Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FRONTIER BACKYARD

2017年09月号掲載

FRONTIER BACKYARD

FRONTIER BACKYARD

Official Site

メンバー:TGMX aka SYUTA-LOW TAGAMI(Vo) 福田“TDC”忠章(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-自分たちのシーンを作っていこう、面白く変えていこうという意志が強いですよね、それぞれのバンドも。

TGMX:ありますね。僕らは30代になってやっとですよ。シーンを作っていこうというのはありましたけど、20代は何も考えずに進んできたので。今の若い子たちはすごいと思います。

-20代のころは楽しさがあったから、考えずに進んでこれたという感じですか。

TGMX:僕らはなんとなく進んできちゃったんだと思いますね(笑)。バンドがやりたかったんだと思います。そういう意味では、今の若い子とも一緒だと思いますけど、考える材料がなかったんですよ。それほど情報もないし、バンドの数も全然違うと思いますしね。

福田:SCAFULL KINGのころは、そんなにライヴもやってないですから。

TGMX:FBYの最初のころもあまりライヴ・ブームではなかったと思いますよ。時代ですよね。

福田:ライヴが面白いかもってなったのは、30を過ぎてからですよね(笑)。

TGMX:しかも、今はライヴの時代じゃないですか。ライヴを良く見せたいとか。そういうのもあると思うんですけど、僕らはどちらかというと、CDとかアルバムを作ることに重きを置いてやっていたかもしれないですね。誘われたライヴはやるけど、自分たちでツアーをやったりとかはあまりなかったですね。そういうのを若い子たちはがっつりやってるから、偉いなっていう。

-今、FRONTIER BACKYARDとしては、やりたいことをやりたいようにという意識が強いですか。

TGMX:戦略的に考えてしまうと、僕らは年寄りなのでカチカチになっちゃう可能性があるんですよ。ある程度の知識もあると思うので。それはそれだけど、音楽ってそうじゃないよねということもすごく思うんです。曲の中にもありますけど、音楽は戦いじゃないのでね。何かカラーを出していることは大事だと思うので、それは意識していますけど。あのジジイのバンドが何か変わってることやってる、とか。それが何枚売れていて、何人動員を集めようとかは、今はあまり興味がないかもしれない。何がやれているかの方が重要で。何もやれてないじゃんっていうのがよくないかなと思って。

-となると、作品を世に出すことや制作の醍醐味、面白さはより追求したいところですね。

TGMX:CDを出すことはできると思うんですよ、我々は。でもそれだけじゃない、いい音楽、自分らで納得のいったものをどう出すかというのは考えますね。本当はそれが、いろんな人に聴いてもらって、売れた方がいいと思うんですけど。そればかりでは、年齢的にはやっぱり続かないかなと。

-だからこその、最初に言っていた"健康的な音楽"ですね。

福田:そうですよね。

TGMX:だから今、バンドの状況はすごく楽しいんです。健康的だなと思ってやってますね(笑)。無理がない方がいいんですよ。長くやれるし、盛り上がれるというか。いつの時代も、それが一番フレッシュでいられるんだよね。

福田:本当にね、いつ終わるかわからないから(笑)。純粋に楽しんでやる、ストレスフリーでやる方がいいと思います。

TGMX:楽しそうにやってる集団は、楽しそうに見えますもんね。若くてもそうだし。大変だろうけど、楽しそうにやってるなっていう。

-このアルバムはまさにそういうものだなと思いましたよ。

TGMX:ありがとうございます。最初にそれを言っていただけたので、嬉しかったですね。すごく楽しかったんですよ、"もうレコーディング終わっちゃうんだ"っていうくらい(笑)。


ギターがいないことを逆手に取れたら一番いいなと思っています


-今回は3年ぶりとなるツアーも10月からスタートします。このツアーでの対バンが、NEIL AND IRAIZAやASPARAGUS、the band apart、フルカワユタカ、COMEBACK MY DAUGHTERSなど、お馴染みの方ばかりですね。

TGMX:今回、あえてお馴染みの方を誘っているんですよ。前からお世話になっていたバンドで、メンバーが抜けて新しいスタイルになってからは紹介はできていると思うんですけど、観てみてという機会はないので。じゃあ、ツアーに一緒に行って観てもらおうかなという。あえて、近しい人たちと行こうと思って。それでツアーの面白さや、楽しさを思い出したらいいなと。新しく入ったメンバーにも、ツアーが楽しいなと思ってもらえたらいいじゃないですか。まぁ、みんなバンドやってるからわかっていると思うんですけどね。そういう意味で、作り直しというか。とてもいいメンバーだと思いますね、このツアーは。

-個人的には"COUNTDOWN JAPAN 16/17"のステージで拝見していたんですけど、すごく面白かったんですよね。ギターがいない編成には驚きましたが、新鮮で、何よりも楽しさがあった。

TGMX:ギターがいないことを逆手に取れたら一番いいなと思っていますね。困っているだけではダメだなと思って。むしろ、やってみようぜってふたりで盛り上がった感もあるよね。じゃあ、逆にギターなしでやっちゃおうぜって、奮起できたのもあったんですよ。同じようにギターのパートを入れればラクなんです。

福田:一番ね。でも、このアルバムまではとりあえずなしでやってみようというのは最初から言っていて。

TGMX:それで作ってみたら、思いのほか楽しかったという。

-ということは、ここから先はまた違った形もありかもということですね。

福田:かもしれないですよね。

TGMX:そのあたりも、決めずにやった方がいいかなと。ふたりがOKならいいかなと思うので。でも、今は単純に楽しいんですよ。ひとり抜けて、(アルバムでは)3人増えてますからね(笑)。