Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

MOROHA

2018年06月号掲載

MOROHA

メンバー:アフロ(MC) UK(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

悔しいという"ファッション"じゃなくて、本当に悔しい


-改めて今回再録してみて、気づいた部分はありますか?

アフロ:(レコーディングのとき)あのストッキングみたいなもの(※ポップガード)があるじゃないですか? あれに浮かれる気持ちは減りました。僕らはレコーディングでも、せーの! で録るので、ほぼ一発録りなんですよ。普通にライヴをやっているような感覚だから、今回も3~4日で録り終えました。

-今作の中で歌詞を変えた楽曲もありますよね?

アフロ:「三文銭」、「四文銭」とかはそうですね。それもライヴでやっていることですからね。あと、「勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ」とかは俺自身が負けているなと思うことも感じるので、そのぶん、曲はどんどん強くなってますね。それはレコーディングというより、日々のライヴで気づくことですけどね。自分の理想は高くなっていくので、現実的になればなるほど、それが叶わなくなることが悔しくなるんですよ。あの、悔しいという"ファッション"もあるじゃないですか。

-悔しいというポーズで終わるみたいなことですか?

アフロ:そうです。ラッパーでも悔しがってる自分をプレゼンするとか。でもほんとに悔しいと思ったら、もっと違うやり方をするだろうし、それはファッションだなと思うこともあるので。過去の自分もそうだったなと思うこともあるけど、今はそうじゃなくて、本当に悔しいんですよ。

-自分の傷口を掘り下げていく作業を続けて?

アフロ:自分の傷口を日々えぐる作業ですよね。自分が逃げているんじゃねぇか? というツッコミをもっと頻繁に入れなきゃいけないなと。今回の再録ベストに関しては聴き手がどう思うかは楽しみでもあり、おっかない部分ではありますけどね。"あの部分は失っているけど、ここが補われてさらに......"とか言われると、俺は何も失ってないんだよ! って。

-感情の濃度はすべての面でアップされていると。「俺のがヤバイ」も殺気立ってるというか、むしろ爆発してますからね。

アフロ:そう思ってます。聴く人みんながそう思ってもらえるように俺は作ってますからね。あのときよりも今の方が悔しいし、あのときよりも今の方が吐き出したいと思っているし、あらゆる意味であのときよりもふくよかに尖っているから、全部において勝ってますね。