Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ORESAMA

2018年04月号掲載

ORESAMA

メンバー:ぽん(Vo) 小島 英也(Prog /Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-インディーズ時代の「綺麗なものばかり」(2016年リリースのスプリット・アルバム『H△G × ORESAMA』収録曲)と「銀河」(2016年リリースのヴィレッジヴァンガード/ライヴ会場限定シングル表題曲)はアルバム用にミックスされているんですよね。

小島:「綺麗なものばかり」は全部の音の調整をし直して、ギターを録り直しました。

ぽん:歌の録り直しも考えたんですけど、この2曲はその当時の私のままリリースしたいなと思って、歌い直しはしていないんです。

-歌声で2年の軌跡も刻めますし。

ぽん:そうですね。以前の自分の歌を聴くと"なるほど"と思ったりするんです。「銀河」が一番前に録っているんですけど、こういう歌い方をしてたなー......と思い出しながら聴いていました。歌詞の面だと、「誰もが誰かを」は「綺麗なものばかり」と同じくらいの時期にできた曲で、このくらいの時期から、ORESAMAの中でも明るくて楽しい以外の自分とも向き合いたいなと思うようになって。このころは小島君に歌詞を書いては送って、その中から曲をつけてもらうということをよくしていました。

小島:今回収録するにあたって久しぶりに「綺麗なものばかり」の作曲ファイルを開いて――この曲に限ったことではなく、かなり頻繁に"当時の自分はどうやってこんな楽曲を思いついたんだろう?"、"どんなときにこのフレーズを思いついたんだろう。すごくいいじゃん!"と思うんですよね(笑)。"もっとこうしたい"という気持ちはいまの自分にもいっぱいあるんですけど、過去の自分から勉強することもいっぱいあって。すごく楽しいですね。

ぽん:「銀河」は少し切ない歌詞なんですが、一番ORESAMAらしいライヴの空気感を作れる、多幸感に包まれているような感覚になる曲なので、この曲を最後にしました。ライヴでお客さんと対面したときの記憶が織り交ざっていくので、過去に書いた歌詞とはいえ、いまの自分のものになっている気がしますね。私は結構普段から歌詞のストックを読み返しているんです。それをきっかけに過去にどういう言葉を使ったかを思い出したり、こういうフレーズも使ったんだなとおさらいしたり。

-ぽんさんの歌詞の乗せ方のスキルは上がっていると以前小島さんもおっしゃっていましたし、今回もいろいろ表現方法も広げられていると。

ぽん:3曲目の「cute cute」という曲はアルバムの新曲の中でも最後にできた曲で。小島君のトラックから先にできたんですけど、小島君からどんな曲が届いても、私はこのアルバムのための曲を書こうと思っていたんです。想像以上の曲が来てちょっとびっくりしたんですけど(笑)、作詞ではアルバムの中のワードやタイトルを歌詞に散りばめたことも、小島君のこういう曲調の楽曲を歌うのが初めてだったことも、どちらもすごく楽しかったですね。

小島:この曲はちょっと前にヨーロッパの方で流行ったエレクトロ・スウィングというジャンルの曲を作ってみたいなと思って作った曲で。メロディの強さも大事だけど、トラックと噛み合ったリズムのいいメロだったり、スキャットっぽい速い音でドラムのパーカッションのように刻んでみたり......オケとの兼ね合いを意識したメロディをつけていきました。

-そういうメロディに日本語を乗せるのは、譜割りも難しいでしょうに。

小島:そうですね。難しいだろうなー......と思いながら。

ぽん:そうなのかな。どこに11曲のキーワードを乗せようかな......と考えながら言葉をハメていったので、そこがすごく楽しかったですね。

-頼もしい。アルト・サックスもパンチがあります。歌を食うくらいの勢いがあったりして迫力がありました。

小島:ギターとヴォーカルとサックスがすべて絡みついてバトルしているイメージの曲にしたいなと思って。ベースを生にするとORESAMAにしては生楽器を使いすぎるなと思ったので、ベースとドラムは打ち込みにしているんです。デジタルならではの安定感を残したかったんですよね。