」とか「Still dreamin'」とかは、ユーキの気持ちが入ってるんですけど、今までこういう曲はなかったんですよ。これもタクマが入ってきたことで、吐き出せるようになって。僕ら的には熱いんですよね。

-例えば、「アワーミュージック」は、自分たちの音楽は何を目指すかっていうことだし、「Still dreamin'」は、これからの夢のことをストレートに歌ってますよね。

タナカ:そうですね。