Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FERN PLANET

2018年01月号掲載

FERN PLANET

メンバー:SERINA(Vo/Gt) 山口メイ子(Ba/Cho) ミズグチハルキ(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-まとめると"人間的な成長が作品に反映されている"という実感と"この3人だからこそできた作品だ"という手応えがどうやら共通しているようですが、まさにこの3人でバンドを続けていくことに対する意思表明のような作品だなと思いまして。

ミズグチ:そうですね。でも、そう感じてもらってることに驚きを感じました。意識してそうしたわけではなかったので。

-あ、そうなんですね? それは意外でした。

SERINA:テーマに沿って作っていったというよりも、作ってからいろいろ話をしているうちに一貫したテーマがあることに気づいたっていう感じだったんですよ。たぶんバンドとしてのテーマがそうだったんだと思います。

-プレイヤーとしては特にどういうところに気を遣いましたか?

ミズグチ:さっきメイ(山口)も言ってたようにRick Rackのころからの曲も結構あったので、これまでのバンドの話を(ふたりに)聞いたりしながら、(曲が)作られた当時に表現したかったことをまず汲み取ることから始めて。そうやって客観視しつつ、そこに"自分はこういう形でドラマーとして参加したい"っていう意志を落とし込み、さらにRick Rackから続いているこのバンドの良さをなるべく引き出したいという気持ちもあったので、結構苦労しましたね。

-すごく大変そうですね。

山口:うちも同じ感じで途中から(バンドに)入ってくる経験をしてるので、その大変さはよくわかります。

-山口さんは加入当時、どういう感じだったんですか?

山口:"こうしたい"っていう気持ちはあっても、それを表現するためにどうしたらいいのかがわからなかったんですよ。なので、音源を聴いて"あ~そういう感じですか"って思って、そのとおりにやる、みたいな感じでした。でも(Rick Rackが解散して)SERINAとふたりになったときに"あ、うちが考えなアカンねんや"って思って、そこから変わりましたね。それから自分の意見の出し方とかも変わっていって、それがベースの表現にも繋がっていって、ステージ上での表現の仕方も変わっていって。

-そうしていくうちに、自分の表現したいことを実現させるための手段を自発的に考えられるようになっていったのでしょうか。

山口:そうですね。例えば今回だったら、曲ごとに感情がすごく違うので、それをベースの音でもっと表現したいなという気持ちがあって。それでアンプ・ヘッドを1曲ずつ替えたりしてますね。


ギターが弾けても、曲が作れても、歌が歌えても、どこまでいってもやっぱりポンコツなんですよ


-わかりました。では、SERINAさんには歌詞の中で気になったことがふたつあるのでそれについてうかがいたくて。まずひとつ目は、天体にまつわる言葉が多いこと。

SERINA:天体に関してはまず、アルバム・タイトルの話からしたくて。"stardustbox"って直訳すると"星屑の箱"っていう意味になるんですけど、"星の箱"にしちゃった方がきれいだし、ホンマにキラキラした星だけが入ってる箱をイメージすることができるじゃないですか。でも、私が作る歌詞はマイナスな感情から始まってるものが多いし、普段考えてること、表現したいことっていうのは、そんなにきらびやかなものばかりじゃなくって。やっぱり、人間の心の闇とか弱さを表現したい。でも絶望に浸らず、聴いてくれた人にはちょっとでもいいから希望を持ってほしい――という部分を表現するのに、天体が一番やりやすかったっていうのがまずありますね。

-なるほど。だからSERINAさんの書く歌詞は最後に必ず光へ向かっていくんですね。そしてもうひとつ気になったのが、とはいえ自分がピカピカ光ってるのではなく"誰かに光らせてもらってる"ような意識があるんじゃないかっていうことで。「劣等星」には特にその部分がわかりやすく表れてますけど。

SERINA:それはきっと私の人間性の話になるんですけど、私、ひとりじゃ生きられないなっていうふうに常に思ってて。やっぱりメンバーや、周りのいろいろな人に支えてもらって、やっとちゃんと生きられてるなっていうことを日々すごく実感してるんです。

-でも第一印象がクール・ビューティーっぽいというか、自立した女性というイメージがありました。

SERINA:いや、ホントダメなんですよ(笑)。"もっとクールな感じだと思ってた"とかよく言われるんですけど、もう全然喋られへんし、不器用で何もできひんし、すぐ泣くし、ホンマにポンコツなんですよ。ね?

山口:はい(笑)。