Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

256

2017年09月号掲載

256

メンバー:池田 光(Gt/Vo) 草野 仁(Gt) 本庄 拓也(Ba) 中嶋 将大(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

みんな好き勝手やったのが、なぜかうまく混ざってるという感じ


-普通のギター・ポップ、ギター・ロックでもない、かといって洒落ているばかりではない。アンサンブル、アレンジにかなり力を注いで、追求していますよね。「ファイトクラブ」などは、疾走感のあるロックから途中にジャジーな雰囲気も入っていたりして、アレンジの面白さを感じました。

中嶋:「ファイトクラブ」、個人的にすごく好きなんですよね。

本庄:僕らはライヴでわーっと騒げる、ゴリゴリに攻める曲が少なくて。それで作った曲だったんですけど、作ってるうちに"これお洒落じゃねぇ?"ってなったんですよ。攻める要素が少なくなってきたなと思って、それなら攻める要素とお洒落さを混ぜちゃえばいいやと思って。

池田:飛び道具(草野)もいるしね。

本庄:草野は攻めるとき攻めるし、守りに入るときはお洒落なアレンジもやってくれるので。そこでまとまる感じですね。

草野:僕は好きな感じの曲ですね。何も難しいことを考えずに弾くタイプなので。難しいことを考えてきた奴に、こんなのどうよっていう返し方をしてます(笑)。

-いろんな手や発想を持ってるなと思いました。吸収したものを出していくというアウトプットも早いんですかね。

本庄:そうなんですよ、すぐに出したいんですよ! 例えば対バンしていて、この感じいいな、と思ったらそのニュアンスを吸収して、256なりにこうしてみたよっていう感じですかね。

池田:"今これにハマってるんだな"とかもすぐわかる。

草野:今日こんなことがあったんだよねっていう話のあとに、そのテーマの曲がその日の夜にあがってきたりする(笑)。

本庄:この前は、レンタカーを当て逃げされたその怒りで、猛スピードで5曲くらいあげたり。

池田:彼からきたデモのタイトルが、"ニコニコレンタカー"だったんですけど(笑)。まったく違う歌詞に変えました。

-一応仮タイトルがついてるんですね。

中嶋:全部、しょうもないタイトルがついてるんですよ。

池田:"スーパーマン"とか。

本庄:実際に見たことや、ニュースとかでもいいんですよ。最近は、豊田議員が罵倒してるニュースを見て、"こんな人もいるんだな"と思って、その頭のままパソコンの前に座って、"豊田議員"って曲をあげたり(笑)。

池田:"ドイツ映画見て感銘を受けた"って言って、"ジャーマン"っていう曲をあげてきたりする(笑)。

-タイトルがついていると、その雰囲気に歌詞やメロディが引っ張られたりしません?

池田:でも僕、完全に無視して自分の世界観で書くんですよね。

本庄:そこで、"ちょっと違うんだけどなぁ、ドイツ要素少なくない? "ってなるんですけど。

池田:僕も最初に彼のデモを聴いたときに湧き上がるイメージがあるので。その湧き上がったものが、彼がつけたタイトルとドイツ映画を見て感銘を受けたっていうのと、マッチしていればそのまま書くんです。自分のイメージがあれば、無視して書いちゃう感じで好き勝手やってますね。そういうことではみんな、草野も好き勝手ギターを弾きますし、中嶋も主張しないと言いながらも面白いフィルを入れてくるので。みんな好き勝手やったのが、なぜかうまく混ざってるという感じがするよね。

草野:それもデモの完成度が高いからなんですよね。だからこそ彼がイメージしていることも想像できるし、そのうえで"俺はこっちの方がいいと思う"っていうことができるので。

中嶋:最初は手と足が3本ずつないとできないこともありましたけど、最近はそれがないので。"こんなのできないよ"って言い訳できなくなっちゃったので、やるしかないんです(笑)。