Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

amazarashi

2017年09月号掲載

amazarashi

メンバー:秋田 ひろむ(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-カップリングにはスポークン・ワードがフィーチャーされた「月光、街を焼く」と「たられば」、「たられば -acoustic ver.-」が収録されています。「月光、街を焼く」も空が関連していて、「空に歌えば」の"蒼天"と対比するのかなと思いましたが。

コンセプチュアルなものはありませんでした。「空に歌えば」がタイアップで、アッパーな曲だったので、他の収録曲は歌詞を聴かせる僕ららしいものがいいかなと思ってこういう感じになりました。「たられば」は今回のツアーでやっていて、とても評判もいいので早くリリースしたかったです。

-「月光、街を焼く」は孤独感を覚える詞でした。

僕が真夜中に曲を作っているときの心象風景みたいなものをイメージしながら作りました。世界の片隅で世界をひっくり返すようなものを密かに作ってる、みたいなイメージを歌詞にしました。

-「空に歌えば」にも「月光、街を焼く」にも"嘲笑"や"冷笑"、"高笑い"など、"笑う"という行為が出てきますが、どういう印象を持つ言葉でしょうか?

嘲笑とか冷笑って、現実で一番よくある攻撃方法だと思うんですよ。いきなり殴りかかってくる人はあまりいませんけど、嘲笑は悪意もあまりなく人を簡単に傷つけられますから。そういうものに恨みがあるのかもしれません。


叶った夢より叶わなかった夢の方が、今の僕やamazarashiを形作ってるんじゃないかなと思う


-「たられば」は秋田さんのパーソナルな部分が出たフォーク・ソングだと感じました。これは普段秋田さんが考えていることなのでしょうか?

そうですね、今の僕が考えてることです。ピアノの豊川が入院していた時期があって、見舞いに行ったときにできた曲です。僕の母も豊川の見舞いに来て、僕の父が病気になったこととか話してたんですけど、病院独特の雰囲気もあって、なんかすごい落ち込んでしまって、それでできた曲です。

-弾き語りで歌うときと、バンドで歌うとき、感覚の違いはありますか?

全然違います。弾き語りは自由なぶん全部自分の責任なので緊張感は大きいです。その反面、どこまでも自由にできるのでバンドではできないものが表現できると思います。まだその域には達してないけど、そういうところを目指したいと思ってます。

-"たられば"や"ないものねだり"は誰もが一度は考えることだと思いますが、"たられば"を考えることは秋田さんにとってポジティヴなことなのか、それとも少しネガティヴな意味もあるのでしょうか。

"叶わなかった夢"みたいなニュアンスで"たられば"というタイトルにしました。叶った夢より叶わなかった夢の方が、今の僕やamazarashiを形作ってるんじゃないかなと思います。そういう後悔も認めて、自分を肯定するという意味ではポジティヴなものたりえるんじゃないかと思います。

-「たられば」は直接的なメッセージでなくとも、自分の人生を頑張って生きようかなと思わせてくれる曲でした。amazarashiの楽曲に生きる力をもらうリスナーは多いと思いますが、いま秋田さんが多くの人々に向けて歌と言葉を届けることにはどんな意味があるでしょうか。

あまり褒めてもらうことに重きを置いてないです。音楽はあくまでやりたいことをやるのが目的なので、人を救いたいとか、たくさんの人に認められたいとかは二の次です。自分の人生に関わることなので、他人の意見に左右されたくないと思っています。

-10月19日には『メッセージボトル』ツアーの、中野サンプラザ公演の振替追加公演が予定されていますが、10月に開催されるということで、ライヴの意味合いも少し変わってくるのでしょうか。

『メッセージボトル』ツアーであることは変わらないので、集大成的なライヴというところも変わらないです。ただ、メンバー故障でライヴ中断になってからの振替公演なので、お客さんに借りを返すつもりで、失敗も正解だったと思ってもらえるようなライヴにしたいです。