Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SpecialThanks

2018年03月号掲載

SpecialThanks

メンバー:Misaki(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

前作のフル・アルバム『Anthem』から1年足らずで届けられたSpecialThanksの最新作『HEART LIGHT』は、爽快感のあるロックな楽曲が揃った5曲入りミニ・アルバム。それにはフロントマンであるMisakiの"ロック・スターになりたい"というふとしたひらめきと衝動が影響していた。楽曲は勢いのあるロックであり、歌われている内容のモチーフは太陽、愛、空、宇宙など壮大なものばかり。彼女はいったいいま何を見て、どんなことを感じているのだろうか?

-前作『Anthem』(2017年リリースの3rdフル・アルバム)はMisakiさんの心境の変化が反映された作品でしたが、リリース・ツアー(2017年5月~7月に開催した"SpecialThanks「Anthem」release tour")以降はいかがお過ごしでしたか?

7月にツアーが終わって、ちょっとまったりして。それからふと"ロックなアルバムが作りたいな"と思ったんです。9月くらいにそれをレーベルの古閑社長に宣言して......そのあとまた結構まったりしてました(笑)。なかなか(曲が)降ってこないなー......と思ってたら10月くらいに曲が一気にできたんです。

-そのときに生まれたのが『HEART LIGHT』なんですね。では"ロックなアルバムを作りたい"と思った理由は?

ふとしたときに"ロック・スターになりたいな"と思ったんです(笑)。"ステージに立っているんだったら、ロック・スターになれる可能性があるのかも。だったらロックな曲を書いてロック・スターになりたい!"って(笑)。

-ではMisakiさんが思うロック・スターとは?

無敵な感じ。音を1発出しただけでみんなの心をバンッ! と打てるくらいの......。

-そういうマインドはいままでありましたか?

思い起こせば中学生のときはあったかな。バンドを始めたてのころ。そのときの感覚に近いかなって思います。"好きなバンドのあの人たちみたいになりたい!"という純粋な気持ちというか。フル・アルバムを出してツアーをしてひと段落したタイミングだからそう思ったのかな......。こんなに早く次のアルバムを出すことも予定していなくて。本当に"ふと"だったんです。スペサン(SpecialThanks)は精神的に無理なく活動していきたくて(笑)。

-"精神的に無理なくロック・スターになりたい"ということは、ナチュラルなモードということですね。

そうですね。楽しくバンドやりたいし、揉めごとなく活動していきたい。ゆとりパンクですね(笑)!

-ゆとりパンク(笑)! 『HEART LIGHT』はおっしゃっていたように勢いがあって爽快感のあるロック・ナンバーが揃っていると思いました。曲が降りてくるのを待っていた時期はどんなモードだったのでしょう。

心穏やかにわくわくすることを探していった......という感じですね。音楽だけでなく、日常で心地よいことを探していった。以前のインタビュー(※2016年5月号掲載)で"ときめきアンテナ"の話をしたと思うんですけど、それプラス、余計なことも考えずシンプルな気持ちになろうとしていました。変なことを考えていると、雑念とかエゴとかが頭の中にいっぱい流れてくるじゃないですか。

-そうですね。

"あの人は私のことどう思っているんだろう"とか"あの人にいま連絡したら迷惑かな?"とかいろいろ考えちゃうけど、そうじゃなくてただただ"いま自分は何がしたいのか"に耳を傾けていって。どんな服を着たいのか、何を食べたいのか、何を聴きたいのか、どこに座りたいか......。その声の赴くままに生きていたら、生活が曲や歌詞を教えてくれるというか。シンプルになりました。"スペサンであんなことをやりたい、こんなことをやりたい"という気持ちが前回のフル・アルバム(『Anthem』)にはあったんですけど、それもどんどん削ぎ落とされていって(笑)。ロックやればいいや、ロックであればいい、ロックしたい! 楽しいことしたい、ただそれだけ!

-そういう意味でも10代のときと同じような気持ちであると。

同じような気持ちだけど、いまは昔よりも経験も感じたこともたくさんあるし、作る音楽はいまと昔では全然違うと思ったんですよね。結成当時と同じような気持ちで、いまのありのままの自分はどんなものを作るんだろう? というのも気になって......。だからできるだけ考えないようにもしました。気楽に、いい意味でテキトーに(笑)。音楽的な勉強というよりは心のままに、ですね。自分の心を吐き出すのではなく、自分の心を聞いて、拾って、音で再現するような作業でした。メンバーも私のやりたいことをやると言ってくれたので、スムーズに完成しました。ふたりとも私のことを考えてくれてるなと思います。言いたいことを抑えているのかもしれないけど(笑)。

-いやいや(笑)。いつもMisakiさんのことを支えてくれているメンバーですよね。前回のアルバムは試したいアイディアがたくさんあって、それをかたちにしていくという感じだったけれど、今回は現段階での自然体のMisakiさんが反映されている。今回は空を歌った曲が多く、中でも"太陽"は大きなキーワードになっていますよね。

穏やかな気持ちで過ごそうとしていたので、よく空を見ていたんですよね。太陽も暖かくて、すごく癒されるなー......最高だなぁ、暗いところとか人混みとかもう嫌だなぁと思っていて(笑)。住んでいる部屋の窓からすごくきれいに空が見えるんですよ。朝日が昇ってくるのも見えて。その部屋で作った曲たちだから、それがワードにたくさん出てきたのかも。「ハートライト」の"心の中にあるのは大きな太陽"というフレーズをきっかけに、一気に全曲できたんです。心に大きな太陽があればすごく温かい気持ちになるからいいなー......と思ったところから始まったんですよね。