Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

"CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL 2018"座談会

"CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL 2018"座談会

CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL

Official Site

I Don't Like Mondays.

Official Site

日本一の歓楽街、東京は新宿歌舞伎町に100組以上のアーティストが集結する一大音楽フェスティバル"CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL"の第3回目が、5月13日に開催される。今回はその出演陣の中から2組のバンドによる座談会が実現。グローバルで洗練されたポップからオーセンティックで土着的なロックやソウルまで、振れ幅の広いダイナミックなサウンドで人気を博すI Don't Like Mondays.と、海外のスタジアム・ロック・バンドからの影響を公言し、本気で彼らと同じ立ち位置を目指すアティテュードが規格外の魅力を放つNewspeak。それぞれのメンバー全員に集まってもらっての総勢8人で、"CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL"ならではの魅力や、お互いの音楽に感じるシンパシーなどについて、語ってもらった。

I Don't Like Mondays.:悠(Vo) 兆志(Gt) 謙二(Ba) 秋気(Dr)
Newspeak:Rei(Vo/Key) Ryoya(Gt) Yohey(Ba) Steven(Dr)
インタビュアー:TAISHI IWAMI Photo by 上溝恭香

-両バンドはもともと面識があったのですか?

Rei:いえ。初めましてです。

謙二:この対談にあたって、希望する相手を聞かれたので、だったらNewspeakとやりたいって、お願いしたんです。

-なぜNewspeakだったのですか?

悠:今でこそいろんな音楽の要素を取り入れてやってますけど、最初のころは1990年代や2000年代のロック、中でもUKのテイストに惹かれて、それに近い音楽をやってたんです。アメリカだとTHE KILLERSとかも大好きで、Newspeakの音楽を聴いてすごくシンパシーを感じたので、今回お願いしました。

Ryoya:めちゃくちゃ嬉しいです。俺らもCOLDPLAYやTHE KILLERSが大好きなんで。

-NewspeakはI Don't Like Mondays.のことは知っていましたか?

Rei:失礼ながら知らなくて、この対談にあたって初めて聴かせてもらったんですけど、カッコいいと思いました。あと、モテそうだなって(笑)。

-ですよね(笑)。"イケメン揃いのバンド"というのが前に出ることについては、どう思われていますか?

悠:自分たちがイケメンかどうかは置いといて、そこに関しては、正直に言って損してる部分の方が多いです。"企画モノのボーイズ・バンドね"みたいな。デビューしたころは特に、音楽性よりヴィジュアルを推されたので。

秋気:曲もあまり聴いてもらえないまま、色モノ扱いされることも多くて、僕らはウェルカムなんですけど、バンド友達もあまりできなかったですし。

悠:それで、ちゃんと曲で勝負したいからヴィジュアルをあまり出さないようにしたりもしましたね。最近はそういう悩みもなくなりましたけど。

-Newspeakはまだ結成したばかりですが、ヴィジュアルが先行しすぎる問題に、これから直面する可能性はあると思うんです。

Yohey:いやいや、そんなことないですよ。いずれにせよ、僕ら全員写真写りが悪すぎるんで大丈夫です(笑)。ほんとひどいんですよ。

Steven:そういうことは、自分ではよくわからない。

-日本で活動するバンドに外国人がいることは珍しいから、Stevenのキャラクターにはおのずと注目が集まると思うんですけど、それを感じたことはないですか?

Rei:StevenはもはやStevenっていう人種だから。子猫のなかで子犬が育った、みたいな。

Steven:そうそう、そんな感じ(笑)。頑張ってます!

-子猫と子犬? 話を振ったのは私ですが、ちょっと意味がわからなくなってきたので(笑)、話を戻して、I Don't Like Mondays.とNewspeakがお互いシンパシーを感じる部分について、もう少し訊いていきたいです。

Rei:「On my way」(I Don't Like Mondays.の2017年リリースのEP『SUMMER』収録曲)のミュージック・ビデオを観たんですけど、近い部分があるなって。

悠:たしかに、「On my way」はそうかも。