Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Swimy

2018年01月号掲載

Swimy

メンバー:Takumi(Vo/Gt) 平成のまお(Vo/Ba) タイキロイド(Gt/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-このサウンドに戦いに挑む気持ちを鼓舞するような強い歌詞もよく合ってますね。

平成のまお:なかなか珍しいストレートな歌詞ですよね。"さぁ力尽きるまで"とか。

Takumi:自分がリスナー目線のときとアーティスト目線のときとで感性が違うなと思ったんですよ。作るときはストレートな言い回しはダサいなと思ったりするんですけど、リスナーとしていろいろなライヴを観に行ったときに、ベタなことをドストレートに言われた方が、"かっけぇ!"って思う。感動して涙が流れたりするんです。だから今回はかっこつけたがる自分を抑えて、まっすぐに背中を押す言葉を書きたくて。自分の中の少年の心を保ちながら書いた部分があるので、サウンドもヘヴィになりましたね。

タイキロイド:ボクハコノキョクガコンカイノシングルデイチバンスキデス。イママデイチバンギターヲハヤクヒイタキョクデスネ。ヤリタカッタコトガデキマシタ。

-さっきほかの人のライヴを観て刺激を受けたから書いたように言ってましたけど、私はまずこの曲を聴いて、Takumiさんがこういう泥臭い表現をしたことが新鮮だったんです。

Takumi:うんうん。

-で、いまSwimyはメンバーが脱退してしまったけど、それでもバンドを止めずに進んでいこうとしてる。だから、このタイミングで"始まりだ/奮い立て"っていうような曲を書くことで、自分のための再スタートの歌にしたかったんだろうなと思ったんですよ。

Takumi:たしかにそうかもしれないですね。

平成のまお:うん、曲を作ったのもちょうどそのときだもんね。

Takumi:僕、言い回しが結構捻くれてるので、いまそういう感じで曲を書いたら、すべてがネガティヴになっちゃうっていうのもあったんですよ。だからまっすぐに書くしかなかった。その方が自分のテンションも上げられるし、前に進める気がしたんです。

-まおさんはツイン・ヴォーカルとして、この曲とどう向き合いましたか?

平成のまお:難しかったですね。この曲はきれいに歌いすぎると似合わへんなっていうのがあって。自分で言うのもなんですけど、私、あんまりクセがない歌声じゃないですか(笑)。だから、私が掛け合いに入ると、一気に曲が軽くなってしまったんです。でも、私も勢いでぶつかっていく感じでやった方が、この曲にはハマるなっていうことに気づいて。そこからは楽しめるようになりましたね。

-Takumiさんが剥き出しの感情でぶつかった曲だからこそ、まおさんも自分を曝け出して歌う必要があったのかもしれないですね。

平成のまお:そうですね、偽れへんなっていうか。何かを取り繕おうとすると、一気にこの曲が軽いものになってしまう感じがしたので。責任感を感じる曲ですね。

-3曲目の「天使と悪魔の歌」は、昔からあった曲だそうですが。

平成のまお:3年ぐらい前の曲です。

Takumi:一度もCDでは出してない曲やから、ライヴでもほんまに数回やっただけなんですけど、お客さんの中には覚えてくれてる人がいて。"この曲をCDに入れてほしい"って言われてたんです。Swimyファンの中では印象の強い曲なんですよね。

-男女ツイン・ヴォーカルが絡んでいく感じとか、透明感のあるポップなサウンドとか、Swimyらしさが全開ですもんね。このタイミングで出そうと思った理由は?

Takumi:やっぱりこの3人で表現できる新しいものを生み出していかなあかんなとは思うんですけど、いままでのSwimyも大事にせなあかんし、そのうえで、新しいイメージを作ろうっていうことをこのシングルでは体現したかったんです。この曲があったから、「僕と魚の物語」とか「しゅるる」みたいな曲で振り切れたっていうのもあるんですよね。