Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ircle

2017年09月号掲載

ircle

メンバー:河内 健悟(Vo/Gt) 仲道 良(Gt/Cho) 伊井 宏介(Ba/Cho) ショウダケイト(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-たしかに2曲とも、改めて表現することに対する気持ちを歌っているように感じました。「HUMANisM」でも最後に"これから 何をあなたに渡せるか それが 本題なんかもしれんなぁ"と、これから何を歌うべきかについてはっきり歌っていますね。

河内:私たちは私たちでワーじゃなくて、それをどう受け止めてもらうか、とことん考えた結果がこの2曲というか、歌詞の中でも、それをもろに言っちゃってるんですけどね。言っちゃってるんですけど、それが本題なのかもしれないです。ホントに。「HUMANisM」って、その最後の歌詞に至るまで言いたいことを言っているだけなんですよ。でも、そういう表現をしたうえで、これからどう思っていただけますかってところが一番の聴かせどころというか、難しいんですよね。自分が言いたいことを言いながら、ちゃんと人に感情移入してもらうって。でも、言いたいことを言いながらも、やっぱり聴いてもらえなきゃイヤなんで。

-こういう語り調のヴォーカルって――

ショウダ:初めてですね。

河内:もともとは何も考えずに打ち込んだ文章なんですよ。ホントは違う曲としてあったものなんです。最初、良が持ってきたときはメロディもついていたんですけど、それをフラットにして、そこに乗せたんです。

-新たにメロディをつけるよりも言葉を畳み掛ける方がいいと思った、と?

河内:最初はメロディをつけようとしたんです。でも、ダサくなっちゃうんですよ。ハード・ロックっぽいオケだったんで、メロディをつけるとダサいんじゃないかという気がしてきて、いろいろ試したんですけど、コミカルに仕上がってもね。禍々しさも含め、オケが限界まで生きたのは歌を語りにしたからだと思います。

ショウダ:伝えたいことをどれだけ簡潔に伝えられるかずっとやってきたんですけど、そこから溢れないと伝わらないことも絶対あるんですよ。Twitterの140文字で伝えられることもあるし、ブログじゃないと伝えられないこともある。ライヴをやりながら、河内の中から伝えたいことが溢れてきていることを感じていたので、それを押し潰すのは違うんじゃないか。溢れてくるものがあるなら、そういう曲として、ちゃんと表に出してあげた方がいいんじゃないかって意図していたことがちゃんとハマったと思います。

-今回の2曲、100点超えられたと思いますか?

ショウダ:超えられたとは思っていますけど、ライヴでやってみないとわからないかな。今回は、ちょっとわからない。爆発して破滅するかもしれないし、爆発して新たなものが生まれるかもしれないし、そういうワクワクがありますよね。

-ライヴと言えば、10月3日からircle主催のツーマン・ツアーが始まるわけですが。

河内:長い付き合いのバンドから最近出会った、いいなと思うバンドまで、一緒にやり抜かなきゃダメでしょって人たちとしかやらないんで、対バンってものがいい化学変化を生むんだよってことを今回、絶対表現しなきゃって思っていますね。

伊井:5月ぐらいから声を掛けていたんですけど、"ツーマンなの? ツーマンなら!"ってみんな反応が良くて、6月ぐらいにはほぼ決まっちゃったんです。それも嬉しかったですね。

ショウダ:最初、5、6ヶ所ぐらいで考えていたんですけど、結局16ヶ所に膨れ上がっちゃったんですよ。

-対バンはファイナルのSIX LOUNGE以外発表されていませんが(※取材日は8月9日)、全公演、すごくいい組み合わせですよね。どこ行っても楽しいんじゃないかな。

ショウダ:気を抜いたら、俺らヤラれちゃうようなバンドばかりですよ。結構ビビッてますけどね。迎え撃つには手強いバンドが揃いました。でも、その方がお客さんも楽しいだろうし。

伊井:プライベートでは飲み仲間ってバンドも結構いますけどね(笑)。

ショウダ:サシで飲みたいバンドが集まったと言っても過言ではないです(笑)。

-ちなみに酒癖の悪いバンドもいるんですか(笑)?

伊井:ほとんどじゃないですか(笑)。

ショウダ:そこもちょっとコワいですけどね(爆笑)。

仲道:それも含め、メジャー、インディー関係なく、僕らにしか呼べないバンドが揃っていると思いますよ。