Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

amazarashi

2017年09月号掲載

amazarashi

メンバー:秋田 ひろむ(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

amazarashiは現在、自分たちの目指すものに向かって走り出し、加速している最中である。それはこの秋田ひろむのメール・インタビューの力強い回答の数々を読んでもらえれば容易にわかるはずだ。昨年10月にミニ・アルバム『虚無病』をリリースし、それを幕張メッセの360度ライヴで表現し大作を完成させたのも束の間、今年の2月にPS4ゲーム"NieR:Automata"とのコラボレーション・シングル『命にふさわしい』を、3月には新曲「ヒーロー」を含むベスト・アルバム『メッセージボトル』をリリース。その後はベスト・アルバムのリリース・ツアーを行った(※ファイナルは2017年10月19日の中野サンプラザ公演)。2017年、彼らは過去の集大成を築く一方で、感慨に耽るどころかどんどん前へ前へと進んでいる。今作『空に歌えば』はそんな彼らの姿が大いに反映されているのではないだろうか。今回のメール・インタビューでは、根本的なソングライティングの面はもちろん、『メッセージボトル』のリリース・ツアーや、タイアップ曲の書き下ろしに関して思うことなどの質問も投げ掛けた。それに対する彼の返答に、自分を曲げない強さや、自分を認める言葉が多かったところからも、"失意の濁流を抜けて 曇天から射す一条の光/その時、既にもう 雨は上がっていた"という「空に歌えば」の歌詞に現在の彼らが反映されていることを感じられるのではないだろうか。

-『虚無病』をリリースなさってから、幕張メッセでのワンマン"amazarashi LIVE 360°「虚無病」"や全国ツアー、『命にふさわしい』や『メッセージボトル』の新曲制作、リリースなどで精力的な活動をなさっていましたが、秋田さんにとってどんな期間になりましたか?

幕張メッセでのライヴ"虚無病"でひとつの物語が終わった感じがあって、その後のいろいろなライヴやリリースはまだ次に向けての制作過程という感じです。ベスト・アルバムも出して、タイアップなんかもあって恵まれたチャンスもあったんですが、amazarashiの新しい作品を出したぞ、という感覚ではまだありません。

-『メッセージボトル』のリリース・ツアーはどんなツアーになりましたか?

ツアーが始まる前は、集大成的なライヴにしようと思って、それ相応の準備もリハもしっかりしてたんですが、ずっと一緒にやっているサポート・メンバーの故障があって、精神的にも体力的にもとてもしんどいツアーになりました。今までで一番大変なツアーでした。僕と豊川(真奈美/Key)のアーティストとしての底力を試されていたような気がします。青森公演はやはり楽しかったです。ようやくamazarashiと僕の普段の生活が地続きだと実感できました。古い友達、音楽仲間、昔お世話になった先輩の顔を見て、amazarashiの形は必然なんだと確信しました。

-ベスト盤をリリースなさってそのツアーを回るということで、歴史を振り返る機会も多かったのではないかと思ったのですが、amazarashiというバンドの遍歴をご自身でどう見ていらっしゃいますか?

昔の曲ほど、気持ちは遠くなってる気がしました。でも根本は変わってないので、歌詞を見直しながら"自分が言いそうだな"と思います。変わるというよりは、初期のころが懐かしい思い出になりつつある感覚です。音楽的にはだいぶ成長したと思います。今回初めてのミュージシャンと短い準備期間でライヴをやる、という機会がいくつかあって、昔だったら無理だったろうなと思いました。

-『空に歌えば』の制作はいつごろ行われたのでしょうか?

曲自体の断片は去年くらいからあって、完成してなくていつか曲にしたいアイディアのストックの中のひとつでした。タイアップにあたって歌詞を書き直したり、展開を変えたりして完成させたのが今年の春くらいだと思います。

-「空に歌えば」はTVアニメ"僕のヒーローアカデミア"のオープニング・テーマです。秋田さんは公式コメントで、"僕らのようなバンドが少年漫画の王道的作品である『僕のヒーローアカデミア』の主題歌を歌えるのかと、はじめは戸惑いました"とおっしゃっていましたね。

単純に、"合うのかな?"と思いました。ジャンプの少年漫画のイメージとamazarashiはとても遠い気がしましたし。僕らでいいのかな、と思いながら曲を完成させて聴いてもらいました。でも、"僕のヒーローアカデミア"は熱い物語で、意外と男好きする漫画なんだなと思いながら、原作を一気に読んでしまいました。あと"努力と勝利"とか、"仲間"とか"戦う"とか、amazarashiがいつも歌ってることと近いなと。そもそもamazarashiが少年漫画的なのかもなって思ったりしました。

-これまでにamazarashiはドラマ、アニメ、ゲームのタイアップ曲を書き下ろしていらっしゃいますが、タイアップ曲の書き下ろしで大事にしていることとは?

まず自分の歌として成立してないと今後も歌えないので、それだけはちゃんと考えます。なので、その作品と自分との共通項を探すところから始めてます。amazarashiの歌だけどその作品の歌でもある、っていうのが理想です。それができてるかはわからないですが、少なくともamazarashiの歌であるというのは間違いないです。多少制約がある場合が作品によってあるんですけど、それを楽しめるほど器用じゃないです。タイアップに関してはありがたいけど、選んでもらえたらラッキーくらいの気持ちでいます。