Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

カミツキ

2017年10月号掲載

カミツキ

メンバー:MiZUKi(Vo) キャシー(Ba) SHU→TA(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-前作のときは"歌を立てることに徹した"とおっしゃってましたね。

キャシー:はい。あくまでも引き立て役に徹していましたけど、今回は、ベースがガンガン前に出ているところも聴いてもらいたいです。あと、前作よりも明るいところと暗いところの落差が激しくなっているので、そこをベースでも表現できたらと考えながら作っていきました。

SHU→TA:かなり骨太な作品になったと思います。

キャシー:曲によってキャラクターが全然違いますしね。

SHU→TA:前作で、これでいいんだって思えたところは、今回、迷わずにやれましたね。

-MiZUKiさんのヴォーカルも今回、高いところから低いところまでかなり幅広い音域で歌っていますね。

MiZUKi:前作も音域が広かったんですけど、今回はさらに(笑)。レコーディングでもちょっと苦労しました。表現したいことはわかっているんですけど、今までやってきたことよりも難しかったんですよ。

キャシー:歌入れ大変そうだったもんね。

-特に気に入っている曲は?

キャシー:俺、ふたつで迷っているんですけど――

-2曲挙げていただいてもかまいませんよ。

キャシー:じゃあ、「SKYWALK」と「KAZOEUTA」。「SKYWALK」はさっき言ったように自分でも弾いていて楽しいし、「KAZOEUTA」は純粋に曲が好きなんです。何回でも聴きたくなります。

MiZUKi:被っちゃうんですけど、私も「KAZOEUTA」です。ライヴで何回かやっているんですけど、歌っていても気持ちがすごく入るんですよ。

-「KAZOEUTA」は難しそうですね。

MiZUKi:難しいです(笑)。ライヴでやって楽しいのは、「SKYWALK」ですね。

SHU→TA:僕は好きな曲は「アグリーサイコパス」。一番バンドっぽい。骨太なサウンドで結構リズムもいろいろ面白いことをやっていて、それがキマるとかっこいい。ドラム的には「KAZOEUTA」。あまり気づいてもらえないんですけど、ドラムもすごく難しいんです(笑)。フレーズ的に難しいことをやっているわけではないんですけど、変拍子を多用しているんですよ。ふわっと聴いているとわからないかもしれないけど、その裏でリズムの拍子を変えている。なんで、そんなアレンジにしちゃったのかなって(笑)。

キャシー:歌に合わせにいったらそうなっちゃったんだよね。

SHU→TA:そうなっちゃったんですけど、最初きついなって思いました(笑)。練習を一番したという意味で思い入れもあります。気づいてもらえないんですけど、「KAZOEUTA」ではわりと頑張っているってことを、ここで言っておきたいです(笑)。

-前作は「Fair Wind」という明るい曲を最後に持ってきて、開けるようなイメージで終わりましたけど、今回はバラードの「Cold Rain」で締めくくっていますね。

MiZUKi:最後、ここからどうする!? ってところで終わるというイメージなんです。

-じゃあ、そのあとのストーリーも考えているわけですね?

MiZUKi:ここで一度、沈んだまま終わっているので、この先もぜひ描きたいですね。

-どんな作品になったと感じていますか?

MiZUKi:つらいことがあっても前に進むんだよっていうメッセージが感じられる作品になったと思います。

キャシー:新しいことにチャレンジしていて、全曲通して、聴いていて面白いとか楽しいとかって思ってもらえる要素がいろいろなところに散りばめられていると思います。

SHU→TA:感情的なんだけど、クールな作品になりました。

-リリース後はどんな活動をしていこうと考えていますか?

SHU→TA:10月28日の新宿club SCIENCEでのレコ発を皮切りにツアーをやります。昨年もやらせてもらったんですけど、"Halloween Night"という形で、パーティのノリで楽しくツアーをスタートできればなと思っています。来年の3月3日のファイナルまでガツガツと回る予定です。前回行ったところはもちろん、行けなかったところや、来て下さいって言ってもらったところなど、ガツガツと回って、前回よりもちょっと多めに各地に足を伸ばす予定です。