Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ × Skream! × バイトル

2018年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ × Skream! × バイトル

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:金廣 真悟(Vo/Gt) 渡邊 幸一(Gt/Cho) たなしん(Ba/Cho) ペギ(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 石崎祥子

日本最大級のアルバイト情報サイト"バイトル"とSkream!による"激的アルバイトーーク!"。今回、アルバイトの話をしてくれるのは、結成10周年を迎え、ファン投票でのベスト・アルバムのリリースや、ファンとのMV制作、前身バンド for better, for worseのベスト盤&一夜限りの復活ライヴ、そしてたなしんYouTuberデビューなど、現在様々な企画が進行中のグッドモーニングアメリカ。アルバイトについての話をうかがうとともに、普段は経験できないような非日常的なアルバイトができる企画"ドリームバイト"で選ばれた遠藤涼真さんも取材に同席。Skream!編集部の一員として、4人にインタビューをしてもらった。

グッドモーニングアメリカ × Skream! × バイトル キャンペーン情報

  1. フォロー&RTでグッドモーニングアメリカのサイン色紙をプレゼント
  2. バイトルのアプリDLでグッドモーニングアメリカのサイン入りTシャツをプレゼント

▼応募はこちら
https://www.baitoru.com/contents/geki/19.html#oubo


-みなさんは最初にしたアルバイトを覚えてますか。

渡邊:高校生のとき、スーパーの品出しやレジ打ちをしたのが最初のバイトでしたね。

金廣:俺、コンビニだ。あれ、ドトール(ドトールコーヒーショップ)でやってたのは?

渡邊:それは、そのあとかな。

-バイトの種類や数も多い感じですか。

金廣:僕は、最初にコンビニのバイトを4年間くらいやって。

渡邊:パン屋もやってたよね。

金廣:パン屋は結構あとだったな。その間に、ラーメン屋とかもあるし。

たなしん:やってた(笑)。

-だいたいお互いがどんなバイトをしていたか知っている感じですね。

金廣:この3人(金廣、渡邊、たなしん)は高校も大学も一緒なのでわかりますね。パン屋の前にラーメン屋でバイトしたんですけど、そこはバンドマンが店長のラーメン屋さんで。2週間に1回給料を出してくれるところだったんです。まかないも3回まで食べてよくて(笑)。

たなしん:それは大事だね。

金廣:実家だったので、3回も食べなくても大丈夫だったんですけどね。でもすごく待遇が良かったから、ずっとやっていたかったんですけど、お店がなくなっちゃって。そのラーメン屋と弁当屋さんでのバイトを掛け持ちでやってましたね。

-最後はなんでしたか。

金廣:朝の"ちい散歩"という番組のあとにちょこっとやっていたテレビ・ショッピングの電話を受けるという仕事が最後でしたね。すごい楽チンでしたよ、注文を受けるだけなので。

-たなしんさんはどうですか。

たなしん:僕は結構やってきましたね。今数えたんですけど、20~30個くらいはやってると思います。

金廣&渡邊&ペギ:そんなに!?

たなしん:30歳近くまでバイトしていたし、掛け持ちでもやっていたんですよね。だから、数は多かったですね。長期間のものだと──

渡邊:コールセンターが長かったんじゃない?

たなしん:コールセンターもそうだし、塾の先生も3年くらいやってましたね。

金廣:あれ、弁当屋は?

たなしん:弁当屋は3つくらいの店でやったんですけど、1年くらいかな。あとは大学の構内で弁当を売るっていうのもあった。

金廣:それ覚えてる。

渡邊:レンタル・ビデオ屋もやってたよね。

金廣:やってた!

たなしん:工場のバイトとかは、一緒に行ったよね?

渡邊:俺は行ってないかな。すいません、こっちで盛り上がっちゃって。

ペギ:はははは(笑)。

-メンバー同士、バンドマン同士で同じような場所で働くことも多そうですね。

たなしん:情報を交換して、バイトを選ぶというのは多いですよね。どうしてもライヴが入ったりするので、融通が利くバイトというのが大事でした。日払いとか、ライヴが入っても休めるような融通の利く職場で、且つバイト代が高いっていうものをチョイスしてましたね。

-ペギさんはどうですか。

ペギ:僕は高校生のときにガソリン・スタンドでやってましたね。バイクや車が好きだったので。東京に来てからは、バンドマンが練習するスタジオでバイトをしてました。スタジオが一番長かったですね、6年くらいかな。そこは楽しかったですね。まだ籍はあるんですけどね、辞めてないので(笑)。

たなしん:そういうのあるよね。

ペギ:6年くらい休んでます。

金廣:しん君(たなしん)はライヴハウスでもやってたよね?

たなしん:俺もライヴハウスでバイトしていて、そこはまだ籍があります。いつでも戻れます(笑)。

-では記憶に残るアルバイト経験を教えてください。

金廣:これはいろいろありますね、何系がいいですか?

-そうですね、では面白い話の方で。

たなしん:じゃあ、そうだな、一番つらかったのが、高速道路での交通量調査というバイトですね。36時間くらい働くんです、休憩はもちろんあるんですけどね。それは1回で4万5,000円貰えたんです。

金廣:まじで!?

たなしん:それで、フライヤー代とか、バンド活動のお金を貯めたりしました。

-だいたいバイト代がバンド活動の経費になっていくんですね。

たなしん:そうですね。フライヤーを作って、デモのCDを自分たちでレコーディングするための費用とか、スタジオ代とか、そのためのバイトとあとは生活費ですね。