Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年12月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-メンバー間の容赦ないいじり合いや仲のいい感じもSHE'Sの良さですね(笑)。『Wandering』はSHE'Sの始まりの曲である「The World Lost You」、ホーンとストリングスが豊かな「Home」の2曲で締めくくられます。

井上:"放浪"やから時系列的に過去からスタートして現在に繋がるのもありかなと思っていたので、「The World Lost You」は1曲目か2曲目にする案もあったんですよ。でも新しい景色からスタートして"放浪"のひとつとしてSHE'Sの芯になる部分を経て最後に大事な場所に帰ってくるという流れにしました。これで良かったと思っていますね。

広瀬:「The World Lost You」は、アレンジは結構昔のまんまで、細かいフレーズをちょこちょこ直したくらいで。

服部:あんまり変わってへんけど間違いなく昔より良くなってるって感じやな。

井上:そうやな。「Home」は今回一番やりたかったことができたので、良かったですね。トランペットも弦もデモの段階である程度作っちゃってたんですけど、プレイヤーがあまりにも偉大な人たちなので、"一応作っているけれどご自由にアレンジをしてください"とお願いをしてあの形になりました。デモで入れたフルートやピッコロの部分は、山本拓夫さん(サックス/フルート奏者)がティン・ホイッスルというアイルランドの民族楽器を使ってくれて、より郷愁感が出て良かったですね。楽しかった。

服部:楽しかったな。アレンジも自然と出てきて。

広瀬:俺は難しかったかな。上モノがだいぶゴージャスでチェロもおるという状況で、そこに割り込むのもなかなか空気読まれん感じになるので(笑)、割り込まへん感じでいかにボトム感を出すか......というところを考えました。

木村:僕もこの曲は"このスケール感でどうしたらいいのかな?"と苦戦しました。普通のリズムでやっても温度差が生まれるし。でも竜馬に大きなフレーズで土台をしっかり作るというイメージがあったので、ふたりで話して"じゃあスネアを1個抜いてみよか"と決めていきました。その甲斐あって、しっかりした土台を作れたんじゃないかと思います。

-そのゴージャス感で"Home"というパーソナルな空間を彩るところもドラマチックだなと思いました。

井上:"Home"とは言っているけれど"帰ってくる場所"の象徴としてその言葉を使って。聴いてくれるみんなにとっての居場所は、必ずしも家であるとは限らないと思うんですよ。そういう子たちにはライヴハウスや音楽のある場所に帰っておいで、と言える歌でありたいなと思ったんですよね。それがSHE'Sの帰ってくる場所でもあります。自分の帰る場所ってどこなんやろ、と考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。

-2017年は上京して、アルバムを3枚リリースと、いままでで最も音楽的に充実した年になったのではないでしょうか。

井上:"俺こんなに曲書けんねや~"と思いました(笑)。この1年で自信がついた。メジャー・デビュー1年目もいろんな初めての経験ができたので成長の年でもあったけれど、2年目でいっぱい曲書いてレコーディングして、ライヴもいつもどおりできて――あと、ちゃんとライヴを一緒に回るチームが固まったというのも大きかったですね。バンドの地力もついた1年やなと思います。

服部:成長の1年でしたね。ステージ上でのパフォーマンスも定まってきた。もちろんいままでも自分の中でイメージはあったんですけど、さらにそれを突き抜けたことができるようになりましたし、レコーディングなどの面でも自分に自信がつきました。

広瀬:今年はライヴにおいてもレコーディングにおいても自分の良さがわかったし、足りない部分もめちゃくちゃわかったんです。足りない部分を補って自分のいい部分にしたいと思っているので、来年がすごく楽しみですね。

木村:上京したのは僕らにとっていちばん大きなターニング・ポイントやと思うんです。東京に来て動きやすさも感じるし、片寄さんと毎回スタジオで話し合って制作できたのもこっちに来れたからやと思うし、スタッフとの話し合いも増えて距離も近くなったと思うんです。そういう環境が自分を成長させてくれたと思います。......すごい成長期です!

服部:あはははは(笑)!

井上:"すごい成長期"って何それ(笑)!! 25歳やねんからしっかりしぃや? 子供か!

広瀬:えげつないほどアホ丸出しやんか(笑)。

木村:バンドとしてすごく伸びた、成長できた1年やった、と言いたかった(笑)。

広瀬:そうか、わかった。SHE'S、すごい成長期です(笑)!