Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN × Skream! × バイトル

2017年09月号掲載

SILENT SIREN × Skream! × バイトル

メンバー:すぅ(Vo/Gt) ゆかるん(Key) あいにゃん(Ba) ひなんちゅ(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 結城 さやか

加藤:イベントなどに行ったときも、いつもみなさんいい香りがするんですが(笑)。香りも気を遣っていますか。

ひなんちゅ:みんなと会う前に香水を振ってるからね。いつもいい匂いがするわけじゃないですよ(笑)。

すぅ:香水とかボディ・スプレーですよ。あとは、柔軟剤とかも好きだから。身の回りはいい香りにしておきたいですよね。

ゆかるん: 私は気分でいろいろ変えて使ってます。嬉しいですよね、いい香りがすると。

加藤:この間ロッキン("ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017")に行って、SILENT SIRENのライヴを観たんですが、すごくたくさんの人がいて、観ている方も盛り上がりを感じました。あいにゃんもブログに"クラクラした"って書いていましたが、ステージ側から見た景色は、普段のライヴとは違うものでしたか。

あいにゃん:ブログも見てくれたんだ、ありがとう。

すぅ:今年は例年よりも涼しかったんだけど、それにしても酸素が薄かった(笑)。テンションが上がりすぎちゃって。フェス自体が、みんなすごく好きなんですよね。今ではこうして出させていただいているけど、バンドを始めたてのときはみんなで必死にチケットを取って、"いつかあのステージに立とうぜ"って言っていたんです。今そのステージに立たせてもらっているから、ありがたみもあるし、超嬉しいんです。でも、フェスでサイサイを知って、楽しかったからワンマンに行きたいなって思ってもらえなきゃ意味がないので。そういう気持ちで、楽しみながら戦ってます。でもやっぱり、人が多いとテンションが上がりますね。フェスってノリがいいから。

ひなんちゅ:そう、ノリがいい。サイサイのワンマンではみんなサイサイだけを観に来ているけど、フェスは色々なバンドや音楽を聴きに来ているから、それが違うかもしれない。サイサイのことを知らない人も、"なんか楽しいかも"って素直にタオルを回してくれる感じが一番嬉しい。

あいにゃん:お客さんの出入りもステージからよく見えるんですよ。会場に入ってくる様子も見えるから、テンションが上がるしね。タオルを回す場面も、いつもはサイサイカラーのピンクだけど、ロッキンではいろんなバンドの、いろんな色のタオルが一斉に回るから。そこは頭が吹っ飛ぶくらい、楽しかった。

すぅ:"こういう曲を聴きたい"とかがあれば、参考にしたいんだけど。サイサイの曲で何が好き?

加藤:最近また、インディーズのころの曲をよく聴いているんです。「初恋記念日」(2012年リリースのミニ・アルバム『ラブシル』収録曲)とか「escape」(『ラブシル』収録曲)とか。

すぅ:意外にいい曲があるんだよね、インディーズ時代も。

ゆかるん:やってないね、全然。

-武道館の2デイズでは、集大成ということでインディーズ時代の曲も?

ひなんちゅ:"軌跡"ですからね。そのころの思い出ってやっぱり一番強いですよ。

加藤:"サイサイフェス"も武道館も2デイズ行くので、楽しみにしています。

すぅ:嬉しい! 模範的サイファミ(笑)。

ひなんちゅ:じゃあインディーズ時代の曲もやりましょう!


SILENT SIREN × Skream! × バイトル キャンペーン情報

バイトルのアプリDLでSILENT SIRENのサイン入りTシャツをプレゼント

バイトルのアプリをダウンロード後、お知らせメニュー一覧にあるSkream!×バイトルのページからご応募いただけます。
キャンペーン詳細はこちら


フォロー&RTでSILENT SIRENのサイン色紙をプレゼント

応募方法は、Skream! Twitterアカウントをフォローした上で該当のつぶやきをRTするだけ。締切は9月15日(金)。たくさんのご応募お待ちしております。
※お送り先をDMで伺いますので、Skream! Twitterアカウントをフォローした上でリツイートをお願い致します。