Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAKASHI

2018年01月号掲載

KAKASHI

メンバー:堀越 颯太(Vo/Gt) 齊藤 雅弘(Gt) 中屋敷 智裕(Ba/Cho) 関 佑介(Dr/Cho)

インタビュアー:沖 さやこ

-あと、歌詞には比較的"終わり"を匂わせる描写が多いのも特徴的かなと。

堀越:あー......そうでしたか(笑)!?

-"終わり"という言葉も多いですし、"さよなら"、"失くす"、"夕日"、"最後"、"手離す"などなど。夢を歌っていても、"終わり"や"限り"を示唆するものが影法師のようにつきまとっているような。

堀越:あっ、本当だ。辞めたいのかもしれない(笑)。俺、いつでもバンドを辞めたいんですよ。

-ええっ(笑)!? 念願の全国デビューなのに!

関:俺らも颯太からよく言われるんですよ。"いつ辞めてもいい"とか(笑)。

堀越:バンドだけやって生きているわけではないし、言ってしまえばバンドがなくても人生を楽しめる人間なんですよ。同級生が車を買って、家族を持ったり会社で出世していったり、休みの日に家族旅行に行ったりしているのを見ていると、このままでいいのかなと思ったりもするし。そういうところでも劣等感が生まれるんです(笑)。でもそんな人間がバンドを辞めていないというのは、自分においてバンドの優先順位が一番上だということだと思います。だから辞めたいけど辞められない。そういうのが自然と滲んできちゃうのかな......。言われて読み返してみると、ほんと"終わり"的な言葉が多いな(笑)。

齊藤:たぶん4人とも似たような感覚を持っているんですよね。バンドがないと生きていけないわけではなくて、バンド以外にも楽しいことを見つけられる4人というか。でも4人とも今一番楽しいのはバンドだし、一番やりたいこともバンドだから。

中屋敷:そうだね。颯太はこう言っているけど、俺らとしては"辞めないっしょ"と思ってますし。

齊藤:このなかで辞めるというメンバーがいるなら、そのときに考えればいいかなって。

堀越:うん。俺としては一生歌えてればいいかなと思っているところもあって。本当はこういうこと言うべきじゃないかもしれないけど(笑)、嘘を書くよりはいいかなと思うし。自分がいつ"辞めたい"と思うかわからないぶん、バンドを楽しめているところはありますね。

-その時々の自分のことを歌ってらっしゃるのには、そういう背景も影響しているんでしょうね。「このまま」はアルバムの中でもスケールの大きな曲になりましたが、誰に向けて歌ったものなのでしょう?

堀越:ライヴハウスが"物販終了です、清掃作業に入るので申し訳ございませんが退館してください"と言っても帰らないお客さんに向けて書いてます(笑)。

関:こんなに壮大な曲なのに(笑)。

-へぇー! 死生観が反映されているのかと思っていました(笑)。

堀越:自分の見解だけ押しつけると狭い範囲にしか響かないから、曲の受け取り方の間口は広くしておきたいんですよね。ライヴハウスの店員さんと目が合っているのにそれを無視してバンドマンと喋り続けるお客さんと、お客さんと話し続けるバンドマンに向けて歌っています。"ライヴハウスに迷惑を掛けるから今日は早く帰りなさい。まだバンドは続けていくからまた今度ライヴに来てね"ってことですね(笑)。それをめっちゃ優しく言っている曲です。

齊藤:仮タイトルは"帰れ"でした(笑)。僕はこの前までライヴハウスで働いていたので、ライヴハウス側の人間からしてみても清掃作業に入るタイミングには帰っていただきたいなと思うんです。帰りたくない気持ちはわかるんですけど、スタッフにも終電はあるから。

堀越:KAKASHIを観に来るお客さんだけでもそういうところまで気が回ってくれたらいいなーという願いが込められていますね。直接"帰れ"と言うのもマズいなと思ったので(笑)、この曲は特にいろんな受け取り方ができる書き方にしました。優しい言葉に寄り添うサウンドになったと思います。マサが結構ギターを工夫してくれて。

齊藤:アルバムの最後の曲になることがなんとなく決まっていたので、そういうイメージでフレーズや構成は作っていきましたね。曲のテーマも終演後だし、俺らがお客さんにできるのはライヴや音源で音楽を届けることだけだから、"俺らができるのはここまで。この先は自分の道を生きて、またライヴに来てね"という気持ちを込めました。

-5年越しの全国デビュー。これからKAKASHIがどういう道を歩んでいくのか楽しみですね。この強い劣等感はどうなっていくのか(笑)。

堀越:バンドで飯を食えるようになったら、初めて胸を張って"音楽やってます"と言えると思うんですよね。それまではこの劣等感は消えないんだろうなぁ(笑)。だから、今年はバンドを辞めないことが目標ですね。

中屋敷:それ最低限の目標じゃん(笑)。

堀越:(笑)バンドを辞める同世代も増えてきているし、その感覚がわかるからこそ、その最低限を大事にしたいよね。

齊藤:うん。結局やるしかないよね。頑張る。今年はやる!

関:そうだね。音楽的にも人間的にも、バンド全体でもっとかっこよくなりたい。漢でいたいですね。

中屋敷:これだけ仲間たちがたくさんいるなかで、秀でるものを見つけたいよね。自分にしかないものを持っているベーシストに憧れてきたので、僕らも唯一無二になりたいです。

齊藤:......頑張れ!(※中屋敷に向かって)

堀越:お前もだよ。ていうか俺ら全員がだよ(笑)! 唯一無二を目指して頑張っていきたいですね。