Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

セックスマシーン×ガガガSP

2018年03月号掲載

セックスマシーン×ガガガSP

セックスマシーン

Official Site

今年結成20周年を迎えたセックスマシーンが、新録ベスト・アルバム『バンド名変えたい』をリリースする。1998年、森田剛史を中心に、神戸の名門である灘高校の学園祭バンドとして結成。幾多の困難を乗り越えながら、セックスマシーンの看板を守り続けてきた20年。そんな20年をバンド結成時からの深い付き合いとなる同郷の先輩、コザック前田(ガガガSP)を迎えて振り返る。ふたりの出会いから現在まで、今だから話せる本音と無駄話が満載!

セックスマシーン:森田 剛史(Vo/Key)
ガガガSP:コザック前田(唄い手)
インタビュアー:フジジュン Photo by 上溝恭香

-結成20周年を記念したベスト盤『バンド名変えたい』完成です。

森田:はい、1998年に活動を開始して20年。1999年には前田さんに会うてましたよね?

前田:ガガガSPの結成が1997年、(初ライヴが)神戸ルミナリエの弾き語りやから、1998年12月にはもう会ってると思うよ。俺が19歳になりたてで、モーリー(森田)が17歳。もう、出会って20年やわ。

森田:メガ(マサヒデ)さんに会ったのが1998年8月くらいで。12月にメガさん主催で"クリスマス会をやる"言うて、みんなを集めて。よう考えたら"クリスマス会"って、そんなファンシーな響きの集まりにみんなよく集まったなと思うんですけど。

前田:あはは(笑)。まだ10代やし暇やから、みんな面白そうなことを嗅ぎつけて集まったんやろうな。葺合(※現在の神戸市中央区東部)に多目的ホールがあって、そこを借りて。

森田:みんなでアコースティック・ギター持って集まって、スリッパに履き替えて(笑)。"初めまして"言うて、曲を聴かせ合ったりしたんですよね。

-すごい健全な集まりですね(笑)。

前田:いや、やってることは昔からずっと健全なんですよ(笑)。それが最初の出会いやな。1999年の12月は"ガンジガラメ"やってたもんな?

森田:ガラス張りのおしゃれなカフェ・バーを借りてやった、オールナイトのハードコアイベントですね(笑)。そこで山本(聡/ガガガSP)君がデビューしてるんですよね?

前田:あと、当時は健全やったから、モーリーがウチに泊まりに来て、酒も飲まずに曲を作って。ひと晩で20曲くらい作ったよな?

森田:で、朝になったら1個も覚えてない(笑)。

前田:なんでテープ録っとかんかったんやろな(笑)? で、"モーリーっぽい曲できたで!"、"前田さんっぽい曲できましたよ"言うて聴かせ合ったりして。

森田:でも全然、嘘なんですよ。"僕は~~!"言うて、すごい言葉が詰まってて、"全然、俺っぽくないやん。前田節、出すぎやん!"って(笑)。

-セクマシ(セックスマシーン)とガガガSPがライヴハウスで共演するようになったのもそのころですか?

前田:1999年には全然やってましたね。ガガガ(ガガガSP)もセクマシも自主イベントをやるようになって、お互いを呼び合って。覚えてるのが、僕らが『ガガガSP登場』(2001年リリースの1stアルバム)を出した直後くらいに、STANCE PUNKSのTSURU(Vo)さんが面識もないのに僕の携帯に電話してきたんです。"STANCE PUNKSってバンドやってるTSURUです。何月何日に神戸行きたいんで、イベント組んでください。以上!"って、言いたいことだけ言うて電話切って。音源も聴いたことなかったんでどんなバンドかもわからんし、スタンスがパンクスや言うから、"ヤバいんちゃうか?"と思って。"おい、東京からパンク・バンドが来るぞ!"って慌ててみんなに声掛けて......。

森田:ファミレスでみんなで会議しましたね(笑)。

前田:そのころ、セクマシは"明日への活力"って自主企画のイベントをやったり、ウチは"志村けん"ってイベントやって、メガちゃんは"みんなが仲良くできるイベントやりたい"って言って"はいチーズ!"って伝説のイベントやって(笑)。モーリーが"明日への活力、略してアスカツなんです!"って熱く語ってて、爆笑した覚えあるわ。セックスマシーンってバンド名も、モーリーが最初に"セクマシ"って言い出した気がする。

森田:そうでしたっけ? モーリーってあだ名は、前田さんが言い出したんですよね。1年半くらい、まったく浸透しなかったですけど(笑)。

前田:いや、継続は力なりで、なんでも言い続けると浸透するんですよ。僕、みんなが呼んでるあだ名と違う呼び方をして、その人を覚えるっていうのを昔からやってて。メガちゃんもみんなが"メガ"って読んでたのに"氏"をつけて、"メガ氏"って呼び出したのも僕やし。モーリーのことも最初、"森田氏"って読んでたんやけど、みんなで"○○氏"って呼び合ってたら、"まんが道"みたいになってまうと思ってやめて(笑)。あと、たーじん(ガガガSPの田嶋悟士/Dr)に"一反もめん氏"ってあだ名付けたけど、それは浸透しなかったな。

森田:たーじんが肥えて、一反もめんじゃなくなっちゃいましたしね(笑)。あだ名を冒険していくみたいなのはありましたね?

前田:昔、モーリーが"明日への活力はアスカツ、セックスマシーンはセクマシって呼ばれるようになりたいんです。志村けんも「ら」だけ抜いて、しむけんって呼ばれてるんですから!"って熱弁してたの覚えてるわ。

森田:僕、そんな情熱を持って略称にこだわってました? 全然覚えてないです。僕は自然とそうなったんやと思ってました(笑)。でも、なんでも縮めるの流行ってましたよね? そのあとくらいにアニメでも"らき☆すた"とか、略称みたいなタイトルが増えたし。ガガガSPを"ガガスペ"って呼ぶ人もいましたよね?

前田:あれは勝手に客が言うてただけやけどな。俺のことを"コザマエ"って呼んでくる奴もおって、"無理矢理やな!"と思ったことはある(笑)。せやったら、トータス松本さんも"トタマツ"って呼ぶんか? みたいな。