Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

イロムク

2018年06月号掲載

イロムク

メンバー:藤沼 健(Vo/Gt) 辻 秀和(Gt) 吉田 彦(Ba/Cho) 河野 智央(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-藤沼さんが書いた曲を演奏しながら、3人はどういうふうに思ってるんですか?

河野:なんか、"あ、応援する~"って感じなんですよ。

辻:僕らは同じ立場には立てないですけど、同じ気持ちで演奏することならできるから。それに同じように発散できるというか、やっててスカッとしますね。

吉田:普通ここまで素直になれないなぁって。そこがケンケン(藤沼)の良さかなって思ってるので、こっちも自然とやる気になるみたいな感じはありますね。

-という言葉を聞きながら、藤沼さんがニコニコしてるのがとても微笑ましいです(笑)。ブログやTwitterで藤沼さんは、辻さん、吉田さん、河野さんが自分にとって必要な人たちなんだとダイレクトに言葉にしてますよね。それに歌詞の中にも"ひとりになりたくない"っていう感情が表れてて。

藤沼:自分が思う大事な人には側にいてもらいたいんですよね。

-でも現実では、彼女を寝取られるし、イロムクから脱退していったメンバーもいたわけだし、大事な人が去ってしまったような経験をしてるじゃないですか。にかかわらず、人と人とのコミュニケーションが絶対的に必要な、バンドマンというものを続けられてるのってすごいことだなと思って。

藤沼:あ~......なんでも歌詞にしてるからかな(笑)? ベースがまだ彼(吉田)じゃなかったころの曲なんですけど、「赤口」(2016年リリースの2ndミニ・アルバム『チラシみたいな』収録曲)っていう曲があって。それはメンバーに対しての文句の曲で、"おんぶにだっこに肩車されて身動きが取れなくなる"っていう歌詞も他ならぬ自分以外の3人のことだったんですよ。それを歌詞にしたときに僕が(メンバーに対して)言ったのが"俺に対しての不満を楽器で鳴らして返してくれ"っていうことで。そしたら今までと違う、すごくバチバチとした曲ができあがったんですね。なので、ただ怒るんじゃなくて、ちゃんと素直に、心の底からわかってもらえるように"こうだから怒ってるんだよ"っていうふうに伝えたら、人って意外と応えてくれるんだなって。そういうふうにメンバーが思わせてくれたんです。それで特にこの3人には、素直に物事を言うようにしてます。

-それはバンドを始めたころからあった考え方ですか?

藤沼:いや、違います。前に河野君と怒鳴り合いのケンカをしたんですよ。(河野の方を向いて)初めてだったって言ってたよね、人に怒鳴ったの。

河野:そうですね。

藤沼:そうなったときに、言い方を(河野に)注意されたんですよね。いつもいきなり沸点100で来るからわからないって。

-自分の中で溜め込んでから爆発させてしまうと。

藤沼:でも(河野に)"やめる"って言われたときに、本当にやめてもらいたくないなって思って。バンドを始めてみて思ったのは、メンバーって友達でもあるし家族っぽいところもあるし、けどちゃんと仕事仲間でもあるし、かけがえのない存在なんですよ。なので、そういう人がいなくなるかもしれないって思ったときに、このままだとヤバいなと思って。それで"なんで自分はこういう言い方しかできないんだろう"って考えたんですけど、今まではキレたときに表面的な部分しか伝えてなかったうえに、"じゃあもういいよ"って自分からシャットアウトしてたんですね。だけど、結果的にどうしたいのかっていうことを考えたらそうじゃないよなぁ、怒るにしてもいろいろな方法があるな、って。

-そのケンカのあと、藤沼さんは変わりました?

河野:めっちゃ変わりましたね。

-どういうところが?

河野:え~、なんだろう? ......でも、めっちゃいいっすよ。めっちゃ好きです。僕は結構、人に自分の意見や感情をぶつけるのが怖いんですけど、ケンケンは"あいつが嫌い"とか"謝れ"とかちゃんと言うんですよね。こないだもそういうことがあったんですけど――

藤沼:ライヴハウスのブッカーにムカつくことを言われたんですよ。もう"ふざけんなよ"って思って。人が頑張ってやってることを自分の物差しで測るなよと。

河野:それを歌詞やメロディに乗せて、なおかつわかりやすく表現できるのはすげぇなって思いますよね。人って嫌われたくないって気持ちがあるじゃないですか。それを度外視できるのはすげぇなって。尊敬する。

藤沼:(照笑)

-そもそも藤沼さんには嫌われたくないっていう気持ちがないんですか?

藤沼:いや、めっちゃありますよ。

一同:(笑)

藤沼:大事な人からは嫌われたくないですけど、どうでもいい人から何を言われても別にいいです。

-普段から自分の気持ちをダイレクトに言葉にするタイプなんですか? 例えば恋愛面とか。

藤沼:すぐ好きって言いますね。......ちょっと、なんで俺だけなんだよ(笑)。みんなは?

河野:言うかな。

吉田:言いますね。

河野:彦ちゃん言うんだ!

吉田:言う言う。

辻:僕はあんまり言えないですね。......え? これなんの取材(笑)?

藤沼:(笑)ヒデ(辻)は一番闇が深いかもね。

-第一印象としては社交的な人なのかなと思ってました。

藤沼:それがもう彼の手ですよ!

辻:いやいやいや(笑)。でも人に悩みごとをあんまり言わないというか、溜め込むタイプではあって。それがみんなからしたら何考えてるかわからないというか、読めないのかもしれないですね。