Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SpecialThanks

2018年03月号掲載

SpecialThanks

メンバー:Misaki(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

"やらなきゃ"と意識しなくても続いてるのが曲作りだけだから、それが自分に向いてることなんだろうなと再確認した


-SpecialThanksはアルバムごとにガラッと音楽性を変えるタイプのバンドではないけれど、作品ごとにそのときのMisakiさんのモードが反映されていると思います。Misakiさんの"こうしたい"と思うものは、必ず前面に出ているというか。

嬉しい! ここ1年でロックしたいと思ったけど、ナチュラルなもの、オーガニックなものを生活に取り入れたいなと思って。もともとオーガニック系の食べ物とかは好きだったんですけど、もの作りとかにも興味が出たのはここ1年くらいなんですよね。『Anthem』リリース前くらいに、いろんなものに興味を持つようになっちゃったんです。いろんなことに手を出した1年で......。一番大きかったのは、綿の種を植えたことですね(笑)。

-綿の種?

綿を育てて、それを糸にして、機織りして、アコギのストラップを作りました(笑)。

-えー! すごい!!

ここ1年は、パン作りとかお洋服作りとか、自然農法で野菜を作っている人とか、もの作りをしている人にたくさん出会った時期で。みんな材料を買ってきて作るとかじゃなくて、材料を育てるところから始めていて――みんなゼロから作ってる、かっこ良すぎ! 私もやりたい! と思ってすぐに綿の種を植えました(笑)。だから『Anthem』のツアーの前にはすでに種を植えてたんです(笑)。

-そのときにはすでに次のモードだったんですね(笑)。

オクラみたいな花が咲いて、すごい! 生きてる! と思って。それまで植物を育てた経験がなかったので、めちゃくちゃ感動しました。綿の栽培以外にもいろんなことをやりました。でもいろいろやってみた結果、私がやるべきもの作りは曲作りだなと改めて思ったりもしたんですよね。私は曲を作る人、そのために生まれてきたんだなって。いろんなものに手を出したけど続かないものもあって、"やらなきゃ"と意識しなくても続いてるのが曲作りだけだし、常に続けていることだなと思って。きっとそれが自分に向いてることなんだろうなと再確認しました。

-壮大なことがテーマになった背景に、綿の栽培は影響しているかもしれませんね。

そうですね、自然のすごさみたいなものを身をもって感じたんだと思います。衣食住のおおもとを知ることで、本当にすごいなと感じました。ときめきアンテナを張っていたから"やってみたい!"と思えたんだろうなって。それまでは"面倒くさい"が先行しちゃうタイプだったんですけど、ひとまずやってみるようにしていますね。それで次に繋げるようにしています。そうすると無理だと思っていたことも、案外やれちゃったりするから。

-面倒だなと思って手を出さないよりも、いろんなことをしてみる方が結果的に自分を大事にすることに繋がると思います。

自分を大事に、がここ最近の一番のテーマですね。それは歌詞にも反映されていて、だから"光で満たして現在を映し出す"(「ハートライト」)と書けたんだろうし、「Simple Space」では最後に"心にはSimpleSpace"と書けたんだと思います。もともとこの曲はTVで都市伝説みたいなものを見て"うそー!"と思いながら面白おかしく書いてたんですけど、地球や宇宙についていろいろ考えていたら頭の中がごちゃごちゃになっていって(笑)。でも最終的には"人間が難しく考えているだけで、実際はもっとシンプルなんじゃないの?"と思ったので、それが歌詞になりました。"シンプルに生きよう"と思ったのは、そういうことも影響しているのかも。

-さっきおっしゃっていた"心の声を聞く"に繋がってくるわけですね。

ざわざわすることがなくなれば心の声に耳を澄ませやすくなるし、自分が何をしたいか、何を歌いたいかもよく聞こえるようになるんじゃないか......赤ちゃんみたいな気持ちかな(笑)。そうしたら"ハートライト"するんじゃないか、そしたら自分を愛せるようになるし、自分を愛することはみんなを愛することに繋がってくるし。みんながそういうふうに生きられたら世界が変わるなー......とわくわくしたんですよね。わくわくする歌詞を書きたくて。

-"わくわくする"というシンプルな気持ち。"ロック・スター"や壮大さにも繋がってきます。

わくわくってめちゃくちゃ大きなことですもんね。だからみんなのわくわくが見たい! みんなの頭の中を見てみたいです。

-自分の心の声に耳を傾けているけれど、独りよがりになっていかないのはそういうマインドが影響しているんでしょうね。聴く人と心を通わせる感覚というか。

そうそう! だから歌い甲斐があるんですよね。だからみんなにも自分の心の声を聞いてほしい。私は今年、そういうことが自然にできる1年にしたいなと思っているんですよね。ときめきアンテナから始まって、何年か経ってやっと"ときめきアンテナって心の声を聞くことなんだな"という発見があって。そういうことを続けていくといいエネルギーが高まってくると思うので、その状態で歌いたいです。みんなでいい流れに乗って、いい人生を送りたいですね。それぞれの人生の中でわくわくするものがスペサンのライヴだったり、私の歌だったらまじで幸せ! 心からそう思います。