Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE DIDITITS

2017年10月号掲載

THE DIDITITS

メンバー:HAYASHI(Vo/Gt)

インタビュアー:高橋 美穂

甘さ、気だるさ、苛立ち、ときめき......ありふれた僕らの日常と地続きの感情をかき鳴らし、世界中に共鳴を起こした90年代オルタナ・バンド。その余韻を現代にアップデートしてくれるバンドこそ、THE DIDITITSだ。彼らは2015年、HAYASHI(PENPALS)を中心に結成し、このたび2ndアルバム『REFUSE』をリリースする。自ら"意識低い系"と名乗りながら、積極的にライヴとリリースを展開し、次々にグッとくる楽曲を生み出すバンドの真意とは? Skream!初登場となったこのタイミングで、HAYASHIと語り合った。

-"意識低い系"と名乗ってらっしゃるのに、もう2ndアルバムで嬉しいです(笑)。

プライベート・スタジオを作っちゃったから、録らなきゃもったいないの(笑)。

-(笑)でも、曲がないと録れないし、メンバーの都合がつかないと録れないし。

曲は、アルバムのこととか考えないで作っているし、ストックはずっとあるんだけど、メンバーはね、ベースのKENJI(GEORGE/Ba/Vo)が長崎在住なんですよ。東京に来るのはライヴするときなので、その前後にはレコーディングを入れる流れができていて。だから、作品のコンセプトがどうとかより、録れるときに録っちゃおうという考えだったんです。他のメンバーも別のバンドをやっているから、忙しいので。

-逆に多作になっていますよね。曲は日々できているんですか?

毎日毎日書いているわけじゃないけど、CDを聴きながらとか、YouTubeを見ながらギター弾くことってよくあって、そういうときにいいフレーズが浮かんだらiPhoneに録音して、ある程度溜まったら自分内オーディションをして(笑)。そういうことをやっていれば、常に20曲近くのストックはありますね。

-そのオーディションで曲を絞っていくなかで、今作のコンセプトは見えてきましたか?

1枚目はデモの延長だったし、去年の10月に出した1st EP(『TEENAGE PUNK LOVE』)は、1年やってきたライヴのテンション感を盤にしようと思って作ったの。で、その作業がひと段落したから、アルバム単位でオルタナ感をパッケージしようと思って。

-そうやって段階を踏んできてはいるけれど、紙資料にまでありますが"意識が低い"というところは不変なんですね(笑)。

これはバンドのテーマですね(笑)。だって、こないだまでステージ上手(かみて)に(体重)100キロオーバーがふたりいたんだよ! 日本人じゃまずありえないでしょ。PIXIESみたい。

-わかりやすいです(笑)。でも、こういうバンドがいてもいいんじゃない? っていう提言の意味合いもあるんじゃないですか?

そうだね。今の若いバンドは、いい曲を書くし、熱いライヴもするけど、ルーツが見えないバンドが多くて。"これがカッコいい"と言われているフォーマットを目指しているからなのかなっていう気がしていて。それに対しての、俺らなりの......これは俺だけじゃなく、バンドメンバー全員に共通して言えることだけど、オルタナとかロックってそういうものだけじゃないんじゃないの? っていうのは出していきたいですね。あとDINOSAUR JR.やSUPERCHUNK、PAVEMENTとか、若い子も好きなのかもしれないけど、あれを日本でやってもウケないよね、って思っているのかもしれないなって。もっとシュッとしてないと、って。でも、部屋着でギター抱えてライヴハウス来て、そのままライヴやってもいいんじゃないですかねっていうのもあるかな。

-もっと自然な形でバンドを続けている大人たちの姿を見せる、っていうか。

そうそう。まぁ、メンバーは若いから、もしかしたら俺に付き合ってくれてるのかもしれないけど、多分大丈夫じゃないかな(笑)?

-みんな年下なんですよね。

そうだよ。前回のツアーまでサポートしてくれていたTossy(ランランランズの片岡 "Tossy"俊彦/Vo/Gt)は中学のときにPENPALSのコピーをやっていた世代だし、さらにSAORI(Dr)はLOST IN TIMEをコピーしていた世代で、こないだLOST IN TIMEの海北(大輔/Vo/Ba/Pf)くんがやっているmoke(s)と対バンして喜んでいました(笑)。

-3世代いるっていう(笑)。でも、だからこそ説得力ありますよね。自分たちの世代だけの独りよがりじゃないっていう。

そうだね。俺もKENJIがやっているBlieANとかも好きだし。年下だけど、プレイヤーやソングライターとしての信頼感もあるから。