Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

DOG MONSTER

2018年03月号掲載

DOG MONSTER

メンバー:chloe(Ba/Vo) gouache.(Gt) LiM(Dr) 先生(バンド・キャラクター)

インタビュアー:岡本 貴之

女子ベーシストとリード・ギターによるツイン・スラッピング、ハードなドラムに乗せた無機的なヴォーカルでジャンル不明な世界を構築している3ピース・バンド、DOG MONSTER。"3ヶ月連続無料ダウンロード配信シングル"企画を行い、1月に第1弾「がんじがらめシスターズ」を、2月に第2弾「YAMAZAKI」をリリースした彼らだが、その楽曲のテイストはまったく異なるものとなっている。今回、メンバーのchloe、gouache.、LiMに、バンド・キャラクターの"先生"にも加わっていただき(!?)メール・インタビューに答えてもらった。謎めいた彼らのパーソナリティを知ってもらえたら幸いだ。

-Skream!初登場ということで、プロフィールをおうかがいします。どんな成り立ちで結成されたバンドなのでしょうか。

gouache.:ツイン・スラップの音楽がやりたくて、chloeを筆頭に各シーンからメンバーを招集したプロジェクト・バンドです。

-"DOG MONSTER"というバンド名の由来を教えてください。

先生:初めは"犬の被り物"でバンドやろうと思ってたワン。製作費足りなかったワン。

-3人でどんな音楽を作ろうと話して始めたのでしょうか?

chloe:ジャンルレスな音楽に挑戦できる場所を作ろうと思って始めました。

-ミュージシャンとしてルーツになっているアーティストやものについて教えてください。

chloe:"ハリー・ポッター"です。

gouache.:Keziah Jonesです。

LiM:Aquiles Priesterです。

先生:JIBANYANワン。

-バンドの特徴であるギター、ベースがどちらもスラップ奏法で絡むというのは、かなり独創的だと思います。どういった発想で生まれたのでしょうか。

gouache.:スラップの音が好きなので両方やっちゃうとどうなるのかなって思ったのがきっかけです。

-グランプリを受賞した"インディーズバトル北陸2016"、韓国フェス・ツアー実施、"TAGO STUDIO TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2016""百万石音楽祭2016~ミリオンロックフェスティバル~"オープニング・アクト出演、神聖かまってちゃんワンマン・ライヴのオープニング・アクト出演を行った怒濤の1年目、マイペースな活動に重きを置いた2年目を経て、周囲の反響の変化など、どのように感じていらっしゃいますか?

LiM:(露出が減ったので)解散したと思われてる(笑)。

chloe:1年目が思ったより忙しくなっちゃったので2年目はしっかり音源制作をしたって感じです。

-3年目のバンド活動となる2018年の意気込みを聞かせてください。

gouache.:地盤も固まったので、音源リリースやライヴをガンガンやりたいと思います。