Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

こうなったのは誰のせい

2017年08月号掲載

こうなったのは誰のせい

こうなったのは誰のせい

Official Site

メンバー:カイト(Vo/Gt) コヤマタクヤ(Ba) ハシノヨシテル(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

心の底に澱のように溜まっていく、他人からの言葉やネガティヴな思い、誰かに言ってあげたかった言葉や本当のことを、すくい上げて言葉と音に組み立てた、痛みと怒りと叫びがある音楽。でも、"音楽"そのものは汚さぬように、慈しむようにエモーショナルに奏でている。自分を助けてくれたものを大事に守る感覚だ。"こうなったのは誰のせい"の音楽には、そうした繊細さと強さが渦巻く。それでも世界が続くならの篠塚将行をプロデュースに迎えた1stミニ・アルバム『さよならノスタルジア』は、心の変遷や変わりゆくバンドの姿をリアルに封じ込めた作品となった。

-現メンバーとなって1年くらいというところですが、バンド結成からどういうふうに進んできたんですか。

カイト:結成が2年ちょっと前なんですけど、そこからは毎年メンバーが抜けて変わって、脱退しては活動が止まってしまってという繰り返しだったんです。

-カイトさんはどういうバンドにしようと考えていたんですか。

カイト:このバンドは等身大というか、背伸びをしないバンドにしたいなと思っていて。やれることをやるというか(笑)。

コヤマ:音楽的には?

カイト:音楽的には今が理想の形ではありますね。

-もともとどんな音楽が好きで、自分もやってみようと思ったんですか。

カイト:最初はFACTが好きで──

-今やっているバンドとはまったく違うんですね。

カイト:最初は結構、メタルとかメロコアが好きでバンドをやろうと思ったんです(笑)。そういう感じのバンドでヴォーカルを始めて、当時は高校生だったんですけど、学校も辞めて。その学校を辞めたタイミングと、それまで組んでいたバンドでちょっとした事件があり人間不信に陥ってしまって、それで音楽性が逆転したんですよね。当時、一度は音楽も聴かなくなっていたんですけど、そのときにYouTubeでそれでも世界が続くなら(以下:それせか)の「シーソーと消えない歌」を聴いて、"あぁ、こういう音楽もあるんだな"ということを知って、自分でもそういう曲を作ってみたんです。その曲を初めてライヴハウスで弾き語りで披露したときに、泣いてくれたお客さんがひとりいて。それから、この音楽をやっていこうと思ったんです。Lyu:Lyu(現CIVILIAN)とか、自分の心の内のことを歌っている音楽を聴くようになりました。

-では、今までの音楽との付き合い方ともまったく違っているんですね。

カイト:そうです。最初はただ、楽しかったらいいと思っていたので。普通にDickiesとか履いてました(笑)。

-今はファッションも違う(笑)。それせかとの関わりとしては、2015年にそれせか主催のイベント"反撃フェスティバルの心の準備の日"に出演していますね。それはどういうきっかけだったんですか。

カイト:その音楽に出会って以来、ファンだったんです。ずっとライヴを観てきて、話したこともなかったんですよね。でも、自分でも"反撃フェスティバル"に出たいって、ダメ元でも思ってしまって。これは、僕らのやっている僕戦の話になっちゃうんですけど(※こうなったのは誰のせい主催サーキット・フェス"僕らの音楽を守るための戦争")、待ってるんじゃなくて、僕らがフェスをやればいいと思って。僕らのフェスに出てほしいって、それでメールを送ったらOKをもらったんです。本当にそんな感じだったんですよね。その出演決定からイベントまでの間に、大阪でそれせかのワンマンがあったんです。そのときに初めて、ライヴが終わってから挨拶をしたいですとメールを送って、初めてそれせかのメンバーさんと話をさせてもらいました。

-すごい話ですね。自分たちの音源も聴いてもらっていたんですよね。

カイト:そうです。聴いてもらいました。それで決めてくださったみたいで。

-自己紹介のときには、それまでの思いをぶつけられたんですか。

カイト:本当にもう、ずっとステージの上の人だったので、そのときは緊張して何を言ったか覚えてないんです(笑)。

-(笑)今の3人は、音楽性として近いんですか。

コヤマ:そうですね。カイトも昔は激しい音楽を聴いていたんですけど、僕もマキシマム ザ ホルモンとかを聴いていて。そういうのを聴いたうえで、僕もバンドをしたいなと思っていたんです。高校のときにホルモンのコピーもやっていたりして。で、なんでこういうバンドをやってんのやろ?

カイト:(笑)

コヤマ:でも、2~3年前くらいにそれせかとか、今のような音楽と出会って。こういうのをやってみたいなと思ったし、しっくりときたんです。それで、こういう暗い系の音楽をやりたいというのに結びついて。僕は、前のバンドが解散して"どうしよう、何もすることないや"と思っていたときに、この人(カイト)に声を掛けてもらったんです。

カイト:最初は、今日はいないギターのフルキ(リョウタ/※現在大学院受験のため一時休止中)が彼のベースをライヴで見て、彼に頼もうという話があったんです。それで声を掛けて。

コヤマ:その連絡が来るまでの間、まったくもって関わりがなかったんですけどね(笑)。1回対バンしたんだっけ?

カイト:2回だよ。

コヤマ:そのうち2回とも何も喋らずで(笑)。"お疲れさまでした"、"ありがとうございました"くらいの会話だったんです。それでいきなり連絡が来て、"なんだこいつ?"っていう。

カイト:そうなるよね。