Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WOMCADOLE

2017年09月号掲載

WOMCADOLE

メンバー:樋口 侑希(Vo/Gt) 古澤 徳之(Gt/Cho) 黒野 滉大(Ba) 安田 吉希(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-「人間なんです」はいまおっしゃったように、強い怒りや悲しみを感じさせます。泣き叫ぶようなヴォーカルですし。

樋口:舌打ちも入ってますからね(笑)。血液のような曲にしたいというイメージが俺の中にあって、それをみんなでスタジオで合わせてみたらめっちゃかっこいいものになりました。俺は"○○に似てるね~"って言われるのも、そういう言葉を聞くのも大っ嫌いなんですよ。それに対して"はぁ!? 同じ生き物かもしれんけど、まったく別の人間や!"と思ったことがこの曲の始まりで。

-いまのWOMCADOLEでも"○○に似てるね"と言われるんですか。

樋口:"NON STYLEの石田に似てるね~"とか。

安田:え、お前の顔の話(笑)!?

樋口:(笑)まぁ、今年の春くらいに"お前んとこのバンド、あのバンドに似てるね~"みたいに言われて、"全然似てへんわ、何聴いてんねん!"ってほんまめっちゃ腹立って。......でもこの曲によってこの苛立ちが消化されたとしても、また違う苛立ちが生まれるんやと思います。

安田:ヘイトは人間らしさが出る部分やと思うし、「人間なんです」はヘイト・オブ・ヘイトな曲やと思います。メンバーはそれぞれどれだけパンチを出せるかってところに力を注いだので、俺のメタル魂が燃えました(笑)。ライヴでやるとめっちゃ体力持ってかれる。

古澤:うん、全員が叫んでるような曲ですね。樋口の作る曲は芯があるし、こっちが疑問に思うような曲を持ってきたこともなくて。それなら俺らはその曲をベストな状態で世に出したい。WOMCADOLEの核は樋口ですし、僕ら3人もWOMCADOLEの核を作っていると思う。みんながみんな核やけど"樋口がこうしたいと言うなら、そこからどうしていこうか?"と考えるので、彼の意志は常に尊重しているんです。

-4曲ともロックでありつつ、まったく異なるタイプの曲が揃って。ボリューミーなシングルが完成しましたね。

古澤:4曲順々に飛ばさず聴いて、また「アオキハルヘ」へ戻って聴いてほしいなと思います。この4曲を通して聴いたあとに「アオキハルヘ」を聴いたとき、また違った印象に聴こえたし、説得力が増すなと思ったんですよね。

-WOMCADOLEは作品ごとにレベルアップをしているので、次はどんな変貌を遂げるのだろうかという期待もあります。

古澤:もう次の話かー(笑)!

樋口:曲にしたいこともいろいろいっぱいあるんで。次も大丈夫っすよ。安心してください!

古澤:(笑)黒野が加入したことで樋口が素直になれて、素直になったことで「アオキハルヘ」という曲が生まれて、次どんなふうになるのかは僕らも未知数で。でもひと皮どころか全部剥けたのであれば、また新しいものが入ってくるんじゃないか......いまは僕らもそうやってわくわくしているところですね。