Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

あゆみくりかまき

2017年09月号掲載

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき

Official Site

メンバー:あゆみ(歌うたい) くりか(DJ) まき(盛り上げ役)

インタビュアー:沖 さやこ

元祖"太鼓持ち芸人"のたむけんことたむらけんじが初の作詞を務め、メンバーがOL姿で踊るMVも話題になった5thシングル『ゴマスリッパー』も記憶に新しい3人組、あゆみくりかまき。彼女たちのニュー・シングル『絆ミックス』は、悲願とする"日本武道館でのワンマン・コンサート発表"を見据え、よりいっそうまたぎ(※あゆみくりかまきのファンの総称)たちとの絆を深めたいという想いが込められている。"歌っていると泣きそうになる"と語るほどリアルでエモーショナルな楽曲になったのは、またぎとの信頼関係が大きく影響していた。

-メジャー6枚目のシングルは"大切な人"との絆を歌った楽曲ということですが、どういう経緯でこのような内容になったのでしょう?

まき:まず完成したオケを聴かせてもらって、そのときにプロデューサーさんから"この曲で何を歌いたいか、それぞれひとりずつ考えて"と言われて。その答えが3人とも通してまたぎへの感謝の気持ちだったんです。"どういうことが伝えたいか言葉に出してくれ"と言われたので、素直な気持ちを伝えて、言葉を出して、それをもとに作詞家さんが言葉を並べてくださいました。

-3人の"またぎへの感謝の気持ちを歌いたい"という想いが共通した背景に、話し合いはなかったんですね。

まき:そうなんです。それぞれ伝えたいことが同じことだった、というのはあゆくま(あゆみくりかまき)は昔から本当に多くて。

-「絆ミックス」のオケを聴いて"またぎへの感謝の気持ち"に至った経緯をおひとりずつ教えていただけますか。

まき:「絆ミックス」の制作が始まったのが4~5月で、ちょうど自分もいろいろあった時期で(※まきは2017年2月にポリープの手術をした)。そのときに3人の絆もものすごく感じたし、声を出せないライヴで、またぎのみんなが盛り上げ役になってくれたことにすごく"支えられてるな"、"あゆみくりかまきとまたぎのみんなでひとつなんだな"と感じて。あと、あゆくまのライヴの目標は"音楽を楽しむこと"なんです。その原点にも立ち返れていたタイミングだったので、なおさら応援してくれているみんなに感謝を伝えたいなと思いました。

あゆみ:このオケを聴いたとき真っ先に"一緒に走っていくイメージ"が出てきて。去年の7月にクマから人間の姿になることになって、正直に言えば、離れていった人もいるんです。だからこそ人間の姿になっても自分たちについてきてくれるまたぎたちにすごく感謝の気持ちがあったし、2017年中に日本武道館公演を発表しないといけない(※"あゆくま武道館への道"。2017年中に日本武道館公演を行うことを発表しないとクマの姿に戻れないというもの)という焦りもあったし......。今改めて"またぎと一緒に走っていきたい"という気持ちがすごくあるんです。曲から受けたインスピレーションと自分の気持ちが重なったという感じでした。

くりか:くりかはステージに立つことに対して不安や緊張が大きくて、ライヴでの自分に悩んでいた時期が多くて。今ももちろん悩むんですけど、ライヴは自分たちが楽しまへんと伝わらへんなと思うようになって、最近は生活の中で一番ライヴが好きなくらい楽しめるようになったんです。そうやって楽しめるのは、ステージの前にまたぎがいてくれるからやなと思うし、この活動が続けられているのもまたぎからのメッセージがすごく大きくて。感謝の気持ちがいっぱいあって......存在が大きすぎるんですよ。だからそれを伝えたいなと思いました。

-「ゴマスリッパー」もそうでしたが、最近のあゆくまは"またぎに想いを届ける"という意味合いの楽曲が多いですね。

くりか:そうですね。まずは応援してくれる人に想いを届けないといけないと思っているので。

まき:またぎがおらんかったら歌われへんし、活動できひんもんな。最初はお客さんが0人の状態で。それがひとりでもファンになってくれることが本当に嬉しかったし、いつまでも本当に大切にしたい。一緒に戦っていきたい、同志みたいな気持ちがあるのかもしれない。

くりか:うん。またぎはファンというより"仲間"。アイドルとして活動をしていくことでそう思うようになりました。

-具体的にどんな言葉を作詞家さんに伝えたのでしょう?

まき:"私たちを見つけてくれてありがとう"ですね。すごく強く思っていることなんです。あゆくまはめっちゃ試練が多いグループで(笑)。何かと壁にぶち当たっていると思っているんですけど、そんななかでも手を差し伸べてくれたのはまたぎやし、今の時代、アイドルいっぱいいるじゃないですか。そんな中からこの3人を見つけてくれてほんまに嬉しいし、感謝してる。絶対素敵な光景を一緒に見に行きたい......という気持ちがあったので、その言葉を伝えました。でも実際そこは、くぅちゃん(くりか)が歌っていて、私歌えてないんですけど(笑)。

一同:あははは!

まき:歌に込めた気持ちがくぅちゃんに負けたのかもしれないです(笑)。レコーディングしたときは自分の手術後の喉と向き合っているときでもあったので。でも、ブースに入ったときにうまく歌うことではなく、歌詞を見て感じたまま歌おうと心掛けて。作らずに自分らしく歌えたかなと思います。

くりか:でもくりか、このレコーディングにすごく苦労したんです。何回歌っても全然しっくりこなくて。1回休憩して、改めてまたぎのことを考えて歌ったら、すごくいいテイクが録れてそれが使われて。だから"こんな私を見つけてくれて アリガトウ"の部分を聴いてもらえたら、感謝の気持ちはすべて伝わるんじゃないかと思います。

まき:おお~っ!!

くりか:(笑)それくらいめっちゃ録ったんですよ!