Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FINLANDS

2017年07月号掲載

FINLANDS

メンバー:塩入 冬湖(Vo/Gt) コシミズカヨ(Ba/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

-これは新境地だなっていう曲を挙げてもらえますか。

塩入:「恋の前」は歌とメロディ以外は我関せずというか(笑)。"お任せします"っていう曲だったので、任せたなかでどう仕上がるかというのが制作過程で気になったんですけど、できあがってみたらすごく良くて。変な話、私がただ歌っているだけというか。楽器隊が作ってきた曲がうまく生きている曲だと思うので、もうちょっと他力本願にしてみても成功することがあるんだなって。

-何か、考え方がより柔軟になっている感じがしますね。

塩入:もっと柔軟な方がいいなっていうのは思いました。曲を作る人間がたぶん一番柔軟じゃないといけないし、一番プライドも高くなきゃいけないし。でもそのプライドって別にそんなにいっぱい必要ない、っていうことを考えた1年でしたね。FINLANDSの曲作りに対するこだわり以外のことっていうのは、もっと周りの人に任せてもきっと自分が見えてない部分が引き出されるものだっていうことがすごくわかって。なので、私が持っていればいいのは曲作りをする人間として、ヴォーカリストとしてのプライドだけでいいんだなって。

-塩入さんの歌詞って独特の世界がありますけど、今作はこれまで以上に読み取れない気がするんですよ。例えば、「恋の前」はどんなことをテーマに書いた歌詞ですか。

塩入:これは結婚詐欺の曲を作ろうと思って。友達が結婚詐欺に遭っているんじゃないかっていう疑惑があるんです。でもたぶん違ったと思うんですけど、そのときにYahoo!知恵袋でいっぱい調べたんです。結構多いじゃないですか、結婚詐欺。

-世の中には多いかもしれないですね(笑)。結構深刻な話だったんですか。

塩入:いや、結構ポップに"結婚詐欺なんじゃないの?"みたいな感じだったんですけど。でも調べてるうちに、結婚詐欺に遭っている女性も実は"これは結婚詐欺だ"っていうことに気づいているんだろうなって。気づいて騙されているとしたらめちゃくちゃ怖いなって。たぶん、男女ともに騙されていることに気づいている確率の方が高いけど、騙され続けているっていうことに恐怖を感じて作った曲です。

コシミズ:結婚詐欺の曲だって言われてみて、"あぁ、そうか"とは思いました。なんかブラックな曲だなとは思っていたんですけど。なんかあったのかなって(笑)。

塩入:私は何もないんですけど(笑)。この曲は1曲通してお化け屋敷みたいになればいいなと思って作りました。

-「サービスナンバー」(Track.6)もどんなことを歌っているのか興味深いです。

塩入:「サービスナンバー」は、レーベルの社長が音楽の会社の人に会ったときに、(FINLANDSは)もっとわかりやすいことを歌えって言われたという話を聞いて、なんでわかりやすいことを歌わなきゃいけないんだろうなって思って。別にバンドってサービスでもなんでもないので。わかりやすいことばかり歌うことに誠意も感じないし。だから私が作った曲をわかりにくいって言うんだったら、"理解できないお前が悪いんだろ"っていう気持ちで作りました(笑)。

コシミズ:あはははは!

-(笑)塩入さんってそういうところが結構パンクですよね。ライヴでもアンコールは絶対やらないし。

塩入:アンコールはやらないです。アンコールの時間が嫌なんですよ。拍手をもらう時間が。だったらそのままやってお客さんだってサッと帰れた方がいいじゃないですか(笑)。だって帰りの電車の時間とかもあるだろうし、そこは短縮した方がいいと思う。

-ユーザビリティが高いバンド(笑)。逆に結構サービスがいい気がするんですけど。

塩入:そこに関してはそうですね。あのお決まりっていうところがあんまりよくないなって思うんです。だったらアンコールのぶん、セットリストに2曲くらい多く組み込んだ方が美しく終われると思うんですよ。

-「サービスナンバー」の"大衆遊戯は宗教の真似事だ/即席の安心"っていうのはズバっといいことを言うなって。

塩入:集団だと安心だっていう心理はわかるんですけどね。そこで得られる安心というのは本当に一瞬のものなので。だったら自分で選んだものを信用していた方がいいなって私は思います。

コシミズ:「サービスナンバー」については今聞いてやっと意味がわかりました(笑)。

-歌でいうと高音の"キャッ"っていう音が特徴ですけど、今回はより多く目立つ気がしました。ご自分ではどう思ってます?

塩入:癖なので、狙ってやってるわけでもなく、狙ってないわけでもないというか。それについてはよくおっしゃっていただくんですけど、そこじゃないところにもっと注目してもらえる部分を作ろうと思って『LOVE』を作りました。そこが気にならないくらいの曲に対するこだわりはつけました。