Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ChroniCloop

2017年09月号掲載

ChroniCloop

メンバー:瀬崎 裕太(Vo/Gt) 谷藤 希隆(Gt/Key) 本間 智行(Ba) 吉成 直輝(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

-そして、暗さの片鱗は残っていますね。

瀬崎:そうですね(笑)。でも、今は暗い歌詞だけど、キャッチーなメロディっていうのが確立できたと思っていて。特に今回の「ラストダンス」は、できあがるのも早かったんです。鮮度がテーマだったんですよ。だから等身大だと思っています。これがフックになって、他の曲もできていったっていう。

-とはいえ、他の楽曲は「ラストダンス」路線じゃないですよね。

瀬崎:僕、書けば書くほど切り替わるから。あと、メンバーの意見も取り入れているし。

-熱い「ラストダンス」の次がクールな「24時」なので、ドキッとしました。

瀬崎:「24時」は、みんなが好きなことをやったんです。ほんとはクールなんですよ、僕ら(笑)。

吉成:「ラストダンス」はこの曲に寄り添っていったんですけど、「24時」は自分たちらしさが出せたっていう。

-急にギターが弾きまくりの展開になりますよね(笑)。

谷藤:大人っぽい曲の中で子供っぽいっていう(笑)。

-「06_08」っていうインタールードも効いてますね。

瀬崎:これは去年のワンマン・ライヴのSEで使って、そのあとの「ハートレイト」でライヴを始めたので、その流れをCDにパッケージしました。

-「ハートレイト」は、告白のような、宣言のような歌詞が印象的でした。

瀬崎:この曲は苦労しましたね。曲を持っていったときの僕のモチベーションが低すぎて。

吉成:それが珍しいパターンだったんですけど。3人は"めっちゃいい!"って言ってるのに、裕太は"微妙じゃない?"って。それを3人で立て直して作っていったんです。

谷藤:それで、シングルにして手売りで100枚作ったんです。それが売り切れたんで、"あんなに苦労したのに、これだけじゃもったいない!"っていうので今回入れました(笑)。思い入れは強いですね。

-そのあとの「消えない光」もいいですよね。"寂しい時は唄を歌うんだ"っていうのは、瀬崎さんの心情なんですか?

瀬崎:いや、これは歌詞を書くときに悩んでいて、映画"美女と野獣"の実写版を観に行ったら、すごく感動したんです。だから、野獣をテーマっていうか、きっかけにしようと思って。もちろん自分が思ってないことではないんですけど。

-そういう書き方をすることってあるんですか?

瀬崎:いや、ないです。ほとんど自分が思ってることを書いてるんですけど。今回、初めて流通するっていうことで、実験的な書き方をしているところもあるので、こういうのもいいのかなって。

-新たな一歩ということで、今後のヴィジョンも見えてきていますか?

瀬崎:これからやりたいこともいっぱいあるけど、ここで軸は4人とも見つけたと思います。

吉成:これを作ることによって開けたので。みんなが掴んだものがあると思うし、これから一歩を踏み出していくぞっていう気持ちもあります。

谷藤:もう次の作品を作っていますよ!

-早いですね! どんな作風か教えてもらえますか?

谷藤:『パレード』で得たものを生かしながら、これをきっかけにやってくぞっていう気持ちが強いので、これをもとに次のステップに向かっていますね。

-では最後に。"パレード"というタイトルには、どんな由来があるんでしょう。

瀬崎:"パレード"っていうタイトルのものを、僕がずっと出したかったんです。でも、タイミングがなくて、今回付けたいから付けたっていう。いろんな色合いもあるし、『パレード』でこの曲を並べたら似合うじゃんって。だから、好きな服を着た感じです。

-そういう達成感もありつつ、新たな決意もありつつっていう。

瀬崎:そうですね。9年目の新人、っていうところもあるので(笑)。"次に行くしかないでしょう!"って思っています。