Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年06月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

今年1月に1stフル・アルバム『プルーストと花束』をリリースしたばかりのSHE'Sが、たった5ヶ月というスパンで7曲入りのミニ・アルバム『Awakening』をリリース。この驚異的なリリース・ペースは、バンドの追い風の証と言ってもいい。夏を意識した晴れやかなサウンドには様々な挑戦が盛り込まれ、歌詞にはフロントマン 井上竜馬、そしてバンドのリアルタイムの"前へ進む"という心情が刻まれた。彼らがそれだけの力を手に入れられたのは、全国10ヶ所のワンマン・ツアーがかなり大きかったそうだ。

-東京での暮らしは慣れましたか?(※SHE'Sは今年春に地元大阪から東京へ移り住んだ)

広瀬:まだまだ東京初心者感丸出しです。この前(井上以外の)俺ら3人が新宿駅で迷って......それをLILI LIMITのメンバーに遠巻きで見られていたという(笑)。

服部:LILI LIMITのメンバーは笑いながら俺らの写真撮ってて(笑)。

木村:全然助けようとせえへん(笑)!

井上:俺はその様子をあとからTwitterで知りました(笑)。

-ははは。今作は1stフル・アルバム『プルーストと花束』からたった5ヶ月のスパンで届けられるミニ・アルバム。その間には全国ワンマン・ツアーもあって、上京もあって、制作もあって......。まず、ワンマン・ツアーはかなり手応えがあったのではとファイナルの赤坂BLITZ公演を観ていて思いましたが、いかがでしたか?

井上:バンドとして実りのあるもので、より前に進んでいけるきっかけになったと思います。ツアー1、2ヶ月前は『Awakening』の曲作りやレコーディングに追われていて、『プルーストと花束』の曲たちを練習する時間があまり取れなくて、ツアー開始直前に練習する......みたいな感じやったんです。上京も発表するし、ファイナルは赤坂BLITZやしプレッシャーも大きくて、どんなツアーになるか想像がつかなくて。でも1公演終えるごとに"もっとこうしていける"というのが明確に見えて、それは固まったチームで10ヶ所回れて、チーム力が強まったことも大きいですね。

服部:初めてワンマン・ライヴをする場所が5ヶ所あったんですけど、全箇所ソールド・アウトできて、これだけのお客さんが全国で待ってくれてるんやなと嬉しい気持ちもありましたし、"もっと多くの人に観てもらいたいからこれから先も頑張らないと"という気持ちで全員が固まったと思います。BLITZといういままでにないキャパでライヴをすることができたので、もっともっとどんどん自分たちから進めていかんとあかんなと思いました。

木村:去年もワンマンで5ヶ所回ったんですけど、ワンマンなら最低10ヶ所は回らないとなと思いました。4、5本目からよりブラッシュ・アップできるようになって、10本を経てやっとチームSHE'Sができあがった感はありますね。

広瀬:このツアーがあったから『Awakening』ができたところはあると思うんです。楽器はツアー前に録ったんですけど、歌はセミ・ファイナルとファイナルの間の2週間で録って、その間に上京もあって――その生々しいところがこのミニ・アルバムではすごく出ているので、リアルタイムのSHE'Sを感じられるんじゃないかと思います。

井上:『Awakening』はバンド史上最もハードなスケジュールで制作しました(笑)。精神的にも肉体的にもかなり過酷だったので、マスタリングのときに感慨深くなりましたねー......。

-歌詞は音録りのあと、リアルタイムなものが書かれたということは、テーマは決まっていなかったということですよね。いつもコンセプチュアルな作品を作っているSHE'Sには珍しい。

井上:そうなんですよ、今回明確なコンセプトがあって作り始めたわけではなくて。でも"リリースが6月末やし、夏に向けた盤にしたいよね"、"夏フェスでみんなで歌えるような曲を作ってみたいよね"という話をディレクターとしていて、全体的に明るめの曲を多く書いていたので、歌詞にも"光"という言葉を多く入れたり。明るい時間帯に聴きたくなるアルバムになっているかなと思います。