Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

RED EARTH

2018年05月号掲載

RED EARTH

メンバー:寺澤 尚史(Vo/Gt) キヨ(Sax/Vo) フェアリー(Dr/Vo)

インタビュアー:TAISHI IWAMI

寺澤尚史を中心に集まった現在は9人組の"フォークソングパーティ"、RED EARTHがシングル『RED EARTH 0』をリリース......とクレジットを見てみると、シングルなのに10曲も入っている。前回の本誌でのインタビューがとにかくはちゃめちゃだっただけに、ここにもまた、妙な仕掛けが施されているのではないかと思いながら聴いてみると、その期待はいい意味で裏切られた。これまでは、ロックンロール/ガレージのイメージが強かった彼らだが、そこにある初期衝動的な熱量は残しつつ、豊かで曲線的なサウンドスケープを描く新曲。表現力も演奏力も、明らかにスケール感を増したその要因を訊き出すためインタビューに臨んだのだが、前回同様、初っ端からとっ散らかる。その結末やいかに......。

-前回のインタビュー(※2017年3月号掲載)を読んだのですが、もうはちゃめちゃで。音楽の話はほとんどしていないですね。今日は何を話しますか?

寺澤:前に何話したか全然覚えてない......。

キヨ:なんかジャンプ("週刊少年ジャンプ")の話ばっかりしとったで。今日はビシッと、いい見出しになることが言いたいです。

寺澤:"オレは海賊王になる!"とかね。

キヨ:また"少年ジャンプ"やん。前と変わらん。

-RED EARTHは"パラレルワールドから来たフォークソングパーティ"という、"設定"と言っちゃっていいですか?

寺澤:はい、設定です!

-パラレルワールドから来たということは、こっちの世界にも寺澤さんがいる。音楽やってるかどうかもわからない。

寺澤:えっと......。

キヨ:今から考えるんでちょっと待ってください。

寺澤:海外ドラマの"FRINGE/フリンジ"とか観てくれたらわかると思います。

キヨ:うーん、今は掘り下げるの止めよう。いい肉づけが思いついたら言います(笑)。

-"フォークソングパーティ"であって"バンド"ではないというのは、何気に重要なことだと思っていて。

寺澤:昔はカッコつけたバンドマンをやってて、そのバンドは今もやってるんですけど。でも、やっぱりお笑いとか大好きだし、だからコントとか劇の要素を取り入れていったら、こんな感じになってしまった。

スクーターで"フジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)"に行ったり猫の動画をシリーズでアップしたり、あらゆることが一貫して散らかってます。

キヨ:今日もSkream!の担当の方に会うなり"設定固まりました?"って聞かれて。"そんなこと言わないで~(笑)"って。ちなみについこの間フィリピンに行きました。ミュージック・ビデオを撮るために、"クレイジージャーニー"っていう映画で、丸山ゴンザレスが行ったところに。

寺澤:"パスポートある? 何日か空けといて"って言われて、拉致られてそのまま。

-楽しかったですか?

寺澤:めちゃくちゃ面白かったです。都会の街行く人より、スラムの人の方が全然優しかった。都会の人は、オレらが日本人やからってお金を取ろうとしてくるんですけど、スラムの人はウェルカムで"来てくれて嬉しい"って、一緒に遊んでくれて。

フェアリー:俺は連れていってもらってない......。行きたかった。

-今は総勢9人ですよね?

寺澤:ほとんど全員が揃うことはないですけど。

-そのパーティ感がいいと思うんです。バンドじゃないから、例えばキヨさんがサックスを吹かなくても、フェアリーさんがドラムを叩かなくてもいい。

寺澤:SMAPみたいに、みんなで歌って踊るようなこともいつかしたいなぁって、本気で狙ってます。

キヨ:金爆(ゴールデンボンバー)とか超能力戦士ドリアンとか、あの感じね。

寺澤:前に下駄でタップ・ダンスしようとしたりしたんですけどね。

-表現の自由度ですよね。"何やらかすかわからない"。だから気になる。

キヨ:活動も曲も、自分ですら展開が読めないくらいが楽しい。

寺澤:いろんな音楽が好きで、いろんなタイプの曲を書くんで、それをそのまま出せたらと。結局自分らがやったらどんな曲でも自分らになるんで。

キヨ:"自分らがやったら自分らになる"、なんか見出しっぽい。