Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

イロムク

2018年06月号掲載

イロムク

メンバー:藤沼 健(Vo/Gt) 辻 秀和(Gt) 吉田 彦(Ba/Cho) 河野 智央(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-そう考えると、バランスのいい4人なんですね。

藤沼:そうですね。俺がいつもひとりでブーブー言ってて、河野君が俺を後押ししてくれて、彦ちゃんは冷静に見ててくれてる。そして彼(辻)は何考えてるかわからないっていう(笑)。

辻:え~、そう言われるとわりとショック(笑)。

藤沼:(笑)でも、人のいいところをちゃんと見ようとするよね。俺が"これやりたい"って言ったときに"うん、そうしよう"って最初に言ってくれるし。それがヒデのいいところだと思います。

-今はもう、"おんぶにだっこ状態"ではないですか?

藤沼:そうですね。ちょっとでも思ったことがあったらすぐに言うようにしてるし......え、平気なの?

辻:ん?

藤沼:大丈夫、俺?

河野:うん。

藤沼:え、彦ちゃんは平気?

吉田:全然平気。

-今のやりとり、たしかに"大事な人には嫌われたくない"っていう気持ちがめちゃくちゃ出てました(笑)。そして今回のリリースを記念して、全国3ヶ所でライヴ(6月に開催する[2nd single"ちゃんとつけるから" リリースツアー])を行うとのことですが。

吉田:僕が入ってちょうど1年なんですけど、これまでかなりの数のライヴをこなしてきて。それはやっぱり音源にも出てるし、バンドとしての地力が当初よりも断然上がってるんですよ。だから今持ってる力をバーンと出して、それを聴いてもらうことができるっていうのはすごく楽しみだなと思います。

河野:この1年間でそれぞれ自分のやるべきことがわかってきた感じで。機材とかも替えたりして、音の迫力がめちゃくちゃ増したかなぁって思ってるんですよ。ライヴハウスに来てそれを体感してほしいですね。

辻:前回のリリースから結構経ったので、例えば大阪は久々なんですよ。だから新しい層のお客さんにも観てほしいなって思いますね。いろいろな層にも届く曲だろうなと思ってるので。

藤沼:でも本当に来てほしいです。チケット代を払ってもらえればそれ相応以上のものを返すので、ぜひお願いします。

-では最後に、気になってたことをひとつだけ。藤沼さん、以前Twitterで"何枚CDを出せば良いのかわからない 何回ライブをすれば良いのかわからない そう思ってたけど今は違う"と言ってたじゃないですか。あれ、どういう意味だったんですか?

藤沼:変な話、曲を出すってことはそのぶんつらい思いをしてるっていうことじゃないですか。

-まぁ、あなたの場合はそうでしょうね。

藤沼:それであと何回しんどい思いをしなきゃいけないんだろうな~って思って。単純にそのときは腹が据わってなかったんでしょうね。

-そう感じた具体的なキッカケとかあったんですか?

藤沼:「生(きてる)ゴミ」で書いた元カノのTwitterの裏アカを友人から見せられたんですよ。それで、なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろうなって思って、僕の中のいろいろな思いが蘇ってきて。こういう内容だったんですけど......(※スマホを見ながらTwitterの内容を音読)。

-内容自体よりもスクショを保存してることの方が驚きなんですけど。初めて見たときはつらい気持ちになったのに、今では自分から進んでそれを見てるんですか?

藤沼:そうですね。こういうスクショとか、今の彼氏さんのTwitterをライヴの前に隠れて見たりしてて。そうやって憎しみを倍増させてからライヴに挑むようにしてます。だからある意味感謝してるんですよ。

-......藤沼さんが幸せになれる日は来るんでしょうか。

藤沼:一生不幸だと思います(笑)。あ、でもみんなは違うからね。満たされていいからね?

辻:いや、やりづらいわ(笑)!