Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ポタリ×リアクション ザ ブッタ

2018年01月号掲載

ポタリ×リアクション ザ ブッタ

リアクション ザ ブッタ

Official Site

ポタリ:鈴木 奈津美(Vo) 中西 詠美(Gt) 内田 愛子(Ba) 茄子川(Dr)
リアクション ザ ブッタ:佐々木 直人(Vo/Ba) 木田 健太郎(Gt/Cho) 大野 宏二朗(Dr)
インタビュアー:秦 理絵 Photo by ゆうばひかり

-わかりました。で、このアルバムを引っ提げた全国ツアー("ポタリing Tour 2018 ~走れポタリ!みんなとの友情を証明するっP~")が年明けから開催されます。

中西:ブッタとはポタリにとって大切な豊橋でツーマンですね。

大野:やったー!

内田:よろしくお願いします!

-やはり大切な場所でのツーマンはブッタのために空けておきたかった?

鈴木:"ここで誰とツーマンする?"って話し合って。

中西:同じ志を持ってる人だからこそ大事な場所に呼びたいんですよね。うちらの大事な豊橋のお客さんに観てもらったら、この2バンドでライヴをやる意味も、絶対にわかってもらえると思うので。根っこの部分にあるものが伝わる日になる気がします。

佐々木:俺たち、ツーマン自体は初めてだから楽しみですね。

木田:コラボとかする?

佐々木:やりたいね。何やる?

中西:ここで決めちゃう!?

内田:カバーをしてみるとか?

木田:(佐々木が)"君にはナイショ ナイショ♪"って歌う。

内田:そしたら宏二朗はダンサーで。

一同:あはははは!

-(笑)何をやるかは当日のお楽しみということで。そろそろ締めたいと思うんですけど、お互いの関係性をひと言で表すと、どんな言葉が合うと思いますか?

大野:仲良しっ!

鈴木:そうだね。間違いない。

木田:よく言ってたのは"戦友"ですね。

鈴木:ライバルとかね。どうしても人間だから相手の成功を素直に相手の喜べないときもあるんですけど、ブッタに対してはそういうことはない。本当にかっこいいバンドだから、"良かったね"って素直に思えるんですよ。

佐々木:あぁ、そうだね。ポタリがいい曲を作ったら、俺は嬉しいよ。

木田:この関係性はなんて言うんだろうね。

佐々木:ファミリーじゃない?

茄子川:兄弟っぽいよね。

佐々木:ブラザーとか......?

一同:あはははは(笑)。

内田:"ヘイ、ブラザー!"って感じ?

佐々木:いや、でも軽く聞こえるのは嫌だなぁ......。

中西:なんか、バンド名を決めるぐらい真剣なんだけど(笑)。

-この質問でこんなに悩んでくれるのも、ポタリとブッタに共通する真面目さですね。

内田:ガチすぎて、怖いよね(笑)。

佐々木:うーん......でも、やっぱり戦友がいいかな。

鈴木:よし、じゃあ、戦友で!

内田:そうだね。生ぬるい感じじゃない方がいいよね。