Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GANG PARADE

2018年06月号掲載

GANG PARADE

メンバー:カミヤサキ ヤママチミキ ユメノユア キャン・GP・マイカ ココ・パーティン・ココ テラシマユウカ ユイ・ガ・ドクソン 月ノウサギ ハルナ・バッ・チーン

インタビュアー:荒金 良介

"みんなの遊び場"をコンセプトに活動する9人組愚連隊アイドル、GANG PARADEがニュー・シングル『GANG 2』を完成! カミヤサキがレンタル・トレード終了でグループに戻り、さらに新メンバー、月ノウサギとハルナ・バッ・チーンの加入により、新体制で初の音源となった今作には"またここから"という強い気持ちがストレートに反映されている。熱いメッセージ性と肩の力が抜けた遊び心の両面を見せつけた作風について、メンバー全員に話を訊いた。

-前作(2018年2月リリースのシングル『BREAKING THE ROAD』)を経て、サキさんがレンタル・トレードから戻り(※2018年3月4日に両国国技館で開催された"BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??"をもってBiSのアヤ・エイトプリンスとのレンタル・トレードが終了)、さらに新メンバーふたり(月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーン)が追加され、9人体制になりましたね。

サキ:4月17日(Zepp DiverCity TOKYOにて新メンバーのお披露目となったワンマン公演"GANG 2"を開催した)を迎えるまでどうなるかわからなかったけど、9人であのステージに立てたのは良かった。ここから改めてみんなで土台を作る段階ですね。

マイカ:これから9人でコミュニケーションを増やして、この形のGANG PARADEを確立させていきたいなと思ってます。

ドクソン:新メンバーとはまだ出会ったばかりですけど、ふたりのことも少しずつわかるようになって、それが毎日嬉しくて。それで私たちも知ってもらって、一緒に強くなっていけたらいいなと。

ココ:曲の歌割りも変わるので、イチからという気持ちにはなるけど。毎回、高みを目指すという気持ちは変わらないですからね。

ユア:みんなが言ってくれたとおりで、ここからだと思ってます。

ユウカ:周りから求められるものも変わるので、それも見定めてやっていきたいですね。新メンバーふたりのことも深く知りたいですし。

ミキ:7人で作った土台はあると思うけど、そこにふたり入ったことで、また新しいものを作らなきゃいけないから。この9人の土台をしっかりさせて、ギュッと固めることが必要だなと思います。それから個人やグループの成長を重ねていけたらいいなって。

-新メンバーおふたりはどうですか?

月ノ:4月17日のライヴを終えて、ギャンパレ(GANG PARADE)のメンバーとして少しずつ自覚は持ててきたかなって思います。正直、Zepp(Zepp DiverCity TOKYO)の前までは自覚が持てなかったので、これから頑張っていきたいです。

ハルナ:1日1日が私にとってはでかくて......今も1日1日を壮大に感じてます。1日が100パーセント、ボーン! みたいな。カレンダーって四角じゃないですか? その今日というマスが赤く埋まっちゃうみたいな。

ドクソン:あぁ~、わかる!

-ハルナさんは表現が独特ですね。ちょっとドクソンさんに似てます(笑)?

ドクソン:ハルナにメンバーそれぞれの印象を聞いたときは、私に向かって"同じものが流れてる"と言ってくれて。今の例え話を聞いて、それを確信しました(笑)。

-ハルナさんはドクソンさんと何か通じるものを感じる?

ハルナ:はい。加入したときからドクソンさんが発したい言葉もわかりました。

ドクソン:すごい! 私は口ベタで伝えるのがめちゃ下手なんですけど、今まではココがわりと理解してくれてたんですよ。そこにハルナも加わって(笑)。

ココ:でもハルナも口ベタだから、ハルナとは電波上で理解し合っている感じなんです。

-はははは(笑)。では、今作のレコーディングはいつごろから始まったんですか?

ココ:3月末か、4月頭ですね。ふたりが合宿に合格して1週間後ぐらいでしたからね。それからMVを撮影して、すごく濃い日々でした。

-今作はより大きな会場で映えそうな曲調が揃いましたね。

マイカ:WACKの合宿が終わってすぐに音源が届いたので、歌詞を読むと、合宿のときの自分に近いものを感じてグッと来ました。「GANG 2」の"もどかしい思い どうしよう"、"湧き出た涙が 溢れ出すの"の歌詞は合宿のときのひとりじゃ何もできないモヤモヤした思いが蘇って、ライヴ中も気持ちが入れやすいですね。

サキ:1枚のCDにこの2曲が入ってるのが本当にすごいなと思います(笑)。1曲目(「GANG 2」)で"ワー!"となったあとに、2曲目(「来了(読み:ライラ)」)で"オー!"と驚く面白さがギャンパレらしいなと。自分もトレードから戻って来て、1発目のシングルでこういうメッセージ性の強い曲を歌えるのが嬉しくて。「GANG 2」は自分が歌っているパートが2ヶ所あるんですけど、特に"幾多のドラマから 選択を迫られて"の歌詞はここ1年BiSとして活動して、再びギャンパレに戻って来たので、これまでの経験も集約して歌えるなって。たぶん、これからいろんな思い出ができるたびに深い歌詞になっていくんだろうなと。