Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GANG PARADE

2018年06月号掲載

GANG PARADE

メンバー:カミヤサキ ヤママチミキ ユメノユア キャン・GP・マイカ ココ・パーティン・ココ テラシマユウカ ユイ・ガ・ドクソン 月ノウサギ ハルナ・バッ・チーン

インタビュアー:荒金 良介

-"幾多のドラマから 選択を迫られて"にはどんな想いを込めて?

サキ:渡辺(淳之介/マネージャー)さんも作詞してくれているので、あの方も選択を迫られる立場じゃないですか。合宿中も毎日選択を迫られているだろうから、その気持ちもここに反映されているのかなって。いろんな捉え方ができる歌詞なので想像が膨らみますね。

-ドクソンさんは?

ドクソン:「GANG 2」は目に見えない気持ちの部分というか、その気持ちを取り出したときに色が見えるんですよ。

-ハルナさん、何色かわかりますか?

ハルナ:私はオレンジと黄色。その色が好きだから。

一同:ははははは(笑)。

ドクソン:人それぞれ色は違うだろうけど、聴く人の五感に伝えることができる曲ですね。人の色が見える曲というか。例えば、ユユ(テラシマユウカ)が歌っているパートはユユの色が見えたり、サキちゃんが歌っているパートはサキちゃんの色が見えたりするんですよ。

-たしかに曲を聴くと、ひとりひとりの個性や人間味がより伝わってきます。

ドクソン:すいません......よくわからない見解をしてしまって。

-いえいえ、言いたいことはわかりますよ!

ドクソン:私、「来了」がめっちゃ好きなんです。太極拳がしたくなる曲ですね(笑)。カンフーがすごく好きで、ジャッキー・チェンの映画を観て、真似してたんですよ。だから、こういうテイストが好きなのかなと思いました。

-ユアさんはどうですか?

ユア:「GANG 2」は今までにない色があるし、これからの9人にとって大事な曲になりそうだなと思います。歴史のあるグループだけど、その歴史に残る1曲だと思うし、この9人で歌い継いでいきたいですね。「来了」は9人の声がバラバラで面白いです。

-ちょっとコミカルな歌い方ですからね。

ユア:前作もそうだけど、今作もかっこいい曲とユニークな曲があるから、そういう遊び心を持てるのがギャンパレのいいところだと思うので。

ユウカ:「GANG 2」に対しては自分の中に情景があって、自分でも気づかない奥にある気持ちを搾り取られてる気がして。初めてライヴで披露したときに、味わったことがない感覚になったんです。すごく苦しいんだけど、心地いいみたいな。

-葛藤と諦めたくない気持ちの両方がこの曲には詰まってますよね。

ココ:今までも「Beyond the Mountain」(2017年7月リリースのシングル表題曲)や「FOUL」(2017年4月リリースのシングル表題曲)みたいな壮大で前向きな楽曲はありましたけど、「GANG 2」はまた違う面が出ているなと思いますね。サキちゃんが戻ってきたときにBiSのライヴの在り方をいろいろ聞いたら、BiSは自分の感情をストレートにぶつける曲が多くて。ギャンパレはいろんなジャンルの曲があるので、自分のエネルギーを曲にぶつける感覚があまりわからなかったんです。でも「GANG 2」を披露したときに、明るいだけじゃない、人間らしい感情がライヴでも出せたんですよ。この9人で一番グッと来るパフォーマンスをやれているので、すごい曲ができたなと思います。

ミキ:「GANG 2」は勝手に感情が入ってしまう曲なんですよ。ライヴでやり終えた瞬間に心労がすごくて。でも歌っているときは気持ちいいので、この曲のすごさに脱帽しました。ラスサビで歌う人数が増えていくんですけど、最後の"ウォーウォーウォー!"ってところはありえないぐらい強い気持ちが溢れ出るので、お客さんも"ウォーウォーウォー!"ってなるのかなと。

サキ:毎回その日だけの感情で歌えているし、絶対その日だけのライヴを見せられていると思います。それはトレード期間のときに気づいたんですよ。それまでは安定感のあるライヴばかりして、平均点は取れるけど、それ以上にはいかなくて。BiSで歌っているときに、普段隠している感情をお客さんと共有するからこそ、元気や勇気を貰ってくれているんだなと感じました。それをギャンパレでもしっかりやっていきたくて。それに気づけたことが財産になってますね。

-なるほど。

月ノ:私は経験がまだ少ないので、歌詞を見たときに気持ちの乗せ方がわからなくて。合宿のことを思い出してパフォーマンスをすることもありますね。自然と込み上げてくる気持ちが少ないので、逆にそういう気持ちを自分で作らなきゃいけないから。壮大な曲だけど、気持ちをストレートに届けられたらいいなと思っています。

ハルナ:私も「GANG 2」がデビュー曲になるので、思い入れが強くて。"ずっと諦められない"の歌詞が好きで......合宿で朝7~8時に走ったりとか、受かってからも悩んだりして......私はすぐに何かをやめちゃうタイプだけど、ここまで必死になったのは初めてなんですよ。自分でもよく頑張っているなって思うし、その気持ちを歌詞に乗せてます。