Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

あゆみくりかまき

2018年04月号掲載

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき

Official Site

メンバー:あゆみ(歌うたい) くりか(DJ) まき(盛り上げ役)

インタビュアー:沖 さやこ

ちゃんとあゆくまの色を出したかったし、そのうえで負けたくなかった


-みなさんが松隈さんのお作りになる曲がお好きなのをわかったうえでの質問なのですが、ライバル・グループのサウンド・プロデューサーさんの楽曲を歌うというのはどういう心境なのでしょう?

まき:あー......私はそんなに気にしてないですね。歌うグループが違えばそのグループの色が出てくると思うので、松隈さんの曲とはいえ、ちゃんとあゆくまの曲になっていると思います。だから全然別というか。

くりか:くりかもBiSさんやBiSHさんのライヴ映像やMVを観ていて素直に"かっこいい!"と思うから、松隈さんの曲を歌う機会をいただけたのは本当に嬉しいです。

あゆみ:(WACKのグループの楽曲を)よく聴いていたからこそ、歌い方が引っ張られそうになったんですけど......同じように歌って勝負するのではなく、ちゃんとあゆくまの色を出したかったし、そのうえで負けたくなかった。そういう気持ちはすごく強かったです。だからちょっとはライバル心みたいなものはあったかもしれないですね。

-5月4日にZepp Tokyoで開催されるあゆくま企画ライヴの"尊敬という名のGIG SP supported by uP!!!"はBiSとベイビーレイズJAPANをゲストに招いた3マン・イベントです。女性アイドルのライヴ・イベントは数あれど、女性アイドル主催ライヴに女性アイドルを呼ぶライヴはあまりないので、とてもいい企画だと思いました。あゆくまのようにロックを歌う女性アイドルは多いですが、他のグループはあゆくまにとってどういう存在なのでしょう?

まき:もちろんライバル心はありますね。でも、もともと私はベイビーレイズJAPANさんもBiSさんも大好きなんですよ。もちろんライバル心はあるんですけど、この前の香港ライヴ(3月10日、11日に開催された"@JAM×TALE in HongKong 2018")でベイビーレイズJAPANさんとご一緒して......すっごくかっこ良くて。めっちゃ刺激受けて帰ってきました。正直負けたくないなとも思いましたね。

くりか:負けたくない......という気持ちもあるけど、一緒に戦っていきたいという気持ちがあるかも。......あぁ、でも負けたくないっ(笑)。ベイビーレイズJAPANさんはこの前一緒のイベントに出たときに"お互いバッチバチにやっていきましょうね!"と声を掛けてくださって、その言葉がすごく嬉しくて。だからこそ同じアイドルとして、同じ仲間として本気でぶつかって、戦いたいです。

あゆみ:アイドルの主催ライヴにアイドルを呼ぶことで、あゆくまが他のグループのファンの方々の心を掴める可能性もあるけれど、他のグループにまたぎを取られてしまう可能性もあるなと思うんです。だから今回の企画ライヴは挑戦で。BiSさんもベイビーレイズJAPANさんも、近い存在だからこそ尊敬していて、憧れているんです。そういう方々と一緒にライヴをすることで、より自分たちの音楽に向き合えるし、ロックを歌うアイドルのレベルやスキルも上がる気がしていて。今回のGIG("尊敬という名のGIG SP")に関しては自分たちも"負けたくない"という気持ちが強いから、より自分たちの音楽について考える時間が増えて。5月4日はどうなるか、自分たちでもわかんないけど......それに向けていま準備をしています。

-なるほど、切磋琢磨できる仲間なんですね。先ほどおっしゃっていたように、あゆくまは3月には初の海外ライヴを行って、新しい刺激や発見も多かったでしょう。

あゆみ:ライヴは言葉が通じなくても伝わるんやなと思ったし、自分たちの音楽をより信じられる自信になりました。

まき:私は煽り担当なので、日本語が通じひんのかな? どうしたらいいんやろ......とかいろいろ考えたんですけど、あゆくまらしいライヴをすれば日本語であろうが英語であろうがちゃんとお客さんに伝わるんやなと思いました。盛り上げ役として成長する機会をいただけたなと思います。

くりか:香港のセトリを決めるときに「ナキムシヒーロー」(『あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!』収録曲)を入れたいなと思ったんです。でも、「ナキムシヒーロー」は、歌詞が伝わってこその楽曲やと思っているので、日本語圏以外で歌うのはどうなんやろ? という話もあったんです。でも実際歌ったらそんなん関係なくて、音楽は心と心で繋がることができんねんやな......とすごく感じたライヴでした。

まき:最初掲げていた目標が"東京ドームから世界進出!"だったので、海外に行くのはずっと夢だったんです。一歩踏み出せたので"よっしゃ!"って(笑)。

-今後のあゆくまなりの"大逆襲"にも期待しています。

あゆみ:今回のアルバムはいろんな人とタッグを組んで制作したので、歌うたいとしてどうしたらいいんやろ......あゆくまの色を出せへんかったらどうしよう......と体調を崩すくらいまでめちゃくちゃ悩んだんですよ(苦笑)。でも悩んで考えたからこそ成長できた部分が多かったんです。だからもっといろんな人とタッグを組んでいろんな音楽に挑戦していきたいなと思って。いつか全部新曲のアルバムを作りたいなぁ......(笑)。

くりか:くりかは武道館しか見えてへんところがあって、そこが一番でもあるんですけど――この前ラジオで洋楽のポップスが流れてきて"こういう曲調をあゆくまが歌ったらどうなるんやろ?"と思ったんです。今回いろんな曲調に挑戦して、いろんな人とタッグを組んだからこそ、心の中でそういうことを思う機会が増えて。これからもいろんな曲調に挑戦していきたいなと思います。

-くりかさんは楽曲に合わせてヴォーカルが変わるタイプだから、いろんな曲調に挑戦するといいかもしれませんね。まきさんは今後やっていきたいことなどありますか?

まき:私は......ふたりが言ったことももちろんなんですけど、もっとわがままにいきたいですね。あゆくまは結構真面目というか、王道なところに行っちゃうんです。でも、もっとわがままに冒険していきたいなと思うし、まだ具体的にどういうことがしたいかのイメージはできてないんですけど、もっといろんなことにチャレンジしていきたいなと思いますね。