Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAKASHI

2017年09月号掲載

KAKASHI

メンバー:堀越 颯太(Vo/Gt) 齊藤 雅弘(Gt) 中屋敷 智裕(Ba/Cho) 関 佑介(Dr/Cho)

インタビュアー:高橋 美穂 編集:松井 恵梨菜/稲垣 遥

-ざっくり言うと、暗そうで暗くないバンドですよね(笑)。

堀越:根がみんな暗くないからね。

中屋敷:ハッピーハッピーしたバンドはやりたくないけど......泥臭くいたいんで。

関:人間らしくいたいっていう。

堀越:そうだね。そのとおり。

-且つ、歌詞にあるように、逆らって抗っていくっていう反骨精神もバンドのテーマだと思うんですが、何と闘っていると思いますか?

堀越:自分自身ですね。誰かと比べる気持ちや、現状に甘えていたい気持ちのように、だらしない部分を燃やしたいっていう。

-ほかに、特に印象に残った曲が「灯京」で。群馬でも、東京に距離感は感じます?

堀越:僕だけ地元が埼玉なんですけど、それでも東京タワーが見えただけでテンションが上がるんで、違う街ではありますよね。

-この歌って闘いの歌である一方で、すごく優しい曲調であることが印象的で。

堀越:僕のイメージで、下北沢の茶沢通りを跨っているガード下? 下北沢SHELTERのあたりの。そこからの夕焼けが、僕の中の東京の景色で。そんな話をしていたからですかね。

-また、東京の"東"を"灯"にした意図とは?

堀越:僕らが群馬でやってる"灯火祭"というイベントから取ったんだよね。

齊藤:群馬のライヴハウスに明かりを灯したいっていう意味合いで名づけたんですけど。大切な場所なんで、活性化させたいなぁって。

-群馬は脈々といいバンドが出てきている場所ですもんね。

齊藤:そうですね。先輩もそういう動きをしているんですけど、真似るんじゃなく、自分たちらしくやっていきたいなって。今回は県外で出会った仲間を呼ぶんです。先輩が熱く育ててくれたんで、自分たちも還元していかなきゃなって。

-バンドやってる率は高いんですか?

齊藤:自分たちが高校生のころは高かったんですけど、今は衰退してるので、それに対してどうにかできないかなぁっていうところもあります。

-今度の"灯火祭"は10月28日に開催されることが決まっていますが、そもそもどういったことがきっかけで始まったイベントなんですか?

堀越:もともとミニ・アルバムのレコ発企画だったんですが、直前で活動休止が決まってしまったんです。そこで齊藤が"盛大に"ということで始まりました。

齊藤:群馬のバンド・シーンの低迷を感じたことがきっかけですね。群馬のライヴハウスのスケジュールを見て地元バンド、ツアー・バンドが減ったなと感じて、このままでは群馬のライヴハウスの灯りが消えてしまうのではと思ってしまったんです。そんななかで、自分たちに何かできないかと考えた結果が"灯火祭"でした。"ライヴハウスに灯りを"をコンセプトに、僕らの活動のなかで出会ってきた仲間を群馬に招いて、この土地としっかり結びつけられたらなと思って。

関:地元を盛り上げていけたら......という思いでしたね。

-今回の出演バンドへ声を掛けた意図、出演を依頼する基準というと?

堀越:これまで共に闘ってきたバンド、個人的にはまた群馬に来てほしいバンドを誘っています。

齊藤:僕らが活動して来たなかで、音楽と人がかっこいいと思ったバンドに声を掛けました。

関:友であり良きライバルのような、どんな形にせよ共に競い合っていけるバンドです。