Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN

2018年01月号掲載

SILENT SIREN

メンバー:すぅ(Vo/Gt) ゆかるん(Key) あいにゃん(Ba) ひなんちゅ(Dr)

インタビュアー:岡本 貴之

4人が命を削って作ったアルバムなので1曲1曲に魂が宿ってます


-では改めて、それぞれ自分にとってどんなアルバムになったかを教えてください。

あいにゃん:シングルも大事ですけど、アルバムでは1枚で私たちがこういうバンドだっていうことを伝えたいというか。全曲妥協したくなかったし、ツアーの開始と共に始まりツアーが終わると同時に終わるっていう、ライヴしながらの制作だったこともあって、"GIRLS POWER"っていうタイトルにピッタリな私たちの底力がふんだんに入っているので、達成感が尋常じゃないですね。早くみんなに1曲1曲を聴いてもらいたいですね。3月からのツアー(LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears"TOUR~)はライヴハウスが多いんですけど、今回のアルバムの曲はライヴハウスにピッタリだと思います。"GIRLS POWER"だけど、"女の子なの?"っていうくらいのパワーをライヴでも見せられたらなって思います。

ひなんちゅ:このアルバムは2017年の集大成だなって思います。1曲1曲にすごく力を込めて作ったので、これが届くんだって思うと、感慨深いです。メンバーがバラバラになってたら絶対できなかったと思うし、"みんなで頑張ろう!"じゃなくて、一体感を作らざるを得ない状況だったというか。そこが女子らしくなくていいなって思います。"(かわいらしく)みんなで頑張ろう!"みたいな時代は終わりました(笑)。大人になったなって思います。

ゆかるん:2017年はレーベルを移籍して、制作スタイルが変わったり日本でのツアーも海外のツアーもあったりして、たくさんの経験をするなかで、各々が精神面でも技術面でも成長した年だったので、その成長を全部詰め込めたアルバムになったと思います。ひと皮剥けたサイサイというか。でも、サイサイらしさも詰まってるし、サイサイにしかできない音楽が詰まっているので、本当にたくさんの人に聴いてほしいです。

すぅ:4人が命を削って作ったアルバムなので1曲1曲に魂が宿っているし、これからライヴでも育っていく曲たちだと思うので、このアルバムを引っ提げたライヴハウス・ツアーも楽しみですし、今からめちゃめちゃ気合が入ってます。基本的にライヴハウスで育ってるのでライヴハウスが好きだし、恩返しになるんじゃないかなっていう気持ちもあるんですよ。ライヴハウスの距離でアルバムに収録されている曲たちを演奏できるっていうことはすごく意味があることだと思うので、思いっきり本気でツアーに臨みたいと思います。

-今回は記念すべき2018年第1号のSkream!の表紙ということもあるので、今年の抱負をお願いします!

すぅ:2018年は最高な年です! もう決まってるので。毎日が最高すぎるっていう。忙しさをポジティヴに捉えられる年にしたいです。忙しさとバンド活動が比例する年にしたいですね。音楽っていうのはただ音楽と向き合っているだけじゃ生み出せないと思うので、各々がいろんなことを見て感じてそれをステージで思いっきり爆発させることができるような年になればいいなって。音楽を中心にいろいろやりたいです。

-罰ゲーム(※武道館2日目のサイサイ・コーナーで決まった"巨大ワニとの対決")も?

すぅ&あいにゃん:忘れてた!

すぅ:でもたぶん罰ゲームも、やったらやったで結局"やって良かった"ってなってると思う(笑)。

ゆかるん:2017年が新たなスタートの年だったので、2018年はそこで吸収したものをちゃんとアウトプットできる年にしたいです。ライヴも、北海道だけでも函館、札幌、帯広とかいろんなところに行けるし、今まで観たくても遠くて行けなかったっていう人にもより観てもらいやすくなってるし、学割もあるので、2018年は今までサイサイを観たことがなかった人たちにより広く聴いてもらえる活動を楽しくしていきたいなって思います。

ひなんちゅ:個人的な話ですけど、2018年は予定を入れすぎないようにしようと思います、公私ともに。私は分刻みでスケジュールを入れる人間なので。休みがあると朝から晩まで予定を入れちゃうんですよ。そういう性格で、それが好きなんですけど。

すぅ:"動いてないと死ぬっ!"って言ってるもんね(笑)。

ひなんちゅ:(笑)そういう感じなんですけど、2018年はちょっと"あぁ、今日なんもないわ"っていう感じの人になろうと思います。"ゆとりを持つ"っていうことですね。

あいにゃん:私は、2018年を"生み出す年"にしたいと思います。2017年はいろんなことがありすぎて目まぐるしかったので。でもそのぶん、すごくいろんな機会を与えていただいて、個人的には作詞提供もさせていただいて(※5人組アイドル・グループ"ロッカジャポニカ"の、あいにゃんの実妹である内山あみがセンターを務めた「ASTRO GIRL」)。そういう、何かを生み出す経験が多かったので、2018年もこの勢いを止めずにいきたいです。ライヴでも演奏でどんどんみんなに伝えていきたいし、"できないことはないな"って思ったし、"なんでもやる"っていうスタイルでパワーアップして、いろいろ生み出す年にしたいと思います。