Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

カミツキ

2018年05月号掲載

カミツキ

メンバー:MiZUKi(Vo) キャシー(Ba) SHU→TA(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-そして、3曲目の「3 Words」と4曲目の「Eternal Sunshine」の2曲は、結成時にはすでにあった曲だそうですね。

MiZUKi:作品のコンセプトに合わなかったので、これまでの作品には入れなかったんですけど、そのあと、ツアーや海外遠征を通して成長したカミツキが、結成当初の曲をやったらどうなるんだろうってことで、今回改めてやってみました。

-「3 Words」はヘヴィな感じで。

SHU→TA:カミツキの曲って、陽と陰の対比がしっかりしていると思うんですけど、それで言うと、陰の曲。聴いてすぐに"カミツキの曲だね"って思ってもらえる曲になっていると思います。

-その2曲の歌詞は、今回の作品のコンセプトに合わせて書いたんですか?

MiZUKi:はい。結成当時にふんわりとあった歌詞を今作に合わせてブラッシュアップしました。「3 Words」は、私、ものすごく落ち込むときがあるんですけど、そのときの感情を書きました。落ち込んだところから、何か壊してでも前に進まなきゃって歌です。

-言葉も結構キツめですね。

MiZUKi:そうですね。沈み切っている感情を、無理矢理怒りに近いものに変えてでも進もうとしているんです。

-逆に「Eternal Sunshine」は、今までにないくらい穏やかな曲で。

SHU→TA:これまでで一番穏やかだと思います。ドラマやアニメの挿入歌にちょうどいいんじゃないかってぐらいのバランスの曲だと思います。

MiZUKi:カミツキを始めるときの私の気持ちを書きました。夜7時にひとりで帰宅するときのイメージで、カミツキを始めるにあたって、やりたかったことができるという期待と、自分にそれができるのかという不安が入り混じる気持ちを、ポツリポツリと書きました。

-そんなMiZUKiさんが現在ここにこうしていることについては、どんな感慨がありますか?

MiZUKi:カミツキを始めてから、何度もステージに立って、大勢の人の前で歌ったり、海外遠征したりしてきましたけど、始めたときは、人前に出ると緊張してしまう私に、そんなことができるとは思っていなかったんです。だから、すごく不思議なんです。

-今回は前作のスピンオフということで、前に進むことをテーマにした前2作とはまたちょっと違うカミツキの魅力が感じられる作品になりましたが、今後はどんなふうに活動していこうと考えていますか?

SHU→TA:これまで同様、スピード感を意識した作品作りが続けられるように頑張りたいと思っています。同時に、4月の頭に"Spring Scream 春天吶喊"という台湾で開催されたフェスティバルに出演させてもらったんですけど、海外も視野に入れた活動もしていきたいと考えています。と言いながら、まだ何も決まってないんですけど(笑)。挑戦できることがあれば、どこにでもフットワーク軽く行くつもりです。

-5月20日の新宿club SCIENCE公演から新作のリリース・ツアー["REAR SIDES HERO" TOUR]も始まります。

SHU→TA:追加があるかもしれないですけど、8月3日の渋谷TSUTAYA O-Crestまで、今回は計10本です。この間のツアーが終わって、3人で今後のライヴとツアーについて話し合ったときに、土台となるライヴ作りはできたから、新しいことにも挑戦したいという話になったので、今回のツアーの東名阪公演は、3ヶ月連続企画ということで、それぞれに違う内容のライヴをやるつもりです。まず、6月17日の名古屋(CLUB 3STAR IMAIKE)ではふたつの会場に10バンド以上呼んでサーキット・イベントを、7月13日の大阪(心斎橋 VARON)は僕たちがお世話になっているバンド、一緒にやりたいバンドを呼んでイベント・ライヴをやります。そして、8月3日の東京はワンマンをやる予定です。そんなふうに、楽曲以外でもカミツキはいろいろできますよ、やりますよってところを見せたいと思っています。