Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

YAJICO GIRL

2017年09月号掲載

YAJICO GIRL

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:四方 颯人(Vo)

インタビュアー:秦 理絵

-曲作りの方法はどういうパターンが多いですが?

僕がもとを作ってメンバーでアレンジを固めることが多いです。今回は僕がコード進行と歌を作って、武志とふたりである程度の方向性を先に決めました。それをデモにしてメンバーで細かいアレンジを決めていきました。

-今作は初めての全国流通盤ということですが、レコーディングのやり方は変わりましたか? また苦労したところ、それを乗り越えたきっかけがあれば教えてください。

僕がコードについてある程度理解できるようになったので、ちゃんとコード進行を紙に書いたうえで、曲作りもレコーディングも進めました。いままではコードがどうなってるのかがわからない曲も多々あったので(笑)。自分が担当する楽器以外の知識不足や、それを使ったアレンジには苦労しましたが、エンジニアの小泉さんがいろいろなアイディアを出してくださる方だったのでやりやすかったです。

-リード曲の「サラバ」は、YAJICO GIRLが歌を歌うべき理由と、これから先も歌い続けたいことが凝縮されたように感じました。この曲にはどんな想いを込めましたか?

"青春が終わってしまっても、大事な記憶を忘れずにいれば、もっと前に進めるだろう"という想いを込めてサビの歌詞を書きました。これは初めて自分のために書いた曲なんですけど、改めて聴いてみると、誰でも共感できる普遍性があって良いと思いました。本当はリード曲を「光る予感」にしようと思っていたのですが、「サラバ」の方がスタッフからの評判が良かったので変えました(笑)。

-「光る予感」や「ロマンとロマンス」ではメロディアスなギター・ソロが印象的でした。YAJICO GIRLには、吉見さんと榎本さんというふたりのギタリストがいますが、それぞれの役割分担や得意分野などはありますか?

明確な役割分担はないですが、榎本はロックっぽいフレーズが得意で、吉見はどっちかと言うとシティっぽいフレーズが得意だと思います。具体的に言うと、「黒い海」のリード・ギターは榎本で、「ロマンとロマンス」のリード・ギターは吉見です。でも、基本的にふたりともマルチ・プレイヤーだと思います。

-「PARK LIGHT」は古谷さんが叩く軽やかなドラムのリズムがリードして、メロディも弾むような感じが心地よい陽性のロックンロールです。古谷さんはYAJICO GIRLの音楽に何をもたらしてくれるドラマーですか?

古谷は、アレンジのときに"こういうアレンジのパターンは他でもよくあるよなぁ"とか、"はいはい、そういうやつね"ってわかりやすくなりすぎたときに、スパイス的な要素を入れてくれたり、他にはあまりないアイディアを提案してくれます。感性が独特すぎて、よくわからないことも多々ありますが......(笑)。

-武志さんはメロディやギターの美しいフレーズを引き立てる縁の下の力持ち的な存在だと感じました。どんなベース・プレイヤーですか?

シンプル且つキャッチーで、ヴォーカルのメロディをうまく装飾できるように心掛けて弾いてくれていると思います。

-ラスト・ナンバーとして収録されている「黒い海」は、途中で深い海に沈み込んでいくようなサウンドの展開が印象的でした。この曲では何を描きたいと思いましたか?

何が待ってるかわからない場所に立ち向かうときの空気感を出したいなと思いました。例えば、ゲームでラスボスと戦う前の静けさのような。あと、自分の中にあるロック・バンドのかっこよさを表現したくて、WEEZERやRADIOHEAD、くるりのオマージュを入れたりしました。

-今作は「光る予感」という不確かな"予感"から始まり、「PARK LIGHT」では"今光れよ"、ラスト・ソングの「黒い海」でも"僕の奥に微かな色/光と夢と理想"とあるように、"光"を探すような作品だと思いました。四方さんにとって、光とは何ですか? どうすれば手にすることができると思いますか?

曖昧ですが、何かポジティヴなもの、落ち着くもの、幸せになるものとして"光"という言葉を使ってます。それは人によって違うだろうし、ヤジコにとってはやっぱり自分たちの音楽が受け入れられることが光になるだろうなと思います。どうすれば手に入れられるかはまだわからないですね。

-最後に『沈百景』を作り終えた手応えと、今作を完成させたことで見えてきたバンドの展望があれば教えてください。

まだまだ満足はできてないんですけど、着実にレベルアップしてるなという実感が持てる作品になったと思います。今作はいい意味でも悪い意味でも、多くの人に聴いてもらいたいという気持ちが強く働いて作った作品だったので、次はもっと自分の気持ちに寄り添った作品を作ってみたいなと思いました。