Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Earls Court

2017年09月号掲載

Earls Court

メンバー:キタコウジロウ(Vo) コハマジュン(Gt) ノギタカノブ(Gt) サクライショウタ(Ba) マイマイ(Dr)

インタビュアー:山口 智男

2007年結成の5人組、Earls Court。ロンドンの地下鉄の駅名をバンド名に選んだことが物語るようにUKロックの影響からスタートしながら、これまで独自のサウンドを作り上げてきた。その彼らが前作より4年ぶりにリリースする4thミニ・アルバム『Do! Darling! Do!』は、さらなるバンドの進化を印象づける意欲作。しかし、それは一朝一夕に成し遂げられたものではなかったようだ。Skream!初登場となる今回のインタビューでは、この4年間の紆余曲折を、メンバー全員に振り返ってもらいながら、バンドが辿り着いた新境地に迫る。

-バンドのバックグラウンドは、やはりUKロックなのでしょうか?

キタ:そういうメンバーが集まりました(笑)。曲は僕が全曲、書いているんですけど、曲を書く人間も、それを演奏する人間もUKロックが好きだから、やっぱりそっちの方向に。

"THE GREAT RESURRECTION PROJECT"と銘打って、いろいろなバンドのカバーやマッシュアップを発表していますが、そこで取り上げているバンドが、メンバー共通のフェイバリットなのでしょうか?

キタ:そうですね。90年代のOASIS、THE LA'Sはちょっと後追いなんですけど、THE MUSIC、KASABIANは学生時代、ドンピシャの、こんなすげぇ奴らが出てきたぜっていうのを目の当たりにしたバンドなんです。

マイマイ:私はもともと、別のバンドをやっていて、そのバンドが休止してからEarls Courtに加入したんですけど、UKロックは後追いなんです。実はUS上がり(笑)。UKロックで聴いていたのはOASIS、RADIOHEADぐらい。その他のバンドは、Earls Courtに入ってから聴くようになりました。

-US上がりっていうのは、どのへんを聴いていたんですか?

マイマイ:MARILYN MANSONとか(笑)、もっと前だとGUNS N' ROSESとかAEROSMITHとか、わりとそっちの方で、UK大好きみたいなところにちょっと自分のエッセンスを入れたりすることもあります。ちょっとUSっぽいみたいな感じで。

サクライ:僕は年が一番下なんですよ。だから、洋楽だとSUM 41とか、メロコアがまたきてる時期だったので、そのへんを友達と聴いてワイワイしていたんですけど、UKロックは......YouTubeでライヴ映像を見て、ヘタクソじゃんって敬遠していました(笑)。でも、そのときそのとき、一緒にいる人に感化されて、聴くものが変わる。結構雑食なんです。

-UKロックに偏った話を聞いてしまいましたけど、もちろんUKロックをそのまま焼き直してっていうバンドではないわけですよね。

キタ:そこに執着しているわけではないです。

-バンドをやりながら、どんな音楽をやっていこうと考えるように?

キタ:始めたときはがむしゃらでしたね。実はもともと、聴いていた音楽がLUNA SEA、L'Arc~en~Cielで、そこから急にUKロックに行ったので、最初のころは、いかにもヴィジュアル系みたいな歌詞しか出てこなくて、自分でも言っている意味が全然、わからなかった(笑)。そのあと、くるりを好きになったことをきっかけに日本語のロックってステキだなと思って、そういう歌詞を書きたいと思うようになってから、音楽の作り方も変わりました。ちゃんと日本語が乗るようなメロディで、でも洋楽の大きいメロディの流れみたいなもの......みんなが歌えるようなものは絶対に捨てずに、ぱぱぱっと言葉が流れていってしまわないようなメロディで曲を作りたいというのは、今でもすごく意識しています。

コハマ:サクライやマイマイが加入する前は、良くも悪くも"UKロック大好きです!"っていうのが楽曲からもライヴからも滲み出るというか、そこが僕らのルーツなんですって見ている人にも伝えたいと考えていたんですけど、そういうバックグラウンドを持っていない人間が加わったことで、いい意味で、そこが中和されて、作曲者のキタが伝えたいことがメロディとともに出てきたんです。それがある意味、Earls Courtらしさになってきたというところはあると思います。UKロックの影響が垣間見えることもあるし、逆にそれぞれのバックグラウンドが表れるところもあるし、というふうに。


一番聴かせたいメロディが一番前に出るように他の部分をできるだけ削りながら作りました


-さて、『ballet of the sun』(2010年リリースの1stミニ・アルバム)を皮切りに、順調にリリースを重ねてきましたが、今回の作品をリリースするまでに4年空いてしまったのは、なぜだったんでしょうか?

マイマイ:会場限定でシングルは出していたんですけど......さぼってたんだよね(笑)。

キタ:さぼってなんかないよ(笑)。

コハマ:多くの方が僕らのことを、UKロックという言葉をキーワードに語ってくださったんですけど、その中で、バンドの中でもちょっと悩むというか、正直、UKロックって何だろうってわからなくなってしまったんですよ。

キタ:そのイメージでいるべきなのかも含めて。

コハマ:だから、この4年は、それに答えを出すのに紆余曲折した時期で、その中で"THE GREAT RESURRECTION PROJECT"と題して、自分たちのバックグラウンドを垣間見せたりしながら、答え探しに4年を費やしてしまったわけなんですけど、4年ぶりに全国リリースする今回の作品の中には、僕らの紆余曲折のひとつの答えを込められたんじゃないかと思っています。