Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

バウンダリー

2018年01月号掲載

バウンダリー

バウンダリー

Official Site

メンバー:ゆき(Vo/Gt) ふうか(Ba/Cho) さくら(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-今回、新たに挑戦したことはありましたか?

さくら:ミニ・アルバム自体が初挑戦!

ゆき:そうやな、挑む気持ちで臨みました! それと、発売に向けて、ふうちゃんが痩せました。やっぱり気合が違うなということで。

ふうか:そこ~(笑)?

さくら:何キロ痩せたんや?

ふうか:5キロ。

-ゆきさんのギター・プレイもユニークで、聴きどころのひとつだと思います。「独り言」のワウや、「BABY」、「タイマー」のがっつりと弾いたソロのフレーズからギタリストとしては、洋楽のクラシック・ロックの影響を受けているのでは、と想像したのですが......。ギタリストとしてはどんなところから影響を受けているのでしょうか?

ゆき:ギタリストといえば、ロン毛の外国人というイメージ。気持ちよさそうに弾いている姿がカッコいいなと思います。適当にって言うたらあれやけど、硬くならずリラ~ックスして弾きたいなと思っています。

-レコーディングを振り返って、楽しかったことと大変だったことなど、印象に残っていることがありましたら教えてください。

ゆき:私は毎回、ふたりのコーラスを録っているときが好きなんです。自分のギターとヴォーカルを全部録り終えて、あとはふたりがワイワイ頑張っているのを見守るだけなので、完成間近のワクワクもあり、一番楽しい瞬間です。声だけで笑かしてきますし(笑)。

さくら:でもこっちは、真面目にやってます(笑)。

ふうか:大変だったことは......レコーディング初日に、ものすごい頭痛で。"わ~、なんちゅう始まりや!"と思ってたけど、さくちゃんが近くの薬局で薬を買って来てくれて、なんとか乗り越えました。

ゆき:2回目のレコーディングでは、今度はさくちゃんが体調不良じゃなかった?

さくら:うん。大変やったことは、体調面だけやな!

-「now」を完成させたいま、自分たちにとってどんな作品になったという手応えがありますか?

ゆき:バウンダリーの"今"を表現できたと思いますし、同じ"今"を生きている人に届けたい作品になりました。

ふうか:信じています。

さくら:アイビリ~ヴ。

-ところで、ジャケはなぜゴリラなのでしょうか?

ゆき:ゴリラのように、何にも負けず強気でいこうという強い想いが込められています。

ふうか:えっ! めっちゃ後づけやん......(笑)!

さくら:それいいやん、それでいこ。特に意味はないけど、気づいたらゴリラやったな。

-最後に2018年は、どんな1年にしたいと考えていますか? リリース後の活動予定は? そして、バウンダリーの目標、夢を聞かせてください。

さくら:すごい勢いで上っていきたいね!

ふうか:鮭の......。

さくら:木彫りみたいに。

ふうか:鮭の木彫り(笑)?

さくら:それ熊の木彫りか(笑)。

ふうか:あれやんな、鮭が川の流れに逆らって上っていくやつやんな!

さくら:逆風、逆波に負けず!

ゆき:リリース・ツアーで東京、名古屋! そして大阪に帰ってきます! まずはこのリリース・ツアーで大きく成長することが目標です! 鮭のように頑張りますので、よろしくお願いします!