Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ReN

2017年07月号掲載

ReN

インタビュアー:秦 理絵

実験的な曲作りで臨んだデジタル・シングル『Life Saver』が配信チャート各所で1位を獲得。ループ・ステーションを用いた独特のライヴ・スタイルで、ONE OK ROCKとの対バンを果たしたことも大きな話題となったシンガー・ソングライターのReNが、6月28日に2ndフル・アルバム『LIFE SAVER』をリリース。20歳のときにレーサーからミュージシャンに転向した異色の経歴の持ち主だが、そんなReNは音楽に出会ったことで人生に活路を見いだすことができたひとりだ。だから、アルバムのタイトルは"LIFE SAVER"。今度は自分が溺れそうな誰かを救うための存在になる、そんな意志が詰まった今作について訊いた。

-ゲスト出演したONE OK ROCKのライヴ(※[ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR]4月29日、30日マリンメッセ福岡公演)はどうでしたか?

いやぁ......すごかったです。ひと言では表現しきれないぐらい。いままで自分がやってた規模の何十倍? っていう大きさじゃないですか。いつか僕も立ちたいと思ってたステージですけど、正直、こんなに早くチャンスが巡ってくるなんて思ってもいなかったから。でも、音楽を始めて"百戦蓮磨"っていうライヴをやってきた2年間は、もし何かの間違いが起きて大勢の人の前に立つことがあっても、"やべぇ、何も準備をしてない"っていうことがないように、表現したいことを表現できるようにしておこうと思ってたんです。

-実際にステージに立ってみてどう思いましたか?

曲を表現して、それをどう受け取ってもらえるかっていうことよりも、あの場で自分という存在を知ってもらうこと、自分の声と演奏を記憶に残したいっていうことだけでした。みんなONE OK ROCKを観に来てるわけだから、普通に考えたらアウェイだし、誰も僕のことを知らない。しかも、僕の1公演前はMr.Childrenとか......。

-初日がWANIMAだったり。

そうなんですよ。福岡のゲストが発表されたときに、"ReNって誰だよ"ってなって。僕のところにも"ハズれかよ~"みたいな声も届くんです。

-キツいですね。

それを見てクソッと思って。こうなったら"福岡公演が一番良かった"って言われるライヴにしないと意味がないから、本当に気合を入れてやりました。正直、会場に行く前は怖かったんだけど、いざステージに立って、ギターをアンプに繋いで、いつもの自分の状況で音を鳴らしたら"あ、大丈夫だ"と思えたし。Takaさんを始め、ONE OK ROCKのメンバーもめちゃくちゃバックアップしてくれたんです。ステージ袖でずっと見てくれたし。

-お客さんの反応はどうでしたか?

始まったらすごくあたたかく迎えてくれました。僕がどういうスタイルで出てくるのかもわからないじゃないですか。出たときに"あ、こいつひとりなの?"みたいなざわざわが起きたんですよ。でも、音が鳴った瞬間にみんなも一緒に空間を盛り上げてくれるようになって。本当は、"たとえお客さんがついてこなかったとしても走りきろう"ぐらいに思ってたんです。でも、ヨーイドンで始めたら、みんながついてきてくれたから、本当に気持ちよくて。"うわー、これはたまらんな"と思いました(笑)。

-一度それを味わっちゃうと、今度は"自分のライヴで"と思いますよね。

"もう二度とやりたくない"って思うか"たまらねぇ!"って思うか、どっちかだって言われてましたからね。1万5,000人が自分のことを40分間ずっと見続けることって、普通はないじゃないですか。実際にやってみて思ったのは、それはとてつもなく体力を持っていかれるし、ものすごくエネルギーを感じることだったんです。40分間そのエネルギーに応え続けないといけないんだけど、最終的にすごく大きいエネルギーのキャッチボールを起こせたんですよ。みんなが歌ってくれる声も聴こえるぐらいの雰囲気でライヴをできたから、これをコンスタントに続けていけたら、最高なんだろうなと思いました。

-いままでのReNさんは渋谷eggmanのライヴ(※2016年12月に開催したツアー・ファイナル)を成功させたときも、いまいち自分の中では達成感を得られてないところもあったじゃないですか。

そうなんですよ、僕はすぐにネガティヴになるから(笑)。でも、今回はそれを取り払ってくれるぐらいの出来事だったし、ここでひと皮もふた皮も剥けなきゃいけないっていう気持ちでいました。これをゴールじゃなくてスタートにして、今度は自分の足でああいうステージに立ちたいし、今後の活動にも響いてくれると思います。

-良い経験でしたね。今年3月にリリースしたデジタル・シングル『Life Saver』も配信チャートではすごく反応が良かったと思いますけど、どう受け止めてますか?

思ったより良かったですよね。海外の方にも飛んでいってくれたみたいで。

-もともと国境を越えてボーダレスにいける楽曲のポテンシャルはありましたからね。

そこは自分でも目標として作ってましたけど、"本当にそうかな?"って疑う部分もあったんです。7割は日本語なので、どういうふうに届くかわからなかったし。びっくりしたのが、意外と日本語でも外国の人は聴けるんだなっていう。英語の方が音として聴ける言語だと思ってたけど、日本語の響きの美しさを海外の人に聴いてもらえたら素敵じゃないですか。ONE OK ROCKも海外の人たちが日本語で歌ってたりするし。できるなら僕も、言語を変えなくても海外の人に届くようなことが起こせたら面白いなと思います。