Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

あゆみくりかまき

2018年04月号掲載

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき

Official Site

メンバー:あゆみ(歌うたい) くりか(DJ) まき(盛り上げ役)

インタビュアー:沖 さやこ

-「未来トレイル」は「泣き顔笑顔」を書かれた金子麻友美さんが作詞を担当していますが、金子さんはあゆくまの気持ちを細やかにしっかりと歌詞に落とし込む方だなと思います。

あゆみ:そうなんです。何回も(私たちの)ブログやTwitterを見てくださって、古いところまで遡ってくださってるらしいんです。「未来トレイル」も何回も書き直してくださったらしくて......私たちの気持ちがすごく詰まっているなと思います。

まき:この曲はEDM調の曲なので、自分の中に取り込むのに時間がかかって......めっちゃ難しくて"わからへん!"って泣いてしまって。でも金子さんから歌詞をいただいて、そのうえで改めて「未来トレイル」を聴いたらすんなり入ってきたんです。やっぱり音楽は曲と歌詞でひとつなんやな......と改めて思いました。

くりか:くりかは新曲の中で一番歌いやすかったかも。レコーディングもスムーズにいきましたね。それは感情移入しやすい歌詞のおかげでもあると思います。

-くりかさんとまきさんは歌うのがお得意な楽曲が真逆ですよね。

まき:たしかに。私は「Amagami Days」がめっちゃスムーズにいって。

くりか:くりかは「Amagami Days」のレコーディングがめっちゃ難しかったです(笑)。ライヴでも踊りながら歌うのがめっちゃ難しい!

-ははは(笑)。あゆくまはパフォーマンスもかなりダイナミックだからなおさらですよね。

まき:今回、「未来トレイル」以外の新曲は自分たちで(振りを)考えているんですけど、今回は自分でもすごいと思うくらい、曲を聴いただけで振りのアイディアがどんどんと溢れてきて! 入れたい振付をたくさん詰め込みました。

くりか:あゆくまは、楽曲も振付もライヴのことを一番に考えています。だから「Amagami Days」の振りも"こっちの方がまたぎはやりやすいやろな"と思ったらちょっと変えたりもして。常にそこは意識していますね。

-「残像フラッシュバック」は作詞が竜宮 寺育さん、作曲が松隈ケンタさんという、WACKでおなじみのSCRAMBLESによる楽曲です。

まき:私たちは松隈さんの曲が大好きで。BiSさん、BiSHさん、GANG PARADEさんとか普段からずっと聴いているくらい大好きなんです。松隈さんにはくりかまき時代に一度デモ曲を作ってもらったことがあるんですけど、実現には至らなくて。松隈さんはそれも覚えてくださっていたんです。今回、念願叶って松隈さんとタッグが組めて、3人ともすごく嬉しかったんです。

あゆみ:松隈さんの楽曲は、限りなく広がっていくような感覚があるんですよ。すごく狭い部屋で聴いていても、その部屋がすっごく広い場所に思えてくるくらい。閉所恐怖症なので、そういう曲がもともと好きなんです。あとは攻めてる感じ、尖ってる感じがサウンドに出ているところも好きですね。ただただ優しく広がっていくんじゃなくて、ザァッ! って感じがして(笑)。

くりか:くりかは、柴咲コウさんの「ラバソー ~lover soul~」という曲がずっと大好きで、昔のワンマン・ライヴでソロで歌ったこともあったし、カラオケでも歌っていたんです。その曲の作曲が松隈さんで――その時代から好きやったんやなって。

まき:私もずっとくぅちゃん(くりか)がカラオケで「ラバソー」(「ラバソー ~lover soul~」)を歌ってるのを聴いていて。松隈さんはどの時代でも歌い続けられる曲を生み出す才能の持ち主だなと思っています。いい歌が多い。とにかく名曲が多いです。私たちも「残像フラッシュバック」をずっと歌い続けていきたいです。

あゆみ:最初仮歌を貰ったときに乗っていた歌詞は、"柔軟剤の価値などないです"みたいな、言葉遊び的な歌詞が乗っていて......そういう歌詞に挑戦してみたい気持ちもありつつ、ここまで振り切ったことするんかな!? と思って(笑)。でも最終的にあゆくまらしい歌詞になって"こっちの方があゆくまの色を出せる!"と思いました。