Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぐるたみん

2017年09月号掲載

ぐるたみん

インタビュアー:秦 理絵

昨年リリースした初の全曲オリジナル・アルバム『GRACE』で、ニコニコ動画出身の歌い手から本格的にシンガー・ソングライターとしての活動を開始したぐるたみんから、およそ1年ぶりの新作となるニュー・シングル『WAKE UP』が到着した。とにかくライヴでの盛り上がりを意識して作成したという疾走感溢れる表題曲「WAKE UP」を始め、クラウドファンディングによるMV制作でも話題になったカップリングの「恋帯責任」を含めて、今回のシングルはリスナーをぐるたみんのライヴへと誘う片道切符のような1枚だ。自身の活動のテーマでもある"We Are HAPPY!!"に立ち返り、"一緒に幸せになろう"と手を差し伸べるような今作。それは現在制作中の次回のアルバムへの架け橋にもなっているという。

-前作『GRACE』が初めて全曲オリジナルで作ったアルバムだったわけですけど、リスナーの反応はどうでしたか?

最初のころは"カバーの方を聴きたい"とか、"別にオリジナルなんか期待してないし"みたいな人が多かったんだけど、最近リスナーが入れ替わったような感じがしますね。この間、Twitterでカバーを上げたんですけど、逆に"オリジナルを上げてください"っていうコメントもあったりして。5月にライヴをやったとき(※5月14日に開催された"ThumbUp SPECIAL 2MAN LIVE~phatmans after school vs ぐるたみん~")は、最初に"ボカロ・ゾーン"としてカバー曲をやったあとに、"オリジナル・ゾーン"としてオリジナル曲をやったら、"来たこれ!"みたいな押し上げる力がすごかったんですよ。だから、いま僕のリスナーとして残ってる人っていうのは、"オリジナルでやっていくんだったら、ついていきます"みたいな人だと思います。

-それは嬉しいことですよね?

嬉しいですよ。自分のオリジナルのファンもいてくれてるっていうことが、最近わかってきたかなという感じなので。

-それは良い傾向だと思います。ぶっちゃけると『GRACE』って、それまでに出していたカバー中心のアルバムよりセールス的には伸びなかったじゃないですか。

まぁ、そこがあるがために落ち方が見えてしまうんですよね。でも新たなスタートだから、あんまり(過去と比較することは)関係ないと思うようにしてます。実際、作品を聴いてくれた人たちからは、かなり良い反応をもらえてるので。

-完成度としてはかなり高いし、とにかくかっこいいロック・アルバムでしたからね。

ありがとうございます。いまは自分の中の音楽の実力としては、曲作りに関しても、ライヴにしても、どんどん上がってきてるから。いままでの軌跡のプロフィールっていうのは、そっちこそ嘘じゃないですか。ようやく自分の本当を出せるようになってきたと思ってるし、とにかくやれることをひとつずつやっていきたいです。

-なるほど。そういう心境のなかでリリースされるのが、今回のシングル『WAKE UP』ですね。まず表題曲の「WAKE UP」は、かなりアップテンポなダンス・ナンバーで。

これはライヴで盛り上がる曲を出したいと思って作りました。シングルの表題曲にすることで、ミュージック・ビデオを作ることになる。そのYouTubeに上がった曲を聴いてもらうことで、"ライヴに行ってみたいな"と思ってもらいたかったんです。

-YouTubeに上げるっていうことが重要だったんですか?

そうですね。前作の『GRACE』は「Yell for」っていうバラードをリード曲にしたんですけど、あとから考えたら"もっと他にもあったよね"って思うところがあって。もちろん"良い曲だね"って言われるのは嬉しいから、そのときは全然良かったんですけど、客観的に見たら、"なんでこれなの?"みたいなところもあったんですよ。あのときはネット・シーンっていうものの価値観を考えたうえで、会社的には「Yell for」が当たると判断した。その感覚も間違ってはいないけど、もう少し"ぐるたみん"っていうものの見せ方を、自分でも考えた方がいいなと思うようになったんです。