Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WOMCADOLE

2018年04月号掲載

WOMCADOLE

メンバー:樋口 侑希(Vo/Gt) 古澤 徳之(Gt/Cho) 黒野 滉大(Ba) 安田 吉希(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-『アオキハルヘ』に収録されている「繭」は自分のリズムでないと歌えない曲だったとおっしゃっていたから、「馬鹿なくせして」をバンドでかたちにできたのは、かなり大きなことではないかと。

樋口:ほんま、すげぇでかいことです。「馬鹿なくせして」はずっとバンドでもやりたかったんです。あの曲はね、いろんな表情をするんで。弾き語りの「馬鹿なくせして」も「馬鹿なくせして」なんですけど、バンドでやる「馬鹿なくせして」もめっちゃ「馬鹿なくせして」なんですよ。この感覚、伝わりますかね? 「繭」はそうはいかなかったんですよ。「馬鹿なくせして」の「馬鹿なくせして」感がマジで「馬鹿なくせして」で、マジですごいんですよ!

安田:"ボボボーボ・ボーボボ"の"レーズンによるレーズンのためのレーズン"みたいになってるやん(笑)! 大丈夫か!? 言いたいことはわかるけど(笑)!

樋口:(笑)実際バンドでやってみたらめっちゃエモーショナル――ちゅうか、俺の俺の俺の部分を出せた感覚があって。もともと決まった尺がない曲で、俺の語りとニュアンスで毎回毎回変わるんです。

古澤:ライヴでも毎回毎回、樋口のタイミングを見て、各々がタイムを計って演奏してるんです。それが音源でバチッと決まったので......あれを録音するというのは不思議な感覚でしたね。

樋口:マジでこの曲は化けモンですからね。このアルバムのいっちゃん最後に持ってきたくて。「月」で始まって、いろんな冒険をして、最後に自分の部屋に戻ってきて「馬鹿なくせして」が流れる。「馬鹿なくせして」が一番、己に対して叫んでいる感覚が強くて。全国ツアーのタイトルが"己の心に吠えろよツアー"(4月より開催)になったのも、それが影響してるんです。このアルバムはどうしても"本当にごめんね"(※「馬鹿なくせして」の最後の樋口のアカペラ部分)で終わりたかった。それでまた「月」に戻ってくるときの感覚が、マジでヤバいんですよ。ほんまに。自分でも相当ビリビリきたんで。これはマジでヤバいなー......。

安田:ただの感想やん(笑)。

樋口:(笑)2周目やと「月」が全然違うものに聴こえる。そういうのも楽しんでもらえたらと思います。マジで化けモンっすわ。

-樋口さんは生きづらさを感じている人だとは思っていましたが、「馬鹿なくせして」を聴くといつも、樋口さんがどんな想いで生きていて、なぜ音楽をやっているのかが感覚的にわかるなと。

樋口:「馬鹿なくせして」の前に「21g」があるから、なおさらっすよね。歌詞の意味合い的にも「21g」で終わりそうなのに、とどめに「馬鹿なくせして」があるから。ね、いいっすよね。最高っすわ。

-「夜明け前に」と「雨上がり」という初期曲も昔とは違う解釈で表現できたでしょうし。

樋口:もう、全然ちゃいますね。作ったときとは全然自分の解釈も変わってるし、違う曲に聴こえると思います。「雨上がり」なんてそれこそほんま"あの子のことが好きや"って気持ちだけで書いてるのに、いまは全然違いますからね。曲の最後に語りを入れてるんですけど、そこにいま思っていることを言ったんで。あれ、ほぼアドリブで入れたものなんです。それがバシンと当てはまって。たぶん(好きな子への想いの)どっかが成仏したんすわ。

-では樋口さんは大人になれたのかしら。

古澤:いやー、まだっすね!

一同:あははは!

樋口:俺には貫禄が必要っすね。貫禄つけます! もっとズタボロになって、グワッ......てなります!

古澤:樋口は"経験を積んでいきます"と言っています(笑)。

-わかりました(笑)。これだけの1stフル・アルバムを作ったなら、いろんな発見があったと思いますし、次にやりたいことも見えているのでは。

安田:うん。間違いなくそれはありますね。アルバムを作ったことで経験値がすごくたまったから、次の曲を作るときには(それを)全部持ってこれると思うし、また新しいことにも挑戦できると思う。さらに良きものが作れるんやろうなと思ってわくわくしてます。

古澤:たしかに。フル・アルバムで踏み込むために、粗削りなところをかたちにしたりもして。そのうえでもう一歩前に進みたい。細かいところまで自分で確立して、それを音に残せたらなと思います。次がどうなるかはまだわからないですけど、曲はどんどんできていってるので、もっと踏み込んだ自分を作れたらなと思います。

黒野:いま作っている新曲も、ベースは挑戦的なプレイが増えそうで。新しいことができそうやなと思ってますね。

-樋口さんはいかがですか?

樋口:俺は......昔みたいな曲を作ろうとは思っていなくて。昔に戻る気もないし、戻りたくもないし。あんときにいちいち戻って作るんじゃなくて、生き行く道で、そのとき訪れる感情で音楽を作っていきたい。......よく言われるんすよ、"昔のWOMCADOLEじゃなくなったな"って。でもそんなん、年も食うし、いろんな経験もするし、人間なんやから当たり前じゃないですか。昔と似たような気持ちになったりしたらそういう曲ができるかもしれへんけど、18歳の自分に戻って作るのは絶対いややから。何も考えず、とにかく瞬間を残したいです。それは変わりたくないですね。